AI 暗号トークン: どのように機能するのか?

AI 暗号トークン: どのように機能するのか?

人工知能 (AI) 暗号トークンは、過去 10 年間の 2 つの重要な技術的進歩である人工知能とブロックチェーン技術を融合する最前線にあります。

AI 部門は、人間の認知機能を模倣する最先端のソフトウェア ソリューションの波を先導してきました。基本的なコマンドが提供されると、これらのテクノロジーは、パーソナライズされた休暇プランの作成やオリジナル コンテンツの生成など、複雑な操作を実行できます。このような AI 駆動型プラットフォームの代表的な例としては、OpenAI の ChatGPT、Midjourney、Google の Gemini などがあります。

同時に、多くの暗号通貨プロジェクトが AI イノベーションを活用してブロックチェーンの機能を強化しています。この相乗効果は、ブロックチェーン フレームワーク内で AI 機能を活用することを目指しており、分散型デジタル通貨のセキュリティと透明性と AI サービスの新しい統合を約束します。

この統合により、暗号通貨の世界に新たなニッチが誕生しました。これは、AI リソースの共有を容易にする分散型のピアツーピア アプリケーションに特化したものです。ユーザーは、データ クエリの AI 支援にアクセスしたり、高度なオンチェーン アクティビティを実行したり、その他のさまざまなインテリジェント機能に AI を利用したりできるため、ブロックチェーン ネットワークの実用性と効率性が向上します。この新興サブセクターは、暗号通貨の実用性を拡大するだけでなく、AI とブロックチェーン エコシステムの両方でさらなるイノベーションの基盤を築きます。

AI 暗号通貨はどのように動作するのでしょうか?

AI 暗号通貨は他の暗号通貨と同様に機能しますが、人工知能プラットフォームのサポートに独自の重点を置いています。

ビットコインや他の多くのデジタル通貨と同様に、AI 暗号通貨はブロックチェーン上で動作します。ブロックチェーンは本質的に安全なデジタル台帳です。この台帳はコンピューター ネットワーク全体のすべての取引を記録し、中央機関を必要とせずに透明性とセキュリティを確保します。

これらの AI 暗号コインの主な役割は、ユーティリティ トークンとして機能することです。つまり、Ethereum (ETH) やSolana (SOL)がそれぞれのエコシステムで使用されているのと同じように、特定の AI 駆動型プラットフォーム内で使用されるということです。これらのトークンは、支払い、サービスへのアクセス、AI モデルのレンタルなど、さまざまな目的に使用できます。

さらに、これらのトークンは、ユーザーが AI プラットフォームに積極的に参加するように促します。たとえば、ユーザーはデータの提供や AI モデルの改善に対してトークンを獲得できます。これにより、プラットフォームが強化されるだけでなく、ユーザーの関与に対しても報酬が与えられます。

全体として、AI 暗号通貨コインは、最先端の人工技術と新しい方法の間の架け橋であり、ブロックチェーン技術の分散化とセキュリティを維持しながら、ユーザーが AI の進歩とやり取りしてその恩恵を受けることを可能にします。

AI 暗号トークンのユニークな点は何ですか?

AI 暗号トークンは、主に人工知能技術との統合と AI ベースのアプリケーションに重点を置いている点で、標準的な暗号通貨とは異なります。

これらのトークンは、多くの場合、画像レンダリング、チャットボットの操作、予測モデリングの実行など、AI タスクの計算能力を必要とする個人と、余剰の計算能力を提供できる個人を結び付ける分散型マーケットプレイスの作成を促進します。この設定は、急成長している AI 分野をサポートするだけでなく、必要な計算リソースへのアクセスを民主化します。

ブロックチェーン技術の固有の機能を活用することで、これらのプラットフォームは24時間連続して稼働できます。これは、ユーザーが必要なときにいつでも計算リソースにアクセスできることを保証するため、AIプロジェクトの効率と拡張性を大幅に向上させるため非常に重要です。

さらに、AI 暗号トークンには通常、取引を自動化するスマート コントラクトが組み込まれており、計算能力の交換が安全かつ透明であることを保証します。ブロックチェーン テクノロジーのこの側面は、直接やり取りしないことが多いユーザー間の信頼を維持するために不可欠です。

要約すると、AI 暗号トークンは AI エコシステム内の特定の機能をサポートするように設計されており、主にデジタルマネーや価値の保存手段として機能する汎用暗号通貨とは異なります。

AI暗号トークンの主な特徴

AI 暗号トークンは、従来の法定通貨と比較して、デジタル プラットフォームを強化するのに特に適した一連の独特な機能を提供します。

たとえば、アルゼンチンの人が韓国のプロバイダーから計算リソースをレンタルしたい場合、現地通貨を使用するのは現実的ではないかもしれません。共通の法定通貨で取引すると、為替レートや銀行手続きのせいでコストがかかり、時間がかかる可能性があります。

対照的に、暗号通貨は、いくつかの重要な利点を備えた、より合理化されたソリューションを提供します。

  • 許可不要のトランザクション: ユーザーは、銀行などの中央機関からの承認を必要とせずに AI 暗号トークンを送受信できるため、よりスムーズで直接的な交換が可能になります。
  • 速度: 暗号通貨トークンを使用した取引は、通常、従来の銀行システムを使用した取引よりも高速であり、迅速な処理と決済が可能になります。
  • コスト効率: 暗号通貨の取引は最小限の手数料、多くの場合はほんの数セントで実行できるため、小規模な取引でも経済的に実行可能です。
  • 可用性: ブロックチェーン ネットワークは、特定の営業時間がある従来の金融市場とは異なり、24 時間 365 日稼働しており、いつでも取引が可能です。
  • 透明性: ブロックチェーン技術の使用により、すべての取引が透明に記録され、リアルタイムで追跡できるため、ユーザー間の信頼が向上します。
  • 分割: AI 暗号トークンは非常に小さな単位に分割できるため、マイクロペイメントに最適であり、特に計算能力などのサービスを共有する場合に便利です。
  • グローバルなアクセス性: 通常は特定の国に結び付けられている法定通貨とは異なり、暗号通貨はどこでも使用できるため、地理的な障壁がなくなり、国際取引が容易になります。

これらの機能により、AI 暗号トークンは AI 駆動型プラットフォームの開発と運用に不可欠なツールとなり、グローバルで効率的かつ透明性の高い取引の媒体を提供します。

middle

AI コインはどのように鋳造されるのですか?

AI 暗号通貨コインは、他の種類の暗号通貨トークンを作成するために使用されるものと同様の技術を使用して生成され、多くの場合、それぞれのプラットフォーム内でユーティリティ トークンまたは報酬トークンとして機能します。

このプロセスは通常、Ethereum や Cosmos などの確立されたレイヤー 1ブロックチェーン プラットフォームでコインを鋳造することから始まります。開発者は、Ethereum のERC-20や Cosmos の ICS など、トークン作成プロセスを容易にするコードのテンプレートである特定のトークン標準を使用します。これらの標準により、新しいトークンがブロックチェーンの既存のインフラストラクチャ内でシームレスに機能することが保証されます。

たとえば、トークンが Solana ブロックチェーン上で発行されると、ネイティブ トークン標準に準拠し、Solana ベースのウォレット、分散型アプリケーション (dApps)、およびその他のトークンと即座に互換性を持つようになります。この統合は、スムーズなユーザー エクスペリエンスと、エコシステム内のさまざまなアプリケーションやサービス間の相互運用性を可能にするため、非常に重要です。

さらに、これらのトークン標準には、事前に設定された条件に基づいて自動取引やその他の操作を実行できるスマート コントラクトなどの機能が組み込まれています。この機能は、複雑で自動化されたインタラクションが必要となる AI 駆動型プラットフォームで特に役立ちます。

要約すると、AI 暗号通貨コインは、互換性、効率性、および AI アプリケーションに適した複雑な機能をサポートする能力を保証する事前定義されたコーディング標準を利用して、確立されたブロックチェーン上の構造化されたプロセスを通じて作成されます。

AI 暗号トークンの価値は何でしょうか?

AI 暗号トークンは非常に有用であり、AI テクノロジーの開発と普及をサポートするいくつかの重要な利点を提供します。

  • 貢献のインセンティブ: AI トークンは、AI プロジェクトにデータ、コンピューティング リソース、または専門知識を提供した個人に報酬を与えます。このインセンティブにより、各参加者が AI テクノロジーの進歩に直接貢献し、その恩恵を受けることができる、共同で分散化されたモデルが促進されます。
  • AI サービスの支払いの促進: AI トークンを使用すると、データ分析、予測モデリング、パーソナライズされた推奨事項などのサービスの支払いが可能になります。これらのトークンを使用することで、サービス プロバイダーとユーザー間のトランザクションがより簡単かつ効率的になり、従来の集中型の金融仲介業者が不要になります。
  • ガバナンスの有効化: 多くの AI プロジェクトはガバナンス トークンを発行し、トークン保有者にプロジェクトに影響を与える重要な決定に対する投票権を付与します。これらの決定には、プロトコルの変更、インセンティブ構造の調整、さらなる研究開発のための資金配分に関する決定などが含まれます。
  • 分散型マーケットプレイスの作成: AI トークンは、ユーザーが AI アルゴリズム、モデル、計算能力、データセットを取引できる分散型マーケットプレイスを確立する上で極めて重要です。これらのマーケットプレイスは、アクセシビリティと流動性を高め、開発者と研究者がリソースとイノベーションをシームレスに共有できるようにします。

さらに、ブロックチェーン技術を AI トークンと組み合わせて使用することで、透明性とセキュリティが確保され、これらのトランザクションが検証可能になり、詐欺の影響を受けにくくなります。ブロックチェーンと AI の統合により、AI ソリューションの開発と展開のための堅牢なインフラストラクチャが構築され、技術革新が加速し、さまざまな分野で人工知能の応用が広がります。

AIトークンのリスク?

AI 暗号トークンは、明確な市場ニッチを占めている一方で、詐欺、大幅な市場変動、曖昧な規制枠組みなど、他の暗号通貨資産と多くの共通のリスクを共有しています。

AI テクノロジーの統合により、新たな独自の課題が生まれます。これには、データ プライバシーに関する懸念、AI による意思決定における潜在的な誤り、AI とブロックチェーンの統合に関する技術的な複雑さなどが含まれます。このような複雑さは相互運用性とスケーラビリティの問題につながり、AI 暗号プロジェクトにとってさらなる障害となる可能性があります。

この分野の投資家は、特定のプロジェクトベースのリスクにも直面しています。たとえば、トークン プロジェクトが目的を達成できなかったり、開発計画を遂行できなかったり、広範な採用と持続可能性を確保できなかったりする危険性があります。これらのリスクは AI 暗号トークンに限ったものではありませんが、これらのプロジェクトは初期段階にあるため、より広範な暗号市場における耐久性と長期的な実行可能性の実績が不足していることがよくあります。

さらに、AI とブロックチェーン技術をめぐる興奮は、過大評価や投機につながり、顕著な価格変動を引き起こす可能性があります。最新のトレンドの 1 つである AI 暗号トークンは、投資家が潜在的に高い短期的な利益を追い求めるため、投機バブルの影響を受けやすい傾向があります。

したがって、潜在的な投資家は、従来の金融資産の場合と同様に、投資する前に、広範なデューデリジェンスを実行し、AI 暗号トークン プロジェクトの実行可能性、チームの専門知識、運用の整合性を評価することが重要です。

トップ AI 暗号通貨コイン

  • The Graph (GRT): The Graph は、ブロックチェーンのデータのインデックス作成とクエリを行うオープンソース プロトコルです。これにより、アプリケーションはデータを「サブグラフ」に整理して、すばやく検索できます。AI を使用して自動意思決定ツールを強化します。これは、 AaveCurveUniswapなどの分散型アプリケーション (dapps) の効率化に不可欠であり、開発者やユーザーがデータをよりアクセスしやすく、実用的なものにします。
  • Injective Protocol (INJ): Injective Protocol は、複数のブロックチェーンにわたる証拠金取引、デリバティブ、外国為替先物などの高度な取引オプションをサポートする分散型取引所 (DEX)です。オーダーブック モデルを活用して、従来の金融システムの高スループットと分散型取引所の透明性とセキュリティを組み合わせます。このプラットフォームは AI アルゴリズムを使用して取引戦略を最適化し、市場の効率性を向上させ、よりスマートで効果的な取引決定を可能にします。
  • Fetch.AI (FET): Fetch.AI は、AI を使用して自動化し、機能を強化しながら、プログラムどおりにタスクを実行し、サービスを提供する自律的な「エージェント」を前提として動作します。これらのエージェントは、現実世界のデータを表現し、自動的に交渉し、独立して動作することができます。これにより、スマート輸送やサプライ チェーン ロジスティクスなどの複雑なシステムやプロセスを動的に自動化することができ、適応型の自動化経済への一歩を踏み出すことになります。
  • Theta Network (THETA): Theta Network は、ブロックチェーンを分散型クラウドとして使用することで、分散型ビデオ ストリーミングと配信を促進します。余剰帯域幅と計算リソースを共有するユーザーに報酬を与え、ビデオ ストリーミングの品質とアクセシビリティを向上させます。Theta は、ネットワーク リソースの割り当てと視聴者のエンゲージメントを最適化するために AI を運用に取り入れ、より効率的で分散化されたメディアおよびエンターテイメント モデルを推進します。
  • Render Network (RNDR): Render Network は、分散型 GPU アクセラレーションのパワーを活用して、デジタル コンテンツ作成プロセスを民主化します。3D レンダリングや AI モデル トレーニングなどのタスクに GPU パワーを必要とするユーザーと、余剰の GPU 容量を持つユーザーを結び付けることにより、Render はピアツーピア マーケットを促進します。これにより、既存の計算リソースの使用が最大化されるだけでなく、コンテンツ制作と AI 計算が加速され、貢献者はその見返りとして RNDRトークンを獲得できます。
  • Filecoin (FIL):Filecoin はAI 分野に不可欠な分散型ストレージ ネットワークであり、安全で信頼性の高いデータ ストレージ ソリューションを提供します。AI モデルによって生成され、必要とされる大量のデータが安全かつアクセス可能な状態で保存されることを保証し、AI 操作のバックエンドのニーズをサポートし、高度な AI テクノロジの開発と展開を促進します。
  • インターネット コンピュータ (ICP):インターネット コンピュータは、従来のパフォーマンスのボトルネックとセキュリティ リスクを排除することで、インターネットを分散型のより安全なプラットフォームとして再発明することを目指しています。AI 操作をスマート コントラクトとして実行する分散型 AI モデルを導入し、データ入力とプロセスの検証を可能にすることで透明性を確保し、AI アプリケーションの信頼性を高めます。これは、信頼性が高く偏りのない AI システムの開発に不可欠です。

これらの AI 暗号トークンは、ブロックチェーンと AI を融合して、さまざまな業界でより効率的で透明性が高く、分散化されたソリューションを作成する方法を示しています。

bottom

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン

Ready to Get Started?

Create an account and start accepting payments – no contracts or KYC required. Or, contact us to design a custom package for your business.

Make first step

Always know what you pay

Integrated per-transaction pricing with no hidden fees

Start your integration

Set up Plisio swiftly in just 10 minutes.