インターネット コンピュータ (ICP): Web 3.0 におけるその役割と重要性

インターネット コンピュータ (ICP): Web 3.0 におけるその役割と重要性

Dfinity は、自らを「インターネット コンピューター」と位置づけ、ブロックチェーン技術を通じてクラウド コンピューティングに革命を起こし、分散型インターネットの未来のバックボーンとなることを目指しています。このビジョンには、ブロックチェーン ネットワーク上で直接動作するアプリケーションの作成が含まれており、サーバーを介してオンライン トラフィックのかなりの部分を制御している Alphabet、Amazon、Microsoft、Apple などのテクノロジー大手の現在の支配を回避する可能性があります。

スイスの暗号財団DFINITYが立ち上げた Internet Computer (ICP) は、 Web 3.0の分野で傑出したプロジェクトです。このプロジェクトにより、ユーザーは Google、Amazon、Facebook などの中央集権的な機関から独立して、Web サイト、アプリ、その他の Web サービスを構築できます。創設者の Dominic Williams 氏は、ICP はより分散化されたバージョンの Web を促進することで、これらのインターネットの巨人たちに対抗できると主張しています。

このレビューでは、インターネット インフラストラクチャとユーザー インタラクションを大幅に変える可能性のある分散型フレームワークを提供することを目指して、以前の試みが失敗した分野で ICP が成功できるかどうかを検討します。

インターネットコンピュータとは何ですか?

インターネット コンピュータ プロトコル (ICP) は、Web3 機能を分散化および拡張するように設計された「ワールド コンピュータ」を作成する、特殊なハードウェアの独自のグローバル ネットワークを強化します。

Web3 の極めて重要な実現手段として、インターネット コンピュータ ブロックチェーンは、従来のソーシャル ネットワークに固有の多くのプライバシーの懸念に対処します。従来のソーシャル ネットワークでは、ユーザー データを悪用したり、プライバシーを侵害したり、ユーザーに広告を大量に表示したりすることがよくありました。ユーザーが固定の利用規約に従わなければならない従来のプラットフォームとは異なり、インターネット コンピュータ上の分散型ソーシャル ネットワークでは、Face ID または指紋センサーによる暗号化ログインが可能で、セキュリティとプライバシーが強化されます。

これらのプラットフォームは、ユーザーのプライバシーを強化するだけでなく、ファイル共有、インターネット速度でのメディア配信、ダイレクトメッセージによるNFTやビットコインなどの暗号通貨の即時転送も可能にします。重要なのは、これらのネットワークが、紹介やコンテンツモデレーションなどのアクティビティのために管理DAOを介してガバナンストークンを配布し、ユーザーを共同所有者および利害関係者として統合することで、ユーザーに権限を与えることです。

インターネット コンピュータ ブロックチェーンは堅牢なデジタル インフラストラクチャとして機能し、集中化され、安全性が低く、検閲の影響を受けやすいクラウド サービス、データベース、Web サーバーなどの従来の IT リソースの必要性を排除します。「キャニスター」 (Web や他のブロックチェーンとシームレスにやり取りするスマート コントラクトソフトウェア) を通じて分散型アプリケーションの作成をサポートし、従来の IT システムに匹敵するスケーラブルで効率的なサービスを実現します。

開発者はインターネット コンピュータを使用して、ソーシャル ネットワーキングやゲームからDeFiやエンタープライズ ソリューションまで、従来の IT に依存することなく、さまざまな Web3 サービスを作成できます。この機能により、インターネット コンピュータは高度なアプリケーションやサービスを直接サポートし、より安全で分散化されたデジタル環境を育むことができます。

インターネット コンピュータ上のコミュニティ主導の DAO は、サービスを自律的に管理および更新できるため、セキュリティが強化され、開発者は厳格な規制の枠組みの範囲外で操作できるようになります。この分散化により、セキュリティが向上するだけでなく、オンライン サービスの開発と管理が民主化されます。

ICP はどのように機能しますか?

インターネット コンピュータ プロトコル (ICP) は、オンライン サービスとアプリケーションの状況を根本的に変える包括的なブロックチェーン ベースのソリューションを提供します。その機能について、主要なポイントに分けて説明します。

分散型ホスティング:

  • ICP を使用すると、開発者は独立したデータ センターのグローバル ネットワークを利用して、Web サイトやアプリケーションを分散的にホストできます。これにより、従来のクラウド サービスに代わる手段が提供され、ソフトウェア開発の透明性が促進されます。

パブリックインターネットインフラストラクチャ:

  • このネットワークは、世界中のさまざまな独立したデータセンターを統合し、ソーシャル メディア プラットフォームや分散型金融 (DeFi) アプリなど、さまざまなアプリケーションをサポートするパブリック インターネットを構築します。

計算能力とコスト:

  • 使用料は、各 Web サイトまたはアプリケーションに必要なコンピューティング能力に基づいて計算されます。これらの料金は、ICP ネットワークに貢献するデータ センター間で分配されます。

技術革新:

  • チェーン キー テクノロジー: インターネット上のデジタル アーティファクトの迅速かつ信頼性の高い検証を保証し、ネットワークが Web 速度で動作できるようにします。
  • インターネット ID : デジタル MAC アドレスのように機能し、集中管理なしにさまざまな Web サイトやコミュニティ間でユーザー ID を確立します。
  • ネットワーク ナーバス システム (NNS) : ネットワーク ノードとその関連付けを管理するオープン ガバナンス システムとして機能します。

従来の暗号通貨に対する利点:

  • 主にトランザクションを処理する一般的な暗号通貨とは異なり、ICP は広範なアプリケーション機能と高速な処理時間をサポートしており、Web 3.0 および DeFi プロジェクトに不可欠な要素として位置付けられています。

インターネットの未来:

  • ICP は、Google、Amazon、Meta Platforms などの大手テクノロジー企業への依存を減らすことを目指し、次世代のインターネットの開発と運用をサポートしています。これは、Web 3.0 のより広範なビジョンと一致しています。

セキュリティとスケーラビリティ:

  • ICP のセキュリティの基盤となるのはチェーン キー暗号化です。これにより、各ノードが独立してデータを検証できるようになり、ネットワークのセキュリティとスケーラビリティが向上します。

分散化とハードウェア:

  • ICP のネットワークは、一般的なクラウド サービスではなく専用のハードウェアに依存しており、より高い分散化と信頼性を確保するために独立した当事者によって管理されています。

ICP は、データの保存と処理を再構築することで、デジタル世界とのやり取りに革命をもたらし、より分散化されアクセスしやすいインターネットを促進する、堅牢で安全なユーザー中心のプラットフォームを構築します。

インターネット コンピュータ プロトコル (ICP) の利点と課題

インターネット コンピュータは、ビットコインやイーサリアムなどの既存の暗号通貨との革新的な統合を特徴とする、ブロックチェーン テクノロジーの画期的な変化を表しています。ここでは、その中核となる強みと直面している課題について説明します。

利点:

  • スピードと効率: Internet Computer は最速のブロックチェーンの 1 つを誇り、ブロックのファイナリティ時間はわずか 2 秒、クエリ応答は 100 ミリ秒以内です。このパフォーマンスは、高性能データ センターで運用される分散ノードのネットワークによって実現されています。
  • スケーラビリティ: インターネット コンピュータのスケーラビリティは事実上無制限です。そのインフラストラクチャにより、シームレスな拡張が可能になり、速度やセキュリティを犠牲にすることなく、増大する需要に対応できます。
  • スマート コントラクト機能: インターネット コンピューター上のキャニスター スマート コントラクトは、強化された Web 3.0 機能を提供します。これらのコントラクトは、Web コンテンツをユーザーに直接提供し、リアルタイムでユーザーと対話できるため、従来の Web サービスとブロックチェーン テクノロジーのギャップを埋めることができます。
  • ガバナンス: Network Nervous System (NNS) は、コミュニティが提案に投票することでガバナンスに参加できるようにし、ネットワークの進化を管理および指示するのに役立ちます。
  • アクセシビリティと検閲耐性: 検閲や政府の管理のないインターネットを構築し、表現の自由とプライバシーを促進することを目指して、インターネット コンピューターを世界中でアクセス可能にする取り組みが進行中です。

課題:

  • 採用と統合: インターネット コンピュータは、ビットコインやイーサリアムなどの主要なブロックチェーンと統合されていますが、広範囲に採用するには依然としてハードルがあります。開発者とユーザーは、その可能性を最大限に引き出すために、その機能を認識し、活用する必要があります。
  • 市場のボラティリティ: ICP の将来は、非常にボラティリティの高い暗号通貨市場を乗り切る能力にかかっています。大きな利益を得られる可能性はありますが、投資とテクノロジーの採用に伴うリスクはかなりのものです。
  • 技術的な複雑さ: インターネット コンピュータの高度な機能と基盤となるテクノロジーは、新しい開発者やユーザーにとって複雑になることがあります。機能を犠牲にすることなくこれらの側面を簡素化することは、より広範な採用にとって重要です。
  • 規制の不確実性: 多くの革新的なテクノロジーと同様に、インターネット コンピューターは世界中の規制機関から潜在的な課題に直面しています。これらの法的環境を乗り越えることは、その持続的な運用と成長にとって不可欠です。

インターネット コンピュータは、DFINITY 財団を通じて、これらの課題に対処しながら、技術的機能とエコシステムを拡大し、進化を続けています。その成功は、技術的なハードルを克服するだけでなく、分散型インターネットが繁栄できる環境を整えることにもかかっています。

インターネット コンピュータ (ICP) にはなぜ価値があるのでしょうか?

インターネット コンピュータの機能に不可欠な ICPトークンは、その多目的ユーティリティとネットワーク経済における基本的な役割により、次のように大きな価値を持ちます。

  • ユーティリティと消費: ICP トークンは、インターネット コンピューター上のスマート コントラクトによる計算に使用される「サイクル」に変換されます。この変換は、消費されたサイクルが不可逆的に燃焼されるため、デフレ メカニズムとして機能し、トークンの総供給量を減らし、残りのトークンの価値を高める可能性があります。
  • ガバナンス: ICP トークンは、インターネット コンピュータを管理する分散型自律組織である Network Nervous System (NNS) DAO 内でステーキングできます。トークンをステーキングすると「投票ニューロン」が作成され、トークン所有者はネットワークのガバナンス決定に参加できます。この参加はプロトコルの将来に影響を与えるだけでなく、ユーザーにさらに多くのトークンを報酬として与え、参加型エコシステムを育みます。
  • 投資と価値の保存: ガバナンスを超えて、ICP は価値の保存として機能します。分散型サービスと Web3 サービスへの投資を可能にし、ユーザーはこれらのサービスの成長をサポートして利益を得ることができます。

経済モデルとインセンティブ:

  • トークン発行: 元々「dfinities」と呼ばれ、ティッカー DFN でマークされていた ICP トークンは、2021 年 5 月 7 日の Mercury Genesis イベント中に正式にリリースされました。これにより、ブロックチェーン エコシステム内での活発な循環が始まりました。
  • サービスの支払い: ICP トークンの主な用途の 1 つは、インターネット コンピューター上でアプリケーションをホストし、トランザクションを処理するデータ センターとサーバーに支払うことです。この支払いシステムは、従来のクラウド コンピューティングの価格設定モデルを反映していますが、分散型インフラストラクチャ上に実装されています。
  • ガス料金とデータ処理: インターネット コンピューターでアプリケーションを実行する場合、ICP トークンのガス料金が必要です。この料金は、トランザクションの複雑さとデータ要求に基づいて計算され、提供されるコンピューティング能力に対してデータ センターに支払われます。
  • 参加の奨励: ICP の経済モデルは、データ センターがネットワークのインフラストラクチャを維持および拡張することを奨励します。他のブロックチェーン ネットワークでのマイニングと同様に、ICP トークンは、ネットワークのセキュリティ保護だけでなく、処理能力の提供に対してもこれらのセンターに報酬を与え、ネットワーク全体のインセンティブを調整して効率と成長を確保します。

要約すると、インターネット コンピュータのトークノミクスは、参加と投資の両方を奨励する堅牢で自立したエコシステムをサポートするように設計されており、独自の機能を活用して、安全でスケーラブルな分散型プラットフォームを提供します。

bottom

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン

Ready to Get Started?

Create an account and start accepting payments – no contracts or KYC required. Or, contact us to design a custom package for your business.

Make first step

Always know what you pay

Integrated per-transaction pricing with no hidden fees

Start your integration

Set up Plisio swiftly in just 10 minutes.