ドルが暴落したときに何を保有すべきか

ドルが暴落したときに何を保有すべきか

何千年にも及ぶ歴史を通じて、さまざまな文明、国家、帝国が興亡のサイクルを経験してきました。これらのサイクルで繰り返されるテーマは、通貨と経済の最終的な崩壊であり、世界の権力と金融の安定性の大きな変化を示しています。

この記事では、特に米ドルに焦点を当てて、法定通貨の崩壊の可能性について詳しく説明します。法定通貨の固有の脆弱性、その崩壊の可能性の影響、そして世界金融システムの変化が差し迫った危機を示唆している可能性について検討します。分析には、そのようなイベントの可能性と可能性のある時期の評価が含まれます。

米ドルを取り巻く経済的不確実性が高まっていることを考えると、米ドルの下落に備えることは非常に重要です。この準備には、通貨崩壊に伴うリスクを軽減するために取ることができる戦略的ステップを理解することが含まれます。私たちは、ドルの潜在的な切り下げに対するヘッジとして機能する不動産、貴金属、暗号通貨を含む投資の多様化の重要性について議論します。

歴史的に、ギリシャのドラクマ、ローマのデナリ、ベネチアのドゥカット、イギリスのスターリングなどの主要な通貨は、いずれもその支配的な時代が終わりを迎えています。米ドルは、現在世界の主要な準備通貨としての地位にあるにもかかわらず、この歴史的パターンから逃れることはできません。

ドルの優位性がいつ終わるかは不確実で、数年または数十年かかる可能性があります。とはいえ、あらゆる事態に備えておくことは賢明です。ドルが暴落した場合に経済的な将来を守るために保有を検討すべき重要な資産を以下にまとめます。

  • 外国通貨
  • 貴金属および商品
  • 暗号通貨
  • 不動産投資
  • 緊急用品
  • オルタナティブ投資

これらの資産はそれぞれ、ドルの下落の可能性に対する総合的な金融防衛戦略において重要な役割を果たし、世界経済がもたらすあらゆる課題に十分対応できるようにします。

法定通貨

米ドルは、今日の世界の通貨の大半と同様に、不換通貨として機能します。このタイプの通貨は、金や銀などの物理的な商品によって固定されていません。代わりに、その価値は発行政府の信用と信用によって決まります。

法定通貨は、中央銀行にそれぞれの国の経済に対する大きな影響力を与えます。この制御により、中央銀行は紙幣の印刷量を決定し、金利を設定することで金融政策を操作することができます。これらの決定は通貨の価値に直接影響し、ひいては国の経済の健全性にも影響します。

法定通貨の供給が拡大するにつれて(通常は紙幣の増刷によって)、その価値は下がる傾向があります。このインフレ効果によって物価が上昇し、商品やサービスのコストが価値が下がった通貨に合わせられます。この紙幣の増刷と価値の切り下げのサイクルは、多くの場合、インフレの永続化につながり、時間の経過とともに通貨の購買力を低下させます。

世界の準備通貨としての米ドルの役割

第二次世界大戦の終結以来、米ドルは世界的に卓越した準備通貨へと成長し、その地位は米国の経済大国としての台頭によって確固たるものとなりました。今日、米ドルは国際貿易、投資、債務に不可欠なものであり、これらの取引の主要通貨として機能しています。米ドルは世界の外貨準備高の約 60% を占め、ユーロは約 20% でそれに続いています。

また、多くの国が、自国通貨を自由に変動させるのではなく、固定為替レートを使用してドルに固定しています。これらの固定を維持するために、各国は、通常は米国債の形で、相当な準備金を維持する必要があり、これはドルの国際的な役割を強化するだけでなく、米国政府の借入コストを削減します。

ドルに対する需要が引き続き高いため、ドル崩壊のリスクは軽減されます。この需要には、価値の保存手段としてのドルの信頼性、連邦準備制度理事会が定める政策、国際貿易におけるドルの極めて重要な役割、米国の永続的な経済的優位性など、いくつかの要因が影響しています。

最近の議論では、特にBRICS諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)によるドルの優位性への潜在的な挑戦について憶測が飛び交っています。しかし、現在の証拠に基づくと、これらの通貨が主要な準備通貨としてのドルに取って代わる可能性はすぐには低いようです。ドルが提供する世界的な金融インフラと政治的安定性は比類のないものですが、地政学的な力関係の変化は引き続き大きな関心と注目の的となっています。

米ドル崩壊の影響

米ドルの潜在的な崩壊は、軍事的にも経済的にも世界秩序の大きな変化の前兆となる可能性があり、過去の大国で主要通貨が下落した際に見られた歴史的変化を彷彿とさせる。ブリッジウォーター・アソシエイツの著名なヘッジファンドマネージャー、レイ・ダリオ氏は、こうした変化とそれが世界の安定に与える影響について広範囲に論じてきた。

このようなシナリオでは、いくつかの重要な展開が起こる可能性があります。

  • 世界経済の不安定化:米ドルは世界貿易と金融の要として機能しています。米ドルが崩壊するとドミノ効果が発生し、国際市場が深刻に混乱し、貿易が凍結します。この崩壊は、サプライチェーンの重大な問題と広範囲にわたる経済混乱につながります。
  • インフレと国内金融危機: ドル崩壊の直後には、米国でハイパーインフレが蔓延し、ドルの購買力が大幅に低下する可能性があります。通貨価値が急落すると、商品やサービスのコストが急騰し、深刻な経済危機、失業率の上昇、消費者支出の減少につながります。
  • 国際債務への影響:世界では、多くの国や企業が米ドル建ての多額の債務を抱えています。ドルの急激な切り下げは、この債務の実質価値を変え、債務者の負担を軽減する可能性がありますが、債務動向の変化により、より広範な金融不安が生じる可能性があります。
  • 代替通貨および資産への移行: ドルの崩壊に直面して、投資家や国家は、ユーロ、円、スイスフランなどのより安全な資産や通貨、金、不動産、暗号通貨などの有形資産に避難する可能性が高いでしょう。しかし、このような状況では、これらの代替手段はそれぞれ独自のリスクと変動性をもたらします。
  • 世界の力の再編: 世界の準備通貨としての米ドルの地位は、アメリカの地政学的影響力の多くを強調しています。米ドルの崩壊は国際情勢を劇的に変化させ、アメリカの影響力を犠牲にして他の国や地域ブロックがより重要な役割を担うようになる可能性があります。
  • 社会不安の可能性:経済的な困難や不確実性により、抗議活動、ストライキ、組織に対する国民の信頼の全般的な低下などの社会不安が米国内で発生する可能性があります。このような不安定さは、しばしば政治危機を引き起こしたり、悪化させたりします。
  • 緊急措置と経済改革: このような危機に対応して、米国政府と連邦準備制度は状況を安定させるために緊急介入を行う可能性があります。これには、金利の大幅な調整、資本規制の実施、または通貨システムの包括的な改革が含まれる可能性があります。

これらの結果はいずれも、米ドル崩壊がもたらす深刻かつ潜在的に混乱を招く結果を強調しており、関連するリスクを軽減するために、堅牢な緊急時対応計画と多様化した資産配分の必要性を浮き彫りにしています。

middle

米ドルの潜在的な脆弱性を示す指標

以下は、米ドルが崩壊するリスクがあることを示唆する重要な兆候であり、入念な調査によって特定できます。

  • 急増する国家債務: 通貨危機の主な前兆の 1 つは、多額の国家債務です。現在、米国は 28 兆ドルを超える連邦債務を抱えており、これは GDP の 100% を超えています。この高いレベルにもかかわらず、債務はドル建てであるため、政府は単に紙幣を増刷するだけでよいため、完全な債務不履行は起こりそうにありません。ただし、このアプローチには影響がないわけではありません。紙幣増刷は通貨切り下げやインフレにつながる可能性があるからです。連邦準備制度理事会経済データ (FRED) の最近のデータは、米国のマネー サプライが大幅に増加していることを示しており、最近の財政拡大の規模を浮き彫りにしています。
  • 過剰な紙幣発行とインフレリスク: 過去 10 年間の連邦準備制度理事会の拡張的金融政策により、マネーサプライが大幅に増加し、資産価格のインフレやその他の経済的歪みが生じています。たとえば、2020 年には、既存の米ドルの 23% という前例のない額が発行され、ドルの価値が薄れました。このようなマネーサプライの積極的な拡大が抑制されずに続くと、深刻なインフレやハイパーインフレにつながり、通貨の崩壊を引き起こす可能性があります。
  • 地政学的緊張と世界的ダイナミクス: 国際準備通貨としてのドルの地位は、その世界的な需要の多くを支えています。しかし、地政学的情勢の変化により、この地位が損なわれる可能性があります。中国やロシアなどの新興国は、世界貿易と金融における脱ドル化をますます主張しています。この傾向は、特定の国を世界金融システムから排除するという米国の戦略的動きによってさらに悪化しており、これらの国々はドルからの脱却に向けた取り組みを加速させています。このような展開により、世界舞台におけるドルの役割が大幅に低下し、その結果、ドルの価値も低下する可能性があります。

これらの指標は、世界の主要通貨としてのドルの立場の複雑さを強調し、ドルの世界的な地位の変化を促す可能性のある経済的、地政学的動向を注意深く監視する必要性を強調しています。

米ドル崩壊の時期を予測する:歴史的洞察と現代の文脈

歴史はそのまま繰り返されることはないが、将来の出来事に似た貴重な教訓を与えてくれることが多い。過去の通貨暴落の事例を分析すると、米ドルの潜在的な下落が何を意味するのかがわかる。

不換紙幣の失敗の歴史的例:

  • ドイツのハイパーインフレ: 最も劇的な例の 1 つは、1920 年代のドイツで発生しました。第一次世界大戦の巨額の賠償金により、政府は過剰な量の紙幣を印刷せざるを得なくなり、ハイパーインフレに至りました。1919 年に 1 ドルあたり 49 マルクだったドイツ マルクは、1923 年までに 1 ドルあたり約 4.2 兆マルクまで壊滅的に下落しました。米国は現在、高い債務とインフレ率に直面していますが、その経済力とドル建て債務により、戦時中のドイツとは異なり、ハイパーインフレと完全な経済崩壊のシナリオは起こりにくくなっています。
  • ローマのデナリウス:ローマ帝国の通貨は、2 世紀にわたって徐々に衰退し、軍事力の増強に多額の費用がかかり、通貨の価値が下がったことでさらに悪化しました。ローマ皇帝は、拡張戦争の資金を調達するために銀貨の価値を下げることを選択しましたが、これは現代の拡張的金融政策を不気味に思い起こさせる行為です。当初は銀でしっかりと裏付けられていたデナリウスの価値は、わずか 5% の銀含有量にまで低下し、国民の信頼を失い、経済が衰退しました。
  • 英国ポンド: 第二次世界大戦後、大英帝国の影響力は衰え、ポンドの優位性も低下し、1950 年代には米ドルに追い抜かれました。19 世紀後半、英国は世界貿易と金融で大きな存在感を示していましたが、戦争債務、経済衰退、競争圧力が重なり、30 年にわたってポンドは徐々に下落しました。

米ドルへの影響:

これらの歴史的前例は、いくつかの共通したテーマを強調している。それは、多くの場合軍事費に起因する極度の債務負担、経済への信頼の低下、そしてライバル勢力の台頭である。今日、米国はこれらの状況を反映しており、債務と軍事費が増大し、その優位性に挑戦する中国やEUなどの経済競争国の台頭が見られる。

米ドルの下落の正確な時期を予測することは複雑で、不確実性に満ちています。現在の世界経済の動向と国内の課題を合わせると、突然の崩壊ではなく、徐々に下落する可能性が示唆されます。ただし、正確な軌道は、地政学的な変化、経済政策、世界市場の反応など、さまざまな要因によって異なります。

通貨下落の予測不可能な性質を考えると、潜在的な経済変動に備えるのは遅かれ早かれ賢明です。過去のパターンを理解することは指針となりますが、ドルの切り下げの可能性から将来の経済を守りたいと考えている人にとっては、現在の世界経済環境に適応することが極めて重要です。

ドル暴落から身を守るために考慮すべき重要な資産

米ドルの将来の不安定な性質を理解するには、崩壊の際にどのような資産が安全策として役立つかを検討することが重要です。ここでは、戦略的に計画を立て、財務の回復力を確保するのに役立つガイドを紹介します。

  • 外貨: さまざまな外貨を保有することは、ドルの下落に対する賢明な対策です。特に、ユーロ、英国ポンド、日本円、中国元などの主要な準備通貨は、ドルと逆方向に動くことがよくあります。これらの主要通貨は過去数十年間、ドルに対して弱気な傾向を示してきましたが、スイスフランなどの通貨は相当な強さを示し、ドルに対して大幅に上昇し、安定した代替手段となっています。
  • 貴金属と商品: 金や銀などの貴金属は、歴史的に経済混乱時の信頼できる価値の保存手段でした。これらの金属の限られた供給と永続的な需要は、特に法定通貨の価値が下落している時期に、その価値を守ります。金や銀以外にも、石油や農産物などの他の商品は、本質的な価値を維持し、インフレに対するヘッジとなる重要な商品です。
  • 暗号通貨: 分散型の性質と固定された供給上限を持つビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨は、従来の法定通貨の代替手段を提供します。これらのデジタル資産は、通貨の切り下げやインフレに対するヘッジとして機能する可能性があるため、「 デジタルゴールド」として人気を博しています。
  • 不動産投資: 不動産は、経済不況時でも通常は価値を維持し、収入を生み出す有形資産です。賃貸収入を生み出したり、自給自足を可能にしたりできる不動産 (農場や土地付き住宅など) への投資は、経済が不安定な時期には特に価値があります。
  • 緊急物資: 極限の状況では、食料、水、医薬品、電源などの必需品を備蓄しておくことが非常に重要です。これらの品物は生存を保証するだけでなく、物々交換にも使用できます。自給自足の手段を確保することで、最も深刻な混乱からあなたとあなたの家族を守ることができます。
  • 代替投資: 美術品、高級ワイン、収集品などの有形資産に投資すると、通貨が暴落した際に価値を維持できます。これらの品目は時間の経過とともに価値が上がることが多く、インフレや経済の不安定性に対するヘッジとして機能します。ただし、これらの市場は不安定な場合があり、資産の本質的な価値と市場動向をよく理解する必要があります。

市場動向と歴史的背景:

さまざまな金融指標や過去のデータからわかるように、これらの資産のパフォーマンスを監視し、市場動向を理解することが重要です。たとえば、ビットコインなどの暗号通貨のパフォーマンスは過去 10 年間で大きな利益を上げていますが、原油などの商品は世界経済の状況や技術の変化の影響を受けて変動しています。

結論として、ドル崩壊のタイミングと性質は依然として不確実ですが、これらの資産クラスに投資を分散することで、経済の不安定性に対するより強固な防御策を講じることができます。これは、最悪の事態に備えるだけでなく、変化する経済情勢の中で資産を維持し、潜在的に増やすための態勢を整えることです。

bottom

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン

Ready to Get Started?

Create an account and start accepting payments – no contracts or KYC required. Or, contact us to design a custom package for your business.

Make first step

Always know what you pay

Integrated per-transaction pricing with no hidden fees

Start your integration

Set up Plisio swiftly in just 10 minutes.