暗号通貨のステーキングとは何ですか?

暗号通貨のステーキングとは何ですか?

暗号通貨の世界でのステーキングは、求める理解の深さに応じて、単純さと複雑さの両方が融合した多面的な概念です。基本的に、これは暗号通貨投資家が自分のデジタル資産をブロックチェーンネットワークのサポートと取引の検証にコミットすることで報酬を得る方法であり、高利回りの普通預金口座で利息を得るのと似ています。暗号通貨をステークすると、基本的に、ブロックチェーンのセキュリティの維持に参加するためにコインをロックアップすることになります。これは、プルーフ・オブ・ステーク(PoS) モデルを利用する暗号通貨で利用できるプロセスです。このモデルは、元の Proof-of-Work モデルと比較してエネルギー効率が高いだけでなく、多くの場合従来の銀行業務よりも高い利率で受動的収入を生み出す方法も提供します。

このシステムを採用する仮想通貨では、プルーフ・オブ・ステークが重要な役割を果たします。暗号通貨を保有する投資家は、ブロックチェーン データベースでのトランザクションの検証を支援できます。通常、このシステムでバリデーターになるには、最小限のコインが必要です。あなたが個人的にトランザクションを検証しているわけではないかもしれませんが、ステーキングされた暗号通貨は、多くの場合、多くの主要な取引所で利用可能なプログラムを通じて、ネットワークコンピュータのこのタスクを支援します。

ステーキングの主なインセンティブは報酬の獲得です。これらのステーキング報酬は、より高いレベルのリスクを伴いますが、暗号通貨取引の規制と検証に貢献する暗号通貨所有者に支払われる配当や利息に似ています。これらの報酬は通常、ステーキングされているのと同じ暗号通貨で支払われるため、保有者にとってはデジタル資産を取引したり売ったりすることなくデジタル資産を増やす魅力的な方法となります。ステーキングの仕組みと理由の微妙な違いを理解することは、主に報酬に興味がある人にとっても、暗号通貨投資の機能と潜在的な利点についてのより深い洞察を提供するため、有益です。

ステーキングはどのように機能しますか?

プルーフ・オブ・ステーク (PoS)コンセンサスメカニズムの不可欠な部分である暗号通貨でのステーキングは、ブロックチェーンに新しいトランザクションを追加するための極めて重要なプロセスです。これは、参加者がプロトコルにコインを預けることから始まり、プロトコルはトランザクションのブロックを確認するバリデーターを選択します。バリデーターとして選ばれる可能性は、担保に入れられたコインの量に応じて増加します。 PoS ブロックチェーンでは、バリデーターが重要な役割を果たします。彼らは、同じトークンで報酬を獲得するインセンティブとともに、一定量のブロックチェーンのネイティブ トークンをステーキングすることでトランザクションを検証します。不正または欠陥のある行為に関与すると、株式の一部の損失を含む罰則が科せられる可能性があります。

PoSシステムは、コンピューティング能力に大きく依存するプルーフ・オブ・ワーク ( PoW ) モデルに代わる、よりエネルギー効率の高い代替手段であり、ビットコインなどの暗号通貨で見られるように、大量のエネルギー消費につながります。対照的に、PoS は必要なエネルギーがはるかに少なく、より多くのトランザクションを処理するためにより適切に拡張できます。

PoS を介したステーキングはすべての暗号通貨に普遍的に適用できるわけではありませんが、このメカニズムを採用する暗号通貨に特有のものです。これは、ネットワークの完全性に対するバリデーターのコミットメントとして機能し、そのステークが不正行為に対する抑止力として機能します。ステークはさまざまなトークン所有者からプールされた資金で構成され、参入障壁が低くなり、より多くのユーザーが委任を通じてステーキングに参加できるようになります。

さらに、ネットワークの整合性を維持するために、バリデーターはオフライン期間の延長などの違反に対して罰則を受ける可能性があります。より深刻な違反は、バリデーターが停止され、資金の一部を失う「スラッシュ」につながる可能性があります。各ブロックチェーンにはバリデーターに関する独自のルールがあります。たとえば、イーサリアムでは、各バリデーターがステークするために少なくとも32 イーサが必要です。

本質的に、PoS ブロックチェーンでのステーキングは、ブロックチェーンのセキュリティと効率を維持するための協力的で奨励されたアプローチであり、参加者にブロックチェーンの安定性と成長に貢献しながら報酬を獲得する機会を提供します。

暗号通貨のステーキング方法

暗号通貨ステーキングの領域でバリデーターになるには、通常、大量のデジタル通貨をステークとしてコミットする必要があります。このプロセスには、検証タスクを効果的に実行するための多大な時間と専門知識に加えて、特定のコンピューター ハードウェアとソフトウェアも必要です。

