シードフレーズとは何ですか?なぜ重要ですか?

シードフレーズとは何ですか?なぜ重要ですか?

ビットコインやイーサリアムのようなデジタルマネーの世界では、人々は銀行や他の仲介業者を必要とせずに自分のお金を直接管理する特別な方法を持っています。これは、ブロックチェーンと呼ばれるテクノロジーのおかげで可能になります。ブロックチェーンは、世界中の多くのコンピューターが稼働し続ける安全な共有システムです。それは、自分だけがアクセスできる個人銀行をポケットに入れているようなものです。

しかし、このデジタルマネーを安全に保つためには、シードフレーズ、暗号ウォレット、ブロックチェーンアドレス、秘密鍵など、誰もが知っておくべき重要なことがいくつかあります。これらは複雑に聞こえるかもしれませんが、デジタルコインを安全に保つための単なるツールです。

シード フレーズは、「リンゴ」、「川」、「月」などの単純な単語で構成される非常に重要なパスワードと考えてください。これらの単語は、デジタル マネーを保護するためにコンピューターによって選択されます。一連の乱数よりも単語を覚えておく方が簡単なので、このシード フレーズは、ロックアウトされたり、デバイスを紛失したりした場合に、デジタル ウォレットに戻るのに役立ちます。

シードフレーズとは何ですか?

ニーモニック フレーズまたはバックアップ シード フレーズとも呼ばれるシード フレーズは、暗号通貨ウォレットを使用する人にとって重要なセキュリティ機能です。これは、暗号通貨ウォレットの紛失、破損、または技術的な不具合が発生した場合に、デジタル通貨へのアクセスを取り戻すために必要な重要な情報を保持する 12 ~ 24 個のランダムな単語の文字列です。このツールはデジタル資産を自己保管するための基本であり、ハードウェアの故障やファイルの破損などの状況にライフラインを提供します。

MetaMask (ブラウザ拡張機能) やExodus (モバイル アプリ) などのオンラインベースの「ホット」ウォレットであっても、 Ledger (ハードウェア デバイス) などのオフラインの「コールド」ウォレットであっても、どちらのタイプのデジタル ウォレットもシード フレーズに依存しています。回復メカニズム。このプロセスでは通常、ウォレット ソフトウェアがユーザーにこのフレーズを生成し、ユーザーはそれを紙に書き留めて安全に保管するようアドバイスされます。この書面による記録は、元のデバイスにアクセスできなくなった場合に、ブロックチェーン上でユーザーが保有する暗号通貨へのアクセスを復元するための鍵となり、予期せぬ問題が発生した場合でもユーザーのデジタル資産が手の届く範囲にあることが保証されます。

リカバリーフレーズはどのように機能するのでしょうか?

暗号通貨の世界では、自分の資産への安全なアクセスを保証するメカニズムは、シード フレーズまたはリカバリ フレーズと呼ばれる機能にかかっています。この自動的に生成された単語のセットは、BIP39 (ビットコイン改善提案 39) として知られる革新的な標準の製品であるユーザーの暗号ウォレットの中核部分です。当初はビットコイン向けに想定されていましたが、そのアプリケーションはさまざまなデジタル通貨に浸透し、その地位を固めています。広く採用されているベンチマークとして。

では、この回復フレーズとは一体何なのでしょうか?ユーザーが暗号通貨ウォレットを設定するとき、通常は 12 ~ 24 個の単純な単語の範囲にある一意のシーケンスが作成されます。根底にあるロジックは、人間は複雑な数値文字列よりも単語を操作したり記憶したりする方が簡単であるということです。

本質的に、シード フレーズはウォレット内の秘密キーへのゲートウェイとして機能し、ある種のマスター キーとして機能します。ウォレット ソフトウェアは動作を開始すると、この単語文字列をバイナリ シードに変換し、秘密鍵と公開鍵のペアの生成を支援します。 BIP39 は有名な標準ですが、 BIP32BIP44 などの他の標準も機能し、BIP39 と連携して派生アドレスの階層構造を決定します。この多層アプローチにより、トランザクションのプライバシーとセキュリティが強化され、すべてのトランザクションに対して一意のアドレスが確保されます。

ユーザーが日常のトランザクションでシード フレーズを必要とすることはほとんどありません。通常、彼らはパスコードまたは PIN を使用してソフトウェア (ホット) またはハードウェア (コールド) ウォレットにアクセスし、秘密キーを公の場から隠します。ただし、ウォレット デバイスを置き忘れたり紛失したりした場合、このフレーズが命綱として再び現れます。プライマリ デバイスとは別に安全に保存しておくと、それを利用して新しい互換性のあるデバイス上の資産へのアクセスを取り戻すことができます。

シードフレーズの生成方法

シード フレーズとは何か、そしてその目的を理解したところで、シード フレーズを生成するために利用できるさまざまな方法を詳しく見てみましょう。一般的な 4 つのアプローチの内訳は次のとおりです。

  • 暗号通貨ウォレット: 最も簡単な方法には、暗号通貨ウォレットが含まれます。初期設定中に、ウォレットは自動的にシードフレーズを作成します。通常、このプロセスは簡単で、カスタマイズの余地はほとんどなく、後で変更するつもりがなく、単に指定されたシード フレーズを受け入れて安全に保存する大多数のユーザーにとって便利なオプションです。
  • アプリケーション: 特定のアプリケーションは、シード フレーズを生成するだけでなく、暗号化されたデジタル "保管庫" 内でシード フレーズを保護することでさらに一歩進んでいます。この保管庫は、フレーズ、ひいてはデジタル資産の保護手段として機能します。このようなアプリケーションの例としては、保管資産の保護を強化するための定期的なセキュリティ監査や自動バックアップなどの機能を提供する Vault12 があります。
  • 電卓: オフラインでより実践的なアプローチを希望する場合は、「ランダム」機能を備えた電卓を使用してシード フレーズを作成できます。この方法では、ランダムな文字シーケンスを生成してシード フレーズを形成しますが、生成には電卓と、生成にはエアギャップ コンピューター (セキュリティで保護されていないネットワークに接続されていないコンピューター) の 2 つのデバイスを使用する必要があることに注意することが重要です。ただし、この方法では特定のセキュリティ リスクが生じる可能性があります。
  • サイコロロール: もう 1 つの触覚的でアナログな方法には、サイコロの使用が含まれます。このプロセスは、サイコロを振って結果を紙に記録し、数字と単語を照合する BIP39 単語リストと並べて行うだけの簡単なプロセスです。単一のダイを使用することもできますが、複数のダイを選択すると、生成されるシーケンスのランダム性が高まります。必要なロールを完了したら、これらのランダムな結果に基づいてシード フレーズをコンパイルします。

シードフレーズと秘密キー

暗号通貨セキュリティの領域では、シード フレーズと秘密キーという 2 つの重要な要素が極めて重要な役割を果たします。これらはそれぞれ機能が異なりますが、デジタル資産の全体的な安全性にとって不可欠です。秘密キーはデジタル署名に似ており、ユーザーのパブリック アドレスからのトランザクションを承認する固有の数字と文字の文字列です。これは、資金の移動を検証および承認する安全なPINとして機能し、ウォレット内で保護されるため、取引中に手動で入力する必要がなくなります。

逆に、シード フレーズはリカバリ フレーズと呼ばれることが多く、デジタル ウォレットのマスター キーとして機能します。これは本質的に、ウォレットを紛失したり侵害された場合にユーザーがウォレットへのアクセスを取り戻すことを可能にする一連の単語です。このフレーズは秘密キーの生成の基礎となるため、単一のキーだけでなく、ユーザーの保有する暗号通貨スイート全体へのアクセスを可能にするため、非常に重要です。

どちらのコンポーネントもデジタル通貨のセキュリティを確保するように設計されていますが、その違いはそのアプリケーションにあります。秘密キーはブロックチェーンと直接やり取りしてトランザクションを実行し、不正アクセスを防ぐために安全に保管されます。

一方、シードフレーズの主な役割はリカバリであり、ウォレットのコンテンツへのアクセスを復元するためのフェイルセーフとして機能します。これはウォレット内のすべての秘密キーが派生する基盤であり、個人のデジタル資産に対する広範な制御を提供します。この汎用性により、ユーザー エクスペリエンスが簡素化され、あらゆるタイプの電話で動作するユニバーサル充電器を持つのと同様に、さまざまなウォレットにまたがる資産にアクセスして管理するための単一の一貫した方法が保証されます。

シード フレーズと秘密キーは共に、暗号通貨のセキュリティの基礎を形成し、それぞれがデジタル資産の保護において異なる、しかし補完的な役割を果たします。それらの相互作用により、ユーザーは自信を持って取引でき、ウォレットにアクセスできなくなった場合でも保有資産を回復できるため、デジタル資産の完全性とアクセス可能性が維持されます。

シード フレーズを失ったらどうなりますか?

