流動性プロバイダーとは何ですか?

流動性プロバイダーとは何ですか?

流動性プロバイダーは、一貫した流動性の流れを保証するため、現代の金融市場における電子取引の成功において重要な役割を果たしています。この指標は、現在の価格に影響を与えることなく資産を現金に変換できる速度を示します。多くの企業が、暗号通貨と外国為替の両方を含むさまざまな金融市場にわたって流動性サービスを提供しています。しかし、それらはどのようなメカニズムで機能し、どのようにして市場に流動性を供給するのでしょうか?

この記事は、流動性プロバイダーの概念をわかりやすく説明し、流動性プロバイダーがどのようにして金融市場の流動性を生み出すのかを探り、ビジネスをサポートするこれらの企業と提携する主なメリットを概説することを目的としています。

流動性プロバイダーとは何ですか?

電子取引の分野では、大手銀行やプライムブローカレッジなどの金融機関を含む流動性プロバイダーが不可欠です。彼らは、オーダーブックに多数の指値注文を入れることで市場の流動性を高めます。このアクションは、特に金融商品の大量取引中に市場の均衡を維持する上で非常に重要です。そうすることでスプレッドと取引コストが削減され、市場全体でのよりスムーズな取引が容易になります。

これらのプロバイダーは、従来の外国為替市場と急成長する分散型金融(DeFi) 分野の両方で極めて重要です。外国為替では、多くの場合、ストレートスループロセッシングを通じて顧客の注文を最良の価格を提供する流動性プロバイダーに直接送信するため、利益相反や価格操作が発生することなく迅速な約定が保証されます。 DeFiでは、多くのトークンの時価総額が小さく流動性が低いため、流動性がさらに重要になります。 DeFiの流動性プロバイダーはトークンのペアをプールに預け、トークンのスワップを可能にし、これらの交換に最小限の手数料を請求します。これは、買い手と売り手が少ない市場では不可欠であり、取引の実行が困難になり、価格の滑りや取引コストの上昇につながる可能性があります。

UniswapCurveBalancerなどのプラットフォームは、自動マーケットメーカー (AMM) として機能し、DeFi の鍵となります。彼らはプラットフォームの分散化のためにLP トークンを活用し、ユーザーに非保管サービスを提供します。これらの設定の流動性プロバイダーは、プールのシェアを表す LP トークンを受け取り、これを使用して取引から得た利息を請求できます。この分散型アプローチは、低遅延、効率的な価格集約、取引の匿名性を提供し、金融市場における現代の流動性供給を支えています。

LPトークンとは何ですか?

資産は流動性プロバイダーによってプールに預けられ、 分散型取引所(DEX) や自動マーケット メーカー (AMM) での取引を可能にし、その引き換えに LP トークンとも呼ばれる流動性プールトークンを受け取ります。これらのトークンはプロバイダーの貢献の証拠として機能し、プロバイダーは未払い利息とともに初期投資を取り戻すことができます。トークンは、プールの料金収入におけるプロバイダーのシェアを具体化します。

LP トークンはステーキングされた流動性を表すだけでなく、複数の機能を持っています。これらにより、プロバイダーは仮想通貨ローンを取得し、賭けられた流動性の所有権を譲渡し、複利を得るためにイールドファーミングに参加することができるようになります。複利は元金に累積利息を加えて計算されます。たとえば、1,000 ドルの投資に対する年利 10% の場合、新しい合計 1,100 ドルに基づいて、1 年目には 100 ドル、2 年目には 110 ドルの利回りが得られます。

LP トークンは、DEX と AMM のユーザーがロックされた資産を完全に管理できることを保証し、ほとんどのプラットフォームでは利息償還後いつでも引き出しが可能です。技術的には、LP トークンは他のブロックチェーン トークンと一致します。たとえば、イーサリアムベースの DEX の LP トークンは ERC-20 トークンです。例には、SushiSwap のSushiSwap流動性プロバイダー (SLP) トークンやバランサーのバランサープール トークン (BPT) が含まれます。

流動性プロバイダーはどのようにして市場に流動性を生成するのでしょうか?

ダイナミックな暗号通貨の世界では、高度なテクノロジーの出現により、市場取引を含む多くの側面が簡素化されました。流動性の集計プロセスは現在、ソフトウェアによって効率的に自動化されており、流動性の創出に重要な役割を果たしています。暗号通貨分野の流動性アグリゲーターは、ブローカーが流動性プール内のさまざまな流動性プロバイダーから最良のオファーを調達し、可能な限り最低価格を確保するのに役立つソフトウェア ツールです。

トレーダーが仮想通貨市場に成行注文を出すと、約定はほぼ瞬時に行われます。特に、小規模な注文は、通常は大規模な暗号通貨ブローカーによって、ブローカーの顧客ベース内でマッチングされる可能性があります。流動性プロバイダーは通常、クライアントの注文に一致するブローカーからの 0.1 ロットの注文に対応します。より大きな注文の場合、流動性プロバイダーは注文をより広範な注文プールに迅速に統合し、取引相手に送信します。まれに、適切な取引相手が見つからない場合、トランザクションはセカンダリ層またはECNプールにリダイレクトされることがあります。これにより、注文が効率的に実行され、ブローカーのクライアントとのトランザクションとプロバイダーとのトランザクションの間の目に見える違いが最小限に抑えられます。

Financial Information Exchange ( FIX ) プロトコルは、暗号通貨の世界でクライアントの指値注文を集約する上で非常に重要です。 Fill Or Kill (FOK) と Immediate Or Cancel (IOC) という 2 つの主な実行タイプが一般的です。 FOK は、流動性プロバイダーが価格と量を一致させたら、代替オプションを持たずに特定の価格での執行を義務付けます。 IOC では、指定された価格で部分的または完全な執行が可能であり、必要に応じて残りは別の価格で執行されます。

プロバイダーとも呼ばれる流動性アグリゲーターの重要性は、ストレートスループロセッシング(STP)を通じて小規模ブローカーの取引を促進する仮想通貨市場で強調されています。これらのアグリゲーターは、買いと売りの量を調整して均衡を見つけることで、市場の安定性を確保します。他の金融市場と同様に、暗号通貨市場でも流動性の欠如は、ボラティリティの低下、価格差、スリッページやスプレッドの拡大などの不利な取引条件につながる可能性があります。したがって、流動性プロバイダーは、すべての金融市場の円滑な機能を維持するために不可欠です。

流動性プロバイダーを使用する利点

流動性プロバイダーの役割とそのさまざまな金融市場への影響を理解することで、その主要な強みが浮き彫りになります。これらの主な利点を詳しく見てみましょう。

スプレッドを狭める

流動性プロバイダーは市場スプレッドを最小限に抑える上で重要な役割を果たします。スプレッドは同様の市場動向の影響を受けるため、個々の商品に比べて変動が少ない傾向があります。多くの場合、これらの商品の価格は連動して変動し、スプレッド内のショート ポジションがロング ポジションに対してヘッジできるようになります。したがって、スプレッド取引に必要な証拠金は、一般に個別の先物契約の場合よりも低くなります。

市場の安定化

取引の不均衡は、多くの場合、大口投資家または「クジラ」による大量取引によって引き起こされ、急激な価格変動を引き起こし、特に信用取引においてリスクを引き起こす可能性があります。流動性プロバイダーは、さまざまな市場に流動性を注入することでこれらの不均衡に対処し、それによってこれらの大規模な取引の影響を和らげ、金融資産の価格の安定を維持します。

取引活動の活性化

市場の流動性は取引活動に影響を与える重要な要素です。市場参加者はスプレッドやスリッページを最小限に抑えて簡単に売買できる取引商品を好むため、流動性レベルが高いとより多くの取引が促進されます。流動性プロバイダーは、オーダーブック内の未決注文の量を増やすことで取引活動を強化し、より多くの参加者を取引に引きつけます。

結論として、電子取引は、トレーダーが採用する戦略から注文管理に使用される電子システムに至るまで、大幅に進化しました。それでも、いくつかの側面は変わらないままです。流動性プロバイダーは引き続き重要なプレーヤーであり、ボラティリティの高い時期や経済低迷期などのさまざまな状況下で市場の流動性を維持し、市場の流動性を確保します。

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン