ビットコインの優位性と仮想通貨市場への影響

ビットコインの優位性と仮想通貨市場への影響

ビットコインはデジタルマネーの物語の主人公のようなものです。他のすべてのデジタル通貨と比較して、最も長く存在しており、その価値という点で最も価値があります。それがオンラインマネーの世界で最も有名なプレーヤーであると想像してください。

現在、ビットコインが他のすべてのデジタル通貨と比較してどれほど大きな取引であるかを測定する方法があります。それをビットコインドミナンスといいます。世界中のすべてのデジタルマネーを合計すると 1 兆ドルになり、ビットコインのシェアは 6,000 億ドルだとしましょう。つまり、ビットコインがデジタルマネー世界の 60% のボスであるということです。

しかし、デジタルマネーの世界はビットコインだけではありません。イーサリアム、リップルなど、12,000 種類を超えるデジタル通貨があり、常に新しい通貨が登場しています。これは、ビットコインが重要であるが、ゲームの唯一のプレイヤーではないことを意味します。デジタルマネーファンの間では多くの議論が巻き起こっている。ビットコインに夢中でそれが最高だと考えている人もいれば、さまざまなデジタル通貨を組み合わせて投資することを好み、さまざまなデジタル通貨が大量に使用される未来に賭けている人もいます。

一言で言えば、ビットコインはデジタルマネーシーンの主要なプレーヤーですが、それは常に変化するより大きなデジタル通貨の世界の一部です。

ビットコインのドミナンスとは何ですか?

ビットコインのドミナンスは、暗号通貨の世界における重要な尺度であり、すべての暗号通貨の市場価値の合計と比較したビットコインの市場価値を示します。これは、ビットコインの時価総額(現在の価格に流通しているコインの数を掛けたもの)をすべての暗号通貨の時価総額の合計で割ることによって計算されます。たとえば、ビットコインの時価総額が 5,390 億ドルで、すべての暗号通貨の時価総額の合計が 1 兆 1,600 億ドルの場合、ビットコインの支配力は 46% になります。

歴史的に、ビットコインの優位性には大きな変化が見られました。当初は市場の 99% を占め、最初の仮想通貨としての地位を反映していました。長年にわたり、市場が新しい暗号通貨で拡大するにつれて、ビットコインの優位性は変動しました。たとえば、2017 年には、Initial Coin Offerings ( ICO ) やイーサリアムなどの新しいコインの台頭により、ビットコインの優位性が低下しました。

ビットコインの優位性に関するもう 1 つの視点は、ビットコインと同様の Proof of Work コンセンサス メカニズムを使用する暗号通貨のみに焦点を当てた、リアル ビットコイン 優位性指数です。この指数は、ICO とステーブルコインを除くと、ある時点では 70.5% 付近にあるなど、異なる見方を提供することがあります。

ビットコインの優位性の全体的な傾向は、特にアルトコインの成長に伴い低下しています。 2013年にはビットコインの優位性は約94%でしたが、2017年のICOブームで劇的に変化しました。これにより仮想通貨の数が大幅に増加し、2018年初めにはビットコインの優位性は37.6%まで低下しました。 2019 年には 71% でしたが、仮想通貨市場内で進行中の進化と競争を反映して変動しています。最新のデータの時点で、ビットコインの優位性は約42.5%であり、初期の頃よりも仮想通貨市場がより多様化し、競争が進んでいることを示しています。

ビットコインの優位性が今日でも重要である理由

仮想通貨の世界における重要な指標であるビットコインの優位性は、市場センチメントと取引戦略に影響を与えます。これは、市場の感情を評価する指標である暗号通貨の恐怖貪欲指数で重要な役割を果たしています。ビットコインの優位性が高まると、それは市場の恐怖を示すことが多く、投資家がアルトコインよりも一見安全な選択肢としてビットコインに方向転換するよう促します。

逆に、ビットコインの優位性の変化は、代替仮想通貨の価値がドルやビットコインに対して急騰する「アルトコインシーズン」の始まりを示す可能性があります。これは、市場がアルトコインに優先順位を移し、暗号通貨市場全体におけるビットコインのシェアが低下したときに発生します。

ビットコインの優位性の影響は仮想通貨の領域を超えて広がり、マクロ経済的要因が極めて重要な役割を果たしています。これらの要因には次のものが含まれます。

  • 規制の動向: 規制当局が声明や法律を通じてアルトコインよりもビットコインを支持すると、投資家がビットコインに傾き、その支配力が高まる可能性があります。
  • 伝統的な金融における市場センチメント: 投資家がアルトコインの方がリスクが高いと認識し、焦点をビットコインに移すため、従来の金融市場における恐怖がビットコインの優位性を高める可能性があります。
  • 金融政策: 金融システムにより多くの流動性を注入する量的緩和などの緩和的な金融政策は、ビットコインの優位性を反映してビットコインに利益をもたらす傾向があります。
  • 安全な避難所の探索: 2023 年初頭の銀行破綻のような金融不安の時代には、投資家が従来の金融システムの外にあるより安全な資産を求めるため、ビットコインの価格と支配力の両方が上昇することがよくあります。

暗号エコシステム自体の内部では、新しいアルトコインの導入や急速な採用などの要因により、ビットコインの優位性が低下する可能性があります。逆に、ビットコインの技術アップデートが成功すれば、投資家の信頼が高まり、ひいてはビットコインの優位性が高まる可能性があります。さらに、ビットコインの優位性はトレーダーの思惑によって変動します。価格と支配力の同時上昇は通常、アルトコインの弱気見通しを示しますが、価格上昇と組み合わせた支配力の低下はアルトコインにとって強気の見通しとなる可能性があります。

本質的に、ビットコインの優位性は多面的な指標であり、多様な世界経済動向や国内の仮想通貨市場の動向の影響を受けます。そのバリエーションは、投資家の行動や、アルトコインと比較したビットコインの相対的な強さについての貴重な洞察を提供します。

ビットコインの優位性は良いのか悪いのか?

ビットコインのドミナンスは、主にリスク管理、有望なプロジェクトの特定、および仮想通貨ポートフォリオ全体への投資の配分方法の決定を支援するために、仮想通貨の世界で長年使用されてきた指標です。特にビットコイン支持者の間で人気があるにもかかわらず、この指標には論争がないわけではありません。

一部の批評家は、市場に対するビットコインの影響力が弱まりつつあり、ビットコインの優位性が過去において重要だったのは、利用可能な仮想通貨の数が限られていたためであることを示唆していると主張する人もいます。彼らは、市場が進化し多様化するにつれて、ビットコインの影響力は減少すると信じています。

一方で、ビットコインのドミナンスは、市場トレンドを洞察するためのツールとして多くのトレーダーの間で好まれ続けています。しかし、この指標はかつてほど単純ではないことがますます明らかになりつつあります。批評家らは、ビットコインの優位性が前例のない動きを示しており、センチメントゲージとしての有効性を失っている可能性があると指摘している。

この懐疑論は、暗号通貨エコシステムの複雑さの増大とビットコインの優位性指標の限界から生じています。ビットコインの損失や市場の流動性の変動などの要因は、支配力の計算では考慮されていませんが、ビットコインの時価総額の認識、ひいてはその支配力の認識を歪める可能性があります。

さらに、新しいアルトコインの流入により、ビットコインの優位性はさらに薄まることが予想されます。アルトコイン市場が拡大するにつれて、より広範な暗号通貨空間の市場指標としてのビットコインの優位性の関連性はより不確実になっています。ビットコインの時価総額の優位性は、必ずしもその本当の価値を反映しているわけではなく、市場への突然の投資流入を示唆しているわけでもないことに注意することが重要です。

結論として、ビットコインのドミナンスは依然として一部のトレーダーにとって有用なツールである一方で、複雑で予測不可能な市場における多くのシグナルの 1 つにすぎないと考えることが増えています。その上昇または下降は本質的に良いか悪いかではなく、むしろ仮想通貨市場の進化する状況を反映しています。トレーダーは、より包括的な取引戦略のためにさまざまな指標を考慮することをお勧めします。

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン