暗号通貨の税金を最小限に抑える: 損失控除戦略

暗号通貨の税金を最小限に抑える: 損失控除戦略

デジタル資産価値の低下、口座凍結、破産申請が相次ぐ今日の環境において、仮想通貨、暗号通貨、非代替性トークン ( NFT ) などのデジタル資産に投資している場合、いつ損失を確定申告で報告すればよいのか疑問に思うかもしれません。

IRS はデジタル資産を財産として扱います。デジタル資産取引の税務上の影響は、その使用目的によって異なります。デジタル資産を投資として保有または保有している場合、それらは資本資産として分類され、これらの投資による損益の計算には特定の税法が適用されます。(注: このアドバイスは、投資目的で保有されているデジタル資産にのみ適用されます。その他の目的で保有されている資産の詳細については、IRS 出版物 544「資産の売却およびその他の処分」および IRS 通知 2014-21 を参照してください。)

暗号通貨の損失を利用して税金を減らすにはどうすればいいですか?

はい、暗号通貨の損失を税金から控除できます。暗号通貨の損失は、株式、不動産、利益のある暗号通貨取引など、さまざまな資産からのキャピタルゲインに対する税金を相殺できます。これらの損失を確定申告で報告することは、課税所得を減らし、税金を大幅に節約できるため、不可欠です。

暗号通貨の損失は、年間最大 3,000 ドルのその他の収入を相殺できるため、追加の税金控除を受けることができます。損失がこの限度額を超える場合は、将来の課税年度に繰り越して、将来の利益を相殺することができます。

このガイドでは、現在および将来の納税シーズン中に暗号通貨の損失から得られる税制上の優遇措置を最大限に活用する方法を説明し、包括的な暗号通貨税戦略の作成を支援します。

暗号通貨の損失を報告する手順

暗号通貨の損失を税金として報告することは、主に次の 2 つの理由から重要です。

  • IRS の要件: IRS は暗号通貨を資産とみなしているため、暗号通貨のすべての販売を報告することを義務付けています。
  • 税制上の優遇措置: 暗号通貨の損失を利用して、キャピタルゲイン(適用可能な繰越がある場合は将来のキャピタルゲインを含む)を相殺したり、収入から最大 3,000 ドルを控除したりできます。

暗号通貨の損失を報告することで税金を軽減できる主な方法は 2 つあります。所得税控除とキャピタルゲインの相殺です。

所得税控除

すべての資産で総資本損失が発生した場合、所得から最大 3,000 ドルを控除できます。すべての資産で総資本利益が発生した場合、これらの損失を所得から控除することはできませんが、他の資産からの資本利益を相殺するために使用できます。

超過純資本損失は、将来の年度に繰り越して、資本利得および最大 3,000 ドルのその他の種類の所得から控除することもできます。

キャピタルゲインの相殺

資産の全体的なパフォーマンスに関係なく、仮想通貨の損失は、現在の課税年度または将来の課税年度(繰り越しの場合)の他のキャピタルゲインを相殺するために使用できます。

譲渡益相殺の例:

  • 2022 年、ティムは純利益 4,000 ドル、純損失 30,000 ドルを計上し、合計資本損失は 26,000 ドルとなり、これを所得税で申告しました。
  • 2023 年、彼女の総利益は 15,000 ドルです。2022 年の 26,000 ドルの損失のうち 15,000 ドルを使って、利益を完全に相殺することができます。
  • 2024 年、ティムは全体で 20,000 ドルの利益を得ています。彼女は 2022 年の損失の残り 11,000 ドルを使って利益の一部を相殺し、キャピタルゲインの合計を 9,000 ドルに減らします。

利益を相殺するために戦略的に資産を損失で売却することを、暗号通貨の税金損失回収と呼びます。

資本損失は短期または長期の資本利益を相殺しますか?

資本損失は、まず同じ性質の資本利得を相殺するために使用されます。まず短期損失が短期利得から差し引かれ、長期損失が対応する長期利得から差し引かれます。いずれかの種類の純損失が残っている場合は、反対の種類の利得を相殺するために使用できます。

短期的利益と長期的利益を相殺する例:

  • 短期キャピタルゲイン: 5,000 ドル
  • 短期資本損失: 7,000 ドル
  • 長期資本利得: 8,000ドル
  • 長期資本損失: 6,000ドル

ステップ 1 : 損失を適用して、同じ性質の利益を相殺します。

  • 5,000 ドルの短期資本利益 - 7,000 ドルの短期資本損失 = -2,000 ドルの短期純損失。
  • 長期資本利益 8,000 ドル - 長期資本損失 6,000 ドル = 長期純利益 2,000 ドル。

ステップ 2 : どちらかの種類の損失が残っている場合は、それを反対の種類の利益を相殺するために適用します。

  • この例では、短期損失が 2,000 ドルあり、長期利益 2,000 ドルを相殺できるため、税務上の長期資本利益は発生しません。

これらの手順に従うことで、暗号通貨の損失を正確に報告し、税制上のメリットを最大限に享受できるようになります。

暗号通貨損失請求による減税

他の資産から対応するキャピタルゲインがある場合、仮想通貨の損失を報告して節税できる金額には理論上制限はありません。米国の納税者は、年間最大 3,000 ドルまで、仮想通貨のキャピタルロスを通常の所得と相殺することもできます。

損失を申告するには、その資産に対して、売却、別の暗号通貨との交換、暗号通貨の使用など、暗号通貨課税対象となるイベントを行う必要があります。そうでない場合、損失は未実現のままとなり、資本損失として報告することはできません。

暗号通貨の税金損失回収戦略

暗号通貨の税金損失回収により、税年度末前に損失が出ている未売却資産を特定できます。たとえば、多くの ICO に投資した場合、損失を申告して税負担を軽減するために売却できるコインをいくつか保有している可能性があります。

税金損失回収の条件を満たしていることを確認した後、損失を迅速かつ簡単に実現して税負担を軽減するのに役立つTokenTax税金損失回収ダッシュボードなどのツールの使用を検討してください。

暗号通貨の損失で利益を相殺

暗号資産を損失で売却し、再度購入することは可能です。ただし、30 日以内に資産を売却して再購入すると、暗号資産のウォッシュセールと見なされます。米国では、納税者が人為的な損失を主張して税制優遇を最大化することを防ぐため、証券のウォッシュセールは許可されていません。

暗号通貨は証券とはみなされないため、暗号通貨のウォッシュセールは技術的に許可されています。政治家や規制当局は、この規則が暗号通貨にまで拡大される可能性があることを示唆しているため、これは将来変更される可能性があります。キャピタルゲインの合計を減らすために、より安全な戦略を使用することをお勧めします。

これらの戦略に従うことで、暗号通貨の損失を効果的に利用して税金を節約し、財務計画を最適化することができます。

暗号投資損失の計算

暗号通貨の資本損失を計算するには、利益の場合と同じ式に従います: 収益 - 原価ベース = 資本損失。

収益」は資産の売却または処分から受け取った合計金額を指し、「原価ベース」には元の購入価格に加えて、取引料金やガス料金などの関連料金が含まれます。結果がマイナスの場合は損失を示します。

短期および長期の資本利得と損失を理解する

短期キャピタルゲインとロスは、1年未満保有した資産の売却から生じます。これらは通常所得として課税され、2022年には10%から37%の範囲になる可能性があります。

長期キャピタルゲインとロスは、1年以上保有した資産の売却によって生じます。これらには、2022年の場合は0%、15%、または20%という低い税率が適用されます。

資本損失の計算例

Coinbase で 5,000 UST を 5,000 ドルで購入し、1% の取引手数料 (50 ドル) がかかると、総コストは 5,050 ドルになります。

テラ・ルナの暴落後、5,000 UST を 100 ドルで売却します。

  • 100 ドル (収益) - 5,050 ドル (原価ベース) = -4,950 ドル (損失)。

この 4,950 ドルの損失は税金として申告されます。

損失と利益の純額

個々の取引から損失と利益を計算した後、純キャピタルゲインまたは損失を計算することが重要です。これには、すべての利益を合計し、すべての損失を差し引くことが含まれます。合計が純損失の場合、これを繰り越して、その後の課税年度の将来の利益を相殺することができます。年間最大 3,000 ドルまで、通常の所得と相殺できます。

このプロセスは、納税義務の管理に役立つだけでなく、将来の投資戦略の計画にも役立ちます。正確な計算を行い、その影響を理解することは、税務上の立場を最適化するのに大いに役立ちます。

納税申告書がない?それでも仮想通貨の損失は報告すべき

米国の納税者として、取引所から納税申告書を受け取ったかどうかに関係なく、すべての暗号通貨取引をIRSに報告することを含む税法を遵守する責任があります。

Coinbase のようなプラットフォームは、特定のユーザー活動を IRS に報告しますが、必ずしもユーザーに納税申告書を直接提供するとは限りません。それにもかかわらず、IRS はコンプライアンスを確保するために暗号投資家に連絡し、取引の報告や追加の税金の支払いを促すことがあります。

多くの著名な暗号通貨取引所は、報酬収入が 600 ドルを超える投資家に対して 1099 フォームを発行し、これらの取引を IRS にも通知しています。ただし、すべての取引所が 1099 フォームを提供しているわけではありません。そのような場合、IRS はジョン・ドゥ召喚状 (バイデン政権下でますます利用される調査ツール) を使用して、取引所から直接情報を収集する可能性があります。

暗号通貨の損失を報告する際に使用するフォーム

暗号通貨の損失を報告するには、フォーム 8949フォーム 1040のスケジュール D を使用する必要があります。フォーム 8949 は、課税年度内の各暗号通貨取引を報告するために使用されます。暗号通貨以外の投資がある場合は、別のフォーム 8949で報告する必要があります。

短期および長期の利益と損失の合計は、フォーム 1040 のスケジュール D にまとめられ、前年から繰り越された損失も含めることができます。

暗号通貨の税金損失を報告する際の課題

各暗号通貨取引の損失を報告するのは複雑で時間がかかります。さらに、暗号通貨がウォレット間または取引所間で転送される場合 (例: Coinbase から Binance へ)、取引所が転送されたコインの元のコストベースを追跡していない可能性があるため、損益の計算が複雑になる可能性があります。

こうした複雑さは、正確な報告と IRS 規制の遵守を確保するために、綿密な記録保持と、場合によっては暗号通貨を専門とする税務専門家の支援を求めることの重要性を強調しています。

暗号通貨に関する IRS の追加書類の必要性

未公開の暗号通貨取引に対処するため、IRS はフォーム 1040 にデジタル資産に関する新しい質問を導入しました。この質問では、個人が課税年度中にデジタル資産を受け取った、販売した、送信した、交換した、またはその他の方法で処分したかどうかを開示することが義務付けられています。

サービスの支払いとして受け取った暗号通貨は、収入として報告する必要があり、それに応じて課税されます。さらに、暗号通貨を贈与する場合、その価値が一定の基準を超えると贈与税申告書に報告する必要がある可能性があります。2023年、IRSは贈与税の免税限度額を受取人1人あたり17,000ドルに設定しました。

仮想通貨の保有資産は利益が出ているときに売却するのが有利な場合が多いですが、損失を出して売却した場合の影響を軽減できる税制優遇措置もあります。仮想通貨の税務上の扱いが難しい場合は、仮想通貨取引を専門とする税務専門家の専門知識を求めると良いでしょう。デジタル資産に関する IRS のガイドラインや規制は急速に変化しているため、最新の税制について常に情報を入手しておくことが重要です。

さらに、年間を通じてすべての暗号通貨取引を追跡することが重要です。これにより、正確な報告が可能になり、IRS との衝突を回避できる可能性があります。暗号通貨の税務コンプライアンス用に設計された自動化ツールとソフトウェアも、取引を効率的に管理および追跡するのに役立ちます。

bottom

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン

Ready to Get Started?

Create an account and start accepting payments – no contracts or KYC required. Or, contact us to design a custom package for your business.

Make first step

Always know what you pay

Integrated per-transaction pricing with no hidden fees

Start your integration

Set up Plisio swiftly in just 10 minutes.