暗号通貨へのアクセスを維持するには、シード フレーズの安全性に大きく依存します。シードフレーズを置き忘れたり、忘れたりすると、重大な苦境に直面することになります。ブロックチェーン ウォレットを通じて暗号通貨にアクセスすることはできますが、早急な対応が必要です。信頼できる暗号通貨取引所または別の安全なウォレットに資産を転送することが不可欠になります。確認したら、元のウォレットをリセットし、新しいシード フレーズを取得することをお勧めします。

シード フレーズの最も重要な点は、どれだけ強調してもしすぎることはありません。それを誰かに譲渡したり、不用意に疑わしいプラットフォームに入力したりすると、取り返しのつかない損失が発生する可能性があります。冷蔵庫などの屋外に放置するのではなく、書き留めて保護された場所に保管することをお勧めします。シード フレーズの回復力は、そのランダム性と 12 ~ 24 ワードの長さにもあります。この組み合わせにより、その一意性が保証されるだけでなく、推測が事実上不可能になります。本質的に、シードフレーズを保護することは、暗号通貨資産を保護することと同じです。

シードフレーズを安全に保つ方法

暗号通貨のシード フレーズのセキュリティを維持することが最も重要であり、その保管のためのベスト プラクティスを理解することが重要です。総合的なガイドは次のとおりです。

デジタル資産を保護するには、暗号シードフレーズのセキュリティを確保することが不可欠です。常に次のことに留意してください。

  • 機密保持が鍵です: シード フレーズを誰にも公開しないでください。このフレーズにアクセスすると、関連する暗号通貨ファンドを完全に制御できるようになります。いかなる妥協も潜在的な損失につながる可能性があります。
  • 物理コピーは信頼できる: 最も推奨される方法の 1 つは、シード フレーズの具体的な記録を作成することです。紙に書き留めるのが伝統的ですが、金属製の記憶装置を使用すると長持ちします。金属にフレーズを彫刻またはスタンプできるデバイスは、磨耗に対する耐久性を保証します。
  • 安全なストレージ ソリューション: 物理コピーを作成した後、その安全なストレージが次の課題になります。セキュリティと利便性のどちらを優先するかに応じて、自宅に貸金庫または個人用金庫を選択することもできます。より安全だが複雑な方法には、シード フレーズを分割し、各セグメントを別個の場所に保存することが含まれます。
  • 現代ユーザー向けのデジタル保管庫: デジタル ソリューションに傾いている場合は、OnePassword や LastPass などのパスワード マネージャーの使用を検討してください。これらの暗号化された保管庫には、回復フレーズを含む機密情報が保存され、追加のセキュリティ層が提供されます。ただし、パスワード マネージャーのメイン パスワードを必ず覚えておいてください。一部のユーザーは、セカンダリ パスフレーズを追加してセキュリティを強化します。
  • よくあるデジタル ストレージの落とし穴を避ける: シード フレーズをコンピュータまたはオンライン プラットフォームに保存しないでください。ハードウェアの誤動作やサイバー攻撃は、フレーズのセキュリティを損なう可能性のある脅威をもたらします。

暗号通貨に投資しており、セキュリティを高めるためにブロックチェーン ウォレットを選択する場合は、シード フレーズを注意深く記録し、安全に保存することが必須です。このフレーズは単なるバックアップではなく、デジタル資産へのゲートウェイでもあります。安全を最優先し、意図しない手に渡らないようにしてください。

シードレスウォレットについてはどうですか?

シードレス ウォレットは、暗号通貨の世界における革新的なアプローチを表しており、アカウントの設定と回復のために従来の単一のシード フレーズに依存せずにデジタル資産を管理する方法を提供します。代わりに、これらのウォレットは、マルチパーティ コンピューテーション (MPC) やスマート コントラクトなどのテクノロジーを利用して、キーの生成とトランザクション署名のプロセスを複数のパーティまたはデバイス間で分割します。

歴史的に、シード フレーズの概念は比較的最近になって暗号セキュリティの実践に追加されたものです。たとえば、ビットコインの初期段階では、トランザクション認証のためのすべてが秘密鍵にかかっていました。したがって、シードレスウォレットは新しい概念ではなく、単一障害点を回避することで重要な秘密鍵を保護するための最新の戦略です。

シードレス ウォレットの主な目的は、シード フレーズの管理に伴う責任と同様に、ユーザーに課せられる重いセキュリティ要求を軽減することです。シードレス ウォレットは、標準的な銀行業務と比較して高度なユーザーの関与を依然として必要としますが、従来のシード フレーズに依存するウォレットに関連するリスクを軽減するように設計された技術的進歩を導入しています。

このようなセキュリティ対策は、厳格なセキュリティ プロトコルに従う必要がある機関や分散型自律組織 (DAO)にとって、ますます重要になっています。シードレスウォレットは、適切に実装されれば、シードフレーズの保管という課題に警戒している個人にとって、安全で負担の少ない代替手段を提供できます。ただし、これらのウォレットには独自のセキュリティ上の考慮事項と妥協が伴うことを認識することが重要であり、一部の批評家は、これが暗号通貨分野における分散化の基本原則を損なう可能性があると主張しています。

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン