暗号ミキサーが公開: 初心者によるコインタンブラーへの旅

暗号ミキサーが公開: 初心者によるコインタンブラーへの旅

ビットコイン ブロックチェーンを理解すると、それが公開台帳であり、すべてのトランザクションと関連するウォレット アドレスが透過的に表示されることがわかります。これらのトランザクションは表示されますが、ウォレット所有者の背後にある本当の身元は隠されたままであり、ブロックチェーンに匿名ではなく「仮名」の性格を与えます。

ただし、このプライバシーのベールは絶対的なものではありません。ウォレット所有者の身元を推定する方法は存在します。この部分的な匿名性が、ビットコイン タンブラーとしても知られるミキサーの出現を促進しました。

これらのツールは、暗号通貨取引におけるプライバシーとセキュリティを強化するために不可欠であり、デジタル時代においてますます関連性が高まっています。金融活動の追跡可能性が高まるにつれ、暗号ミキサーはユーザーの匿名性を維持する上で極めて重要な手段として機能します。

この調査を継続して、これらのサービスの性質、金融取引と身元を隠す役割、法的地位、利用可能なさまざまなタイプの混合サービスを詳しく掘り下げます。

クリプトミキサーとは何ですか?

クリプトミキサーとしても知られるクリプトタンブラーは、さまざまなソースからのコインを混合することで暗号通貨取引のプライバシーを強化し、特定の取引アドレスの追跡を困難にします。ほとんどの暗号通貨が完全に匿名ではなく仮名であることを考慮すると、これらのサービスは非常に重要です。オープン ブロックチェーン上のすべてのトランザクションとウォレット アドレスは表示されますが、完全な匿名性は損なわれます。

この状況は、特に金融安全を監督する政府機関の間で懸念を引き起こしている。暗号ミキサーは、識別可能な暗号通貨資金をより大きなプールと混合し、それによって送金を匿名化するため、プライバシーを維持するためによく使用されます。ただし、通常、顧客確認 (KYC) チェックは必要ないため、これらのサービスがマネーロンダリングや収益隠蔽に使用されるリスクが高まります。注目すべきことに、違法ビットコインのかなりの部分が毎年これらのミキサーによって処理されています。

ビットコイン ミキサーの機能を理解することが重要です。これは、複数のユーザーからビットコインを受け取り、ソースと金額を不明瞭にするためにそれらを混合し、それぞれの宛先に異なるビットコインを送信するソフトウェアまたはサービスです。ミキサーを使用すると、元のウォレットのアドレスとコインの間の接続が追跡不可能になり、取引の匿名性が高まります。ただし、多くのタンブラーではコインの混合に料金がかかるため、このサービスには費用がかかります。

暗号通貨ミキサーはどのように機能しますか?

ミキサーとしても知られる暗号タンブラーの本質は、取引のデジタル署名を隠す能力にあり、暗号通貨の世界で事実上「ブラック ボックス」として機能します。これらのミキサーは、特定の量の暗号通貨をプライベート プールに集約し、それを対象の受信者に配布することによって動作します。たとえば、すべての BTC トランザクションを追跡するビットコイン エクスプローラーは、人物 A がミキサーにビットコインを送信し、人物 B がミキサーから BTC を受け取ったことを示します。これにより、実際の資金の流れが隠蔽され、「汚れた」ビットコインの洗浄が可能になります。

より詳しく言うと、コインミキサーは、暗号通貨を取得し、それを他の相当量の暗号通貨と混合することによって機能します。その後、この混合暗号通貨の小単位を選択したアドレスに返し、通常は総量の 1 ~ 3% を利益率として保持します。このプロセスはマネーロンダリングに似ていますが、コインミキサーの使用は本質的に犯罪行為を意味するものではありません。多くのユーザーは、トランザクションのプライバシーの強化を単に求めています。