あるいは、自分でバリデーターになるためのリソースがない人にとって、ステーキングプールに参加することも実行可能な選択肢です。これらのプールでは、複数のユーザーからのより小さなステークが集約されます。この方法は「リキッド ステーキング」と呼ばれることが多く、個人のステーキング コインと発生する報酬を象徴する流動性トークンが含まれます。ここでの主な利点は、バリデーターがトランザクション検証のあらゆる側面を処理し、適用される手数料を差し引いた報酬を個々のステーカーに分配することです。このアプローチによりステーキングプロセスが民主化され、より幅広い参加が可能になります。

さらに、多くの暗号通貨取引所は、同様のプーリング メカニズムでトークンをロックするオプションを提供しています。ユーザーは、仮想通貨の種類とステーキングする金額を柔軟に選択でき、それによって生成される報酬の比例配分が決まります。この方法は、広範な技術的知識やリソースを必要とせずにステーキングに参加したいと考えている個人にアクセス可能なエントリ ポイントを提供し、仮想通貨ステーキングのアクセスしやすさをさらに拡大し、より幅広いユーザーに提供します。

暗号検証とは何ですか?

バリデーターは、分散型コンピューター ネットワークの重要なメンバーであり、トランザクションを検証し、暗号通貨のブロックチェーンの正当性を維持するという任務を負っています。これらの義務を果たすことで、バリデーターは暗号通貨の形で報酬を獲得します。ただし、この役割にはリスクがないわけではありません。コインをステークするバリデーターは、詐欺行為を含む仮想通貨の規制に違反する取引を承認した場合、投資を失う可能性があります。

自分自身がバリデーターになるためのリソースが不足している個人には、自分のコインをバリデーターのステークに寄付するオプションがあります。これにより、最小限の暗号通貨を保有している人でもステーキング報酬の獲得に参加できるようになります。暗号通貨取引所または別の暗号プラットフォームとのコラボレーションによりこのプロセスが容易になり、報酬は通常、参加者のアカウントに直接入金されます。

イーサリアムなどの多くの著名な暗号通貨は検証にプルーフ・オブ・ステーク (PoS) メカニズムを採用していますが、これは普遍的な標準ではありません。たとえば、市場で最も価値のある暗号通貨であるビットコインは、依然としてプルーフ・オブ・ワーク (PoW) システムに依存しています。 PoW はかなりのコンピューティング能力を必要とし、トランザクションを検証しブロックチェーンを監視するためにマイニング プロセスを採用します。対照的に、PoS は一般に、計算需要を削減し、トランザクション検証とブロックチェーンのメンテナンスに必要な全体的なエネルギー消費を削減する、よりエネルギー効率の高い代替手段とみなされています。

仮想通貨ステーキングを通じてどれくらい稼ぐことができますか?

暗号通貨の世界でステーキングすることで得られる潜在的な報酬は、選択したステーキング プラットフォーム、特定の暗号通貨、特定のコインをステーキングする参加者の数などの要因に影響されて、大幅に変わる可能性があります。業界の専門家が指摘しているように、イーサリアム、カルダノ、ポルカドットなどの人気のある暗号通貨の場合、報酬は520 % の範囲になります。ただし、これらの報酬は一貫性がなく、参加者の総数と報酬プールのサイズに基づいて変動する可能性があります。報酬は時間の経過とともに固定されますが、賭けたり貸したりする資本の量は変化するため、利回りが変化します。一般に、参加者が多いほど報酬は少なくなり、その逆も同様です。

ステーキングとロックアップの方法は、仮想通貨の保有者がウォレット内で遊休状態になっている資産から報酬を獲得する手段です。これらの報酬は、多くの場合、年率 (APR) で表されます。たとえば、APR が 5% ということは、理論上、保有者はステーキングされた暗号通貨 100 ドルごとに年間 5 ドルを受け取ることができることを意味しますが、暗号通貨の価格はステーキング期間中に変動する可能性があることを覚えておくことが重要です。さまざまな暗号通貨がロックアップ オプションに対してさまざまな APR を提供しており、比較することができます。

さらに、ステーキングはプルーフ・オブ・ステーク (PoS) ブロックチェーンの重要なコンポーネントであり、ユーザーはブロックチェーンのセキュリティと機能に不可欠なプロセスに貢献します。これは、短期的な価格変動を過度に心配することなく、長期投資で利回りの創出を求める投資家にとって特に魅力的な選択肢です。データによると、トップステーキング資産の平均ステーキング報酬率は年間利回り 11% を超えていますが、これらの報酬は時間の経過とともに変更される可能性があります。

手数料は、ステーキングからの純報酬を決定する際にも重要な役割を果たします。通常、ステーキングプールはサービスの報酬から手数料を差し引くため、全体の収益率に影響を与えます。これらの料金は、プールやブロックチェーンによって大きく異なります。報酬を最大化するために、投資家は手数料が低く、多くのブロックを検証した実績のあるステーキングプールを検討する必要があります。これは、プールがペナルティを受けたり、検証プロセスから停止されるリスクを最小限に抑えるのにも役立ちます。

暗号通貨のステーキングを開始する方法

業界の専門家によれば、現在、多数の仮想通貨取引所がさまざまなコインでステーキング報酬を提供しており、ステーキングの世界への初心者にとって簡単な道を提供しているという。仮想通貨保有者には取引所以外にも、サービスとしてのステーキングプラットフォームやDeFiレンディングプラットフォームなどの代替手段があります。

ステーキングプラットフォームの選択:

  • Coinbase、KuCoin、Binance、Gemini、OKX などの著名な取引所にはステーキング オプションがあります。
  • ユーザーは、これらの取引所のアプリまたはウェブサイトを通じてステーキングをアクティブ化できます。
  • 各取引所は、Cardano、Cosmos、Ethereum、 Solana 、Coinbase の Tezos など、さまざまなステーキング可能な暗号通貨を提供しています。
  • 報酬率は各トークンと取引所によって異なります。たとえば、Coinbase は 2.0 ~ 6.0+ パーセントの APY を提供していますが、OKX は 35 パーセントもの高い APY を備えた幅広いトークンを提供しています。

トークンとステーキング条件の選択:

  • ステーキング対応の取引所に参加する際は、ステーキング期間を考慮して、どのトークンをステーキングするか、およびその量を決定します。
  • 条件は「柔軟」(いつでも引き出し可能)から、30、60、90、120 日などの固定期間までさまざまです。
  • Binance やその他の取引所は、初期期間後にステーキングを自動的に更新する自動ステーキングを提供する場合があります。

代替ステーキング オプションの検討:

  • DeFi融資プラットフォームは、異なるステーキングエクスペリエンスを提供し、多くの場合、米ドルや債券などの有形資産に裏付けられたテザーのようなステーブルコインを使用し、より安定した評価を保証します。
  • このようなプラットフォームは、従来のステーキングと同様の利回りを提供する可能性がありますが、ボラティリティは低くなります。
  • ただし、このオプションでは、これらのステーブルコインが他のユーザーに貸し出されるため、返済不能のリスクが生じます。

要約すると、拡大する仮想通貨ステーキングと DeFi レンディングの世界では、報酬を獲得するための複数のオプションが提供されており、それぞれに独自の機能、メリット、リスクがあり、投資家のさまざまな好みや戦略に対応しています。

暗号資産のステーキングのリスク

仮想通貨のステーキングは報酬の魅力を提供する一方で、投資家が慎重に考慮する必要がある固有のリスクを伴います。暗号通貨のボラティリティは最大の懸念事項です。価格が大幅に下落すると、ステーキング報酬のメリットが打ち消される可能性があります。たとえば、20% の利回りは魅力的に見えるかもしれませんが、仮想通貨の価値が半分になったとしても、投資家は依然として損失を被ることになります。このボラティリティにより、暗号資産のステーキングは、元本が保証されている従来の普通預金口座よりも、さらには一般に変動が少ない配当株やETFと比較してもリスクが高くなります。

考慮すべきもう 1 つの要素は、一部のステーキング プログラムで必要なロックアップ期間です。特定のプラットフォームまたは取引所では、最大 180 日間のロックアップ期間が義務付けられている場合があり、この期間中、投資家はステークした資産を引き出したり売却したりすることができません。これは、この期間中に暗号通貨の価値が大幅に下落した場合、投資家はロックアップが期限切れになるまで資産にアクセスするのを待たなければならないことを意味します。

市場リスクに加えて、ハッキングやサイバーセキュリティの脅威などの運用リスクもあります。十分に確立され広く使用されているステーキング プラットフォームでさえ、このような攻撃の影響を受けやすく、ステーキングされている資金の損失につながる可能性があります。この懸念により、一部の仮想通貨投資家はセキュリティを強化するためにハードウェア ウォレットにトークンをステーキングすることを選択しています。

さらに、詐欺的または安全ではないステーキングプラットフォームに遭遇する可能性も見逃してはなりません。非常に高い収益を約束するプラットフォームは、完全に信頼できるとは限りません。投資家は、資産をコミットする前に、ステーキングプラットフォームの信頼性を徹底的に調査し、検証することをお勧めします。結局のところ、暗号資産のステーキングは儲かる事業になる可能性がありますが、市場リスクと運用リスクの両方について慎重な評価と理解を必要とします。

bottom

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン

Ready to Get Started?

Create an account and start accepting payments – no contracts or KYC required. Or, contact us to design a custom package for your business.

Make first step

Always know what you pay

Integrated per-transaction pricing with no hidden fees

Start your integration

Set up Plisio swiftly in just 10 minutes.