さまざまなタイプのビットコイン ミキサーを詳しく調べると、集中型と分散型という 2 つの主なカテゴリが見つかります。これらは、コインを混合してその起源を難読化するという共通の目標を共有していますが、その運用方法は異なります。一般に、タンブラーは複数のユーザーからビットコインを収集し、そのトランザクションを統合します。これは比喩的に言えば、「すべてのコインを 1 つの大きな箱に入れて混ぜる」ようなもので、元の出所を追跡することが不可能になります。混合されたコインはそれぞれの目的地に送られます。この説明では、暗号通貨の世界において匿名性を提供するために各タイプのミキサーがどのように機能するかを詳しく説明し、そうでなければ複雑なプロセスを簡略化して説明します。

集中型ミキサーと分散型ミキサー

ビットコインタンブラーの主な目的は、現実世界のアイデンティティと暗号通貨ウォレットのアドレスの間の接続を切断し、それによって暗号通貨トランザクションの匿名性を強化することです。暗号ミキサーの領域には、集中型と分散型の 2 つの異なるタイプがあり、それぞれに独自の操作方法があります。

集中型ビットコイン ミキサーは、基本的に、コインを混合する Blender などの個人運営のソフトウェアまたはサービスです。このようなサービスを使用する場合、目的の受信者に直接ビットコインを送信するのではなく、ミキサーのアドレスにビットコインを送信します。サービス料金を支払った後、あなたのコインは他のコインとプールされて再配布され、事実上コインが混合され、その出所が隠蔽されます。集中ミキサーは通常、操作ごとに 0.6% ~ 2.5% の範囲のサービス料金を請求します。

一方、Wasabi Wallet や Samourai Wallet などの分散型ビットコイン タンブラーは、ピアツーピア ベースで動作し、パーミッションレスです。これらのミキサーは、CoinJoin などのプロトコルを利用することが多く、複数のユーザーが単一の大規模トランザクションに参加し、全員のコインを混合する必要があります。この方法は自動化されているため、通常、サービス料金が低くなります。たとえば、Wasabi Wallet では、0.01 BTC を超える金額の混合に対して約 0.3% の手数料がかかります。

これらのカテゴリに加えて、暗号通貨ミキシング サービスはカストディアルまたは非カストディアルに分類することもできます。カストディアル・ミキシングでは、ユーザーが自分の「汚染された」通貨を第三者に委託し、一定期間後に第三者が「きれいな」コインを返します。ただし、このアプローチには、混合プロセス中にユーザーが資金の制御を失い、保管者によって資金が盗まれる可能性があるため、リスクが伴います。

逆に、ノンカストディアルミキサーは、公的に検証可能なスマートコントラクトまたは安全なマルチパーティコンピューティングを採用し、信頼できるサードパーティの必要性を排除します。このプロセスでは、ユーザーは同量のイーサ (ETH) またはその他のトークンをミキサー コントラクトに入金します。その後、リング署名や zk-SNARK などの暗号化技術を使用して、取引自体を明らかにすることなく入金を確認し、指定された期間後に入金したコインを新しいアドレスに引き出すことができます。この方法は、コイン混合に対するより安全かつ透明なアプローチを提供し、プロセス全体を通じてユーザーの資金管理を維持します。

ビットコインミキサーを使用するメリットとデメリット

ビットコイン混合サービスを利用すると、主に取引のプライバシーと匿名性が強化され、ユーザーが仮想通貨の取引における裁量権を維持できるようになります。しかし、この利点にはいくつかの注目すべき欠点が伴います。

ビットコインミキサーの欠点

ほとんどのビットコイン ミキサーの重大な制限の 1 つは、ミキサーから宛先アドレスまでのトランザクション遅延が必要なことです。この遅延は多くの場合調整可能ですが、トランザクション分析を複雑にし、潜在的な追跡者を阻止するために実装されています。必須ではありませんが、入力トランザクションと出力トランザクションをリンクする際の難易度を高めるために、これらの遅延が推奨されます。

取引の詳細を隠すビットコインミキサーの機能は、プライバシーを求めるユーザーを惹きつけるだけでなく、規制当局の監視を招き、マネーロンダリングに使用される可能性についての懸念を引き起こします。その結果、一部の取引所は混合コインを「汚染されている」と見なし、プラットフォーム上での混合コインを含む取引を制限または禁止する可能性があります。

集中型ビットコインミキサーの課題

単一の事業体によって運営される集中型のビットコイン タンブラーは、単一障害点になるリスクに直面しています。ネットワークにダウンタイムが発生すると、ユーザーは転送中に資金を失う危険があります。運用上のリスク以外にも、ハッキングやサービスプロバイダーによる不正利用の可能性の脅威もあります。

集中型システムでは入力ビットコイン アドレスと出力ビットコイン アドレスの両方が記録されることが多いため、プライバシーの懸念が高まります。この保存されたデータは、特にネットワークがこの情報を開示することを選択した場合、ユーザーの匿名性にリスクをもたらします。

分散型ビットコインミキサーの制限

分散型ミキサーは、より分散型のアプローチを提供する一方で、独自の一連の課題を抱えています。重要なことは、多数の参加者がコインを効果的に混合するための要件です。ユーザーのプールが小さすぎる場合、消去法によってトランザクションが個々のユーザーにまで遡ってしまうリスクがあります。

追加の考慮事項

これらの特定の欠点を超えて、暗号通貨規制の進化する状況とミキサーの使用の倫理的影響を考慮することが重要です。世界中の規制機関が金融システムにおける仮想通貨の役割に取り組む中、ミキサーの法的地位や認識は変化し続ける可能性があり、仮想通貨コミュニティにおけるミキサーの使いやすさや受け入れに影響を与える可能性があります。ユーザーは、プライバシーへの欲求と、金融取引における法的基準および倫理的考慮事項に準拠する必要性とのバランスを取る必要があります。

暗号ミキサーは違法ですか?

ビットコイン ミキサーなどのコイン ミキシング サービスの使用の合法性は、管轄区域によって異なります。これらのサービスは、特にその必要性と正当性に関して議論の的となっています。元米国司法次官ブライアン・ベンコウスキー氏によると、暗号通貨取引を偽装するためにミキサーを使用することは犯罪行為とみなされる可能性がある。ビットコインは取引におけるプライバシーを提供しますが、匿名性は保証されていません。これは、身元が隠蔽されたままである一方で、取引自体は潜在的な不正行為について監査と精査の対象となることを意味します。

米国では、ビットコイン ミキサーは金融犯罪取締ネットワーク (FinCEN) によって送金業者として分類されています。そのため、FinCENに登録し、各州で営業するライセンスを取得する必要がある。この分類の法的影響は、2021年にオハイオ州の居住者がダークウェブ上で未登録のビットコイン混合サービスを運営していたとして逮捕され、マネーロンダリング陰謀と無許可送金の容疑で逮捕されたことで浮き彫りになった。

この規制状況は、暗号通貨ミキサーが違法行為に関連している例によってさらに複雑になっています。注目すべきは、ビットコインミキサーHelixの元最高経営責任者(CEO)が2021年末に3億ドル以上の資金洗浄を認めたことだ。同じ頃、別のミキシング サービスである Bitcoin Fog もマネーロンダリング陰謀に関与しました。さらに、2022年8月、米国財務省は、70億ドルを超える仮想通貨の洗浄に関与したとして、イーサリアムベースの人気ミキサーサービスであるTornado Cashを制裁した。これらの事件は、仮想通貨ミキサーの物議を醸す性質と金融犯罪との関連性を浮き彫りにしており、FinCENのような規制機関による監視と執行措置の強化につながっている。

暗号通貨タンブラーやビットコインミキサーを介してトランザクションを追跡することは可能ですか?

暗号通貨混合サービスは、特定の暗号通貨の追跡を大幅に複雑にします。これらのサービスは、さまざまなコインをプールし、予測できない間隔で再配布することで、個々のコインの痕跡を効果的に隠します。

特に、暗号通貨タンブラーは、ユーザーに暗号通貨取引履歴を本質的に書き換える機能を提供します。彼らは、さまざまなデジタル通貨を含むカスタム ブロックチェーンを作成し、架空の取引所の複雑で半ランダムなネットワークを通じて取引をルーティングすることでこれを実現します。この複雑なプロセスにより、通貨を特定の取引や取引所に結び付けることが困難になり、タンブリングサービスを通過したコインは事実上追跡不可能になります。

ビットコイン タンブラーとビットコイン ミキサーという用語は、よく似たサービスを指しますが、異なるユーザーの好みに対応しています。ビットコインタンブラーは、自分の取引を第三者に安心して任せられるユーザーに適しています。対照的に、ビットコイン ミキサーは、外部関係者に依存したくない人にとっては魅力的です。

BitMix のようなアプリケーションは、匿名トランザクションを提供することでこれらのサービスを例示します。彼らはビットコイン固有のプライバシー機能を利用し、システムを通じて支払いをルーティングすることでコインの追跡をさらに複雑にしています。ただし、この不明瞭さは絶対的なものではありません。

対策は、パブリック ブロックチェーン データを分析し、既知の脅威アクターに関連付けられたアドレスと関連付けるための高度なツールの形で存在します。この分析は、潜在的なマネーロンダリング活動や通貨スワップやミキサーの使用を特定するのに役立ちます。これらのツールは金融セキュリティにおいて重要な役割を果たし、違法行為を発見し、ブロックチェーントランザクションの整合性を維持するのに役立ちます。これらは、暗号通貨取引におけるプライバシーの維持と、デジタル通貨分野における規制順守およびセキュリティの確保との間で進行中の戦いを表しています。

ビットコインタンブラーを超えた最良の選択肢

暗号通貨取引におけるプライバシーを強化するためにコイン混合サービスの代替手段を探している人のために、利用できる効果的な方法がいくつかあります。それぞれが、トランザクションの匿名性を維持するための独自のアプローチを提供します。

ライトニングネットワーク

ライトニング ネットワークは、ビットコインのレイヤー 2 スケーリング ソリューションとして機能します。大量のトランザクションを可能にするという主な機能に加えて、プライバシーも強化されます。これは、複数のトランザクションを集約することによって実現されますが、これにより、ネットワーク内の個々のトランザクションを追跡するプロセスが複雑になります。

ビットコインキャッシュの電子キャッシュ

Bitcoin Cash (BCH) のユーザーに対して、Electron Cash ウォレットはプライバシー指向のソリューションを提供します。従来のビットコイン ウォレットとは異なり、Electron Cash には CashFusion プライバシー ツールが組み込まれており、支出パターンをわかりにくくする方法で BCH トランザクションを混合することで追跡が困難になります。

プライバシーを重視した暗号通貨

Monero (XMR) やZcash (ZEC) のようなプライバシー コインは、匿名トランザクションを実行するためのもう 1 つの手段となります。これらの暗号通貨は、高度なプライバシー技術を使用して構築されています。たとえば、Monero はリング署名を採用しています。リング署名は、複数の署名者を統合してトランザクションの真の送信者を不明瞭にし、受信者から送信者の身元を効果的に隠します。 Zcash はシールドされたアドレスを使用して、同様のプライバシー機能を提供します。

ただし、プライバシー コインの合法性は管轄区域によって異なることに注意することが重要です。韓国、オーストラリア、日本などの国は、その使用に制限を設けたり、完全に禁止したりしています。したがって、これらのコインは、制限または禁止されている地域では暗号通貨取引所に上場できない可能性があります。これは、ユーザーがそれぞれの場所でのプライバシーを強化する暗号通貨の法的ステータスについての情報を常に把握しておく必要性を強調しています。

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン