トップアルトイン2024

トップアルトイン2024

2024 年 6 月を迎えるにあたり、暗号通貨の世界は、次の波であるアルトコインへの期待で溢れています。これらは単なるランダムな選択ではありません。ブロックチェーンの革新の最前線にあり、活気のあるコミュニティに支えられています。ビットコインの代替となるアルトコインは、その価値と取引量が大きく異なります。価値がほとんどないものも多くありますが、最も有望なものは、効率性、取引速度、特殊な機能の点でビットコインを上回るように設計されています。

ビットコインの相対的な安全性を除けば、この不安定な市場を乗り切るのは困難に思えるかもしれませんが、その見返りは大きい可能性があります。最もパフォーマンスのよいアルトコインは、強気相場でビットコインを上回り、大きなリターンを提供してきました。今年は、ビットコインの元のブロックチェーンから分岐したアルトコインだけでなく、画期的な技術を提供し、市場に大きな影響を与える可能性のあるアルトコインに焦点を当てています。

ミームコインステーブルコインを除いて、2024年のリストでは、刺激的な発展と潜在的な価格高騰が見込まれるアルトコインに焦点を当てています。今後数か月で市場の動向を形作ると期待される、厳選されたこれらの暗号通貨を一緒に探っていきましょう。これらのトップアルトコインがベテラン投資家や愛好家の注目を集めている理由を深く掘り下げ、暗号通貨界の隠れた宝石を発見する準備をしましょう。

blog top

アルトコインとは何ですか?

アルトコイン、または代替コインは、元の暗号通貨であるビットコイン以外のすべての暗号通貨を網羅する幅広いカテゴリとして機能します。これには、最も人気があり価値のあるイーサリアムBNBXRPなどの幅広いデジタル資産が含まれます。アルトコインは、通貨として使用するために設計された支払いトークン、法定通貨またはその他の資産にペッグされたステーブルコイン、楽しみのために取引されるミームコイン、現実世界の資産のデジタルバージョンを表すセキュリティトークン、ネットワークサービスを容易にするユーティリティトークンなど、多岐にわたります。ガバナンストークンも、それぞれのブロックチェーンで投票権や特権を提供することで重要な役割を果たします。

ビットコインは、支配的な暗号通貨として崇拝されることが多いが、特に取引媒体としての効率性とプログラム性の欠如という点で限界がある。これがアルトコインの台頭への道を開き、アルトコインはビットコインの欠点のいくつかに対処するだけでなく、非代替トークン( NFT )や分散型金融( DeFi )の推進などの革新的な用途も導入している。イーサリアムの出現は、スマートコントラクトを通じてプログラム可能なお金を導入することで、暗号通貨分野に大きな進化をもたらした。しかし、イーサリアムは、高いガス料金やスケーラビリティの問題などの課題にも直面している。

これらの課題に対応するため、 SolanaPolygonなどの新しいブロックチェーンが登場し、拡張性とトランザクション効率が向上しています。アルトコインの必要性は、トランザクション速度の向上からブロックチェーンのプログラミング可能性と機能の拡張まで、その独自の機能と多様なソリューションに起因しています。

暗号通貨市場が拡大し進化を続ける中、アルトコインはデジタル金融の未来を形作る上で極めて重要な役割を果たしています。暗号通貨市場に関心のある投資家は、これらのアルトコインの独自の価値提案と潜在的な使用例を理解し、時価総額とこれらの暗号通貨が解決しようとしている特定の問題に基づいて情報に基づいた決定を下すことで恩恵を受けることができます。この包括的なガイドは、2024年時点での時価総額によるトップアルトコインの概要を提供し、暗号通貨の複雑な状況を理解するための便利なフレームワークを提供します。

アルトコインへの投資の長所と短所

長所:

  • 多様な投資機会:当初、ビットコインは主要な投資オプションとして暗号通貨シーンを支配していました。今日では、イーサリアム、アービトラム、ソラナなどのさまざまなアルトコインが大きな成長の可能性を示し、投資家に豊富な選択肢を提供しています。
  • ポートフォリオの多様化:アルトコインは、投資家にさまざまな暗号通貨やブロックチェーン技術にわたって保有資産を多様化する機会を提供し、複数の資産へのエクスポージャーを通じてリスクを軽減します。
  • イノベーションの推進:アルトコインは、ブロックチェーンが達成できる限界を押し上げる革新的な機能と拡張機能を導入することで、暗号通貨エコシステムに大きく貢献します。

短所:

  • より高いリスク要因:アルトコインは潜在性があるにもかかわらず、ビットコインに比べて市場浸透度が低いため、一般的に損失のリスクが高くなります。
  • 規制の不確実性:アルトコイン市場は比較的規制されていないため、投資家は詐欺や市場操作のリスクにさらされる可能性があります。
  • 技術的リスク:アルトコインへの投資には、技術的な障害やバグに関連するリスクが伴い、投資の安定性と安全性に影響を及ぼす可能性があります。
  • 流動性に関する懸念:小規模なアルトコインは流動性が限られていることが多く、市場価格に大きな影響を与えずに大規模な取引を実行することが困難であり、大規模な投資にとって大きな欠点となる可能性があります。

暗号通貨市場が進化するにつれ、ビットコインとアルトコインの関係も発展し続け、アルトコインは投資家に刺激的な機会と独自の課題の両方をもたらします。これらの要素を理解することは、ビットコインを超えて暗号通貨への投資を拡大したい人にとって非常に重要です。

今買うべき最高のアルトコイン

ビットコイン以外の暗号通貨ポートフォリオを多様化したいと考えている場合、代替暗号通貨、つまりアルトコインを検討するのは賢明な選択かもしれません。これらのアルトコインは独自の機能を備えているだけでなく、大きな成長の可能性を秘めているため、魅力的な投資機会となっています。

今すぐ投資ポートフォリオに追加することを検討すべき暗号通貨のトップピックをいくつか紹介します。

middle

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、時価総額 3,720 億ドル、年初来 33% の増加を誇り、暗号通貨業界で強力な勢力として君臨しています。2015 年に発売されたイーサリアムは、瞬く間に注目を集め、時価総額で 2 番目に大きい暗号通貨となり、世界の暗号通貨市場の約 19% を占めています。

技術革新と市場への影響:
イーサリアムのブロックチェーン技術は、主にスマート コントラクトの導入によってビットコインと区別されます。スマート コントラクトとは、契約条件がコードに直接書き込まれた自動実行型契約です。このイノベーションにより、イーサリアムは数多くの分散型アプリケーション (dApps) と分散型金融 (DeFi) プロトコルのバックボーンとなっています。2022 年、イーサリアムはプルーフ オブ ワークからプルーフ オブ ステークのコンセンサス メカニズムへと大きく変革し、ネットワークのスケーラビリティが向上し、エネルギー消費が削減されました。

最近の動向:
イーサリアム エコシステムにおける最新の主要な開発は、2024 年 3 月に完了したイーサリアム Dencun アップグレードです。このアップグレードでは、実行レイヤーとコンセンサス レイヤー全体に複数のイーサリアム改善提案 (EIP) が導入されました。特に、EIP-1234 はブロック報酬を調整し、「難易度爆弾」を遅らせ、イーサリアム 2.0 へのスムーズな移行を促進しました。一方、EIP-2322 はプルーフ オブ ステーク (PoS) コンセンサス アルゴリズムを強化し、セキュリティと効率性を高めました。

市場の反応:
2024年5月23日にSECがイーサリアムETFの初のスポットを承認したことで、投資家の間で新たな関心が高まり、イーサリアムへのアクセスと機関投資の増加が期待されています。この承認は、イーサリアムの堅牢性と、より広範な金融エコシステムにおけるその重要な役割の証です。

投資の可能性:
プログラム可能な通貨の先駆者としての地位、継続的なイノベーション、そして2016年のDAO侵害などの課題を克服してきた確かな実績を考えると、イーサリアムは2024年も投資家にとって最も推奨される通貨であり続けます。現在の価格3029ドル、かなりの取引量、そして最大供給量上限がないことは、暗号通貨市場における持続的な成長と影響力の可能性を強調しています。

イーサリアムは、高度な機能、継続的な開発、強力な市場ポジションのユニークな組み合わせにより、あらゆる暗号投資家、特にビットコインを超えて多様化を目指す投資家のポートフォリオにとって欠かせない資産となっています。

ソラナ(SOL)

Solana は時価総額が 578 億ドルと際立っており、年初来で 27.2% の大幅な増加を示しています。2020 年に Anatoly Yakovenko によって立ち上げられた Solana は、暗号通貨のランクを急速に上げ、特に最近の市場変動の中で大幅な成長と回復力を示しています。

革新と開発:
Solana のブロックチェーン技術は、ハイブリッド プルーフ オブ ステークとプルーフ オブ ヒストリーのコンセンサス メカニズムで有名で、Ethereum などの他のネットワークよりも高速であるだけでなく、コスト効率も優れています。これにより、Solana はブロックチェーン分野で特にスケーラブルなソリューションとして位置付けられています。注目すべき開発には、プラットフォーム上で最初のユーロ ペッグ ステーブルコインである EUROe の立ち上げが含まれ、これによりヨーロッパのユーザーの DeFi アクセスが簡素化され、Solana エコシステム内の流動性が向上します。

戦略的パートナーシップと市場への影響:
このネットワークは、GoogleやAmazonなどの大手テクノロジー企業とのコラボレーションを促進してきました。これらのパートナーシップにより、Solanaのアクセシビリティが向上し、SolanaデータをGoogle Cloud BigQueryと統合したり、AWS上でブロックチェーンノード開発のブループリントをリリースしたりするなど、開発者向けの強力なツールが提供されました。

課題と市場の動向:
Solana は、その利点にもかかわらず、信頼性に影響を与えるネットワーク停止などの課題に直面しています。たとえば、2023 年 2 月の顕著な障害では、ネットワークが 20 時間近くダウンし、主流の採用の潜在的な障害となりました。ただし、Solana の市場価格は驚くべき回復力を示しています。2024 年 4 月に約 200 ドルから 135 ドルに大幅に下落した後、分析では強気の勢いが再開され、価格が以前の高値である 259 ドルを超える可能性があることが示唆されています。

投資の可能性:
合計 48 億ドル以上の価値が DeFi エコシステムにロックされており、分散型モバイル エクスペリエンスを提供する Saga スマートフォン イニシアチブにより、Solana は生き残っているだけでなく、成長しています。多額の投資を引き付ける能力と、さまざまな分散型アプリケーションでの採用は、その可能性を強調しています。SEC が最近スポット Ethereum ETF を承認したことを受けて、Solana がまもなく同様に商品として分類され、Solana ETF への道が開かれる可能性があるという憶測があります。

トロン(TRX)

Tron は時価総額 111 億ドルを誇り、1 年間で 94% という堅調な収益率を示しています。2017 年の設立以来、Tron はブロックチェーン技術と分散型アプリケーション (dApps) を活用して、分散型インターネット エコシステムを促進することに専念してきました。

主な機能と開発:
Tron のネットワークは 1 億 7,700 万を超えるアカウントを擁し、世界最大のステーブルコインの流通量をホストしているという特徴があります。当初は Ethereum ベースのトークンとして開始された TRX は、2018 年に独自のブロックチェーンに移行しました。この動きは、ブロックチェーン技術における TRX の独立性と革新性を強調しました。

重点分野:
Tron は主に分散型エンターテイメントとマルチメディア アプリケーションに焦点を当てています。コンテンツ クリエイターが従来のメディア配信チャネルを経由せずに、消費者に製品を直接販売できるプラットフォームを提供します。このモデルはクリエイターの収益性を高めるだけでなく、ユーザーのアクセシビリティも向上させます。さらに、Tron はブロックチェーン ベースのゲームやカジノ ギャンブルの分野にも積極的に関与しており、エンターテイメントとゲームの体験方法の限界を押し広げています。

検証システム:
このネットワークは、ビットコインなどのネットワークで使用されている従来のプルーフオブワークシステムよりもエネルギー効率が高く、高速であることで知られる委任型プルーフオブステーク (DPoS) 検証システムを採用しています。このシステムにより、ゲームやマルチメディア アプリケーションで必要なリアルタイムのやり取りに不可欠な、優れたスケーラビリティと高速なトランザクション速度が実現します。

投資の可能性:
強力な市場パフォーマンス、革新的なブロックチェーンソリューション、分散型デジタルエンターテインメントのようなニッチでありながら急成長している分野への注力の組み合わせにより、Tron は暗号通貨ポートフォリオの多様化を目指す投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

ブロックチェーン技術を通じてデジタル コンテンツ市場を変革するという Tron の取り組みにより、同社はインターネットの継続的な進化における重要なプレーヤーとなり、ブロックチェーン分野での継続的な成長と関連性に向けて有利な立場に立っています。

リップル(XRP)

リップルは、年初来のパフォーマンスが 19.25% 減少したにもかかわらず、274 億 3,000 万ドルという堅調な時価総額で際立っています。2012 年にクリス・ラーセンとジェド・マケーレブによって設立されたリップルは、暗号通貨業界における革命的なプレーヤーとしての地位を確立しています。

革新的な決済ネットワーク:
Ripple は、国際銀行間金融通信協会 (SWIFT) などの従来の金融ネットワークに代わる分散型デジタル決済ネットワークとして Ripple Labs によって開発されました。効率性で知られる Ripple のネットワークは、中央集権的な仲介者を必要とせずに、迅速 (取引は 5 ~ 7 秒以内に確認) で低コストのピアツーピア (P2P) 金融取引を実現するように設計されています。

技術的利点:
リップルの重要なイノベーションの 1 つは、コンセンサス プロトコルです。これは、より一般的なプルーフ オブ ワーク (PoW) やプルーフ オブ ステーク (PoS) メカニズムとは異なります。このプロトコルにより、より迅速で安価な取引が可能になり、リップルは特にグローバルな決済ネットワークにとって魅力的なものとなっています。リップルは、そのテクノロジーがスピード、コスト、透明性の点で SWIFT システムを上回っていると主張しています。

法的な動向と市場への影響:
リップルネットワークのネイティブ暗号通貨であるXRPは、2024年7月に、一定の条件下では暗号通貨は「必ずしも証券ではない」という司法判断が下され、SECの規制の一部から免除される可能性があることが示唆されたことで、大きな後押しを受けました。この決定はリップルにとって極めて重要な瞬間となり、効率的で規制に準拠した金融技術を求める投資家やユーザーにとっての魅力を高めました。

現在の市場パフォーマンス:
リップルの XRP は現在 0.5 ドルで販売されており、流通量は最大 1,000 億トークンのうち 552.3 億トークンです。同社の技術が大手金融機関や国際銀行に広く採用されていることは、同社が分散型金融サービス分野における重要なプレーヤーとしての地位を固めていることを物語っています。

リップルは、世界的な金融取引の近代化における役割と、取引検証に対する独自のアプローチにより、特に従来の暗号資産を超えて多様化を目指す人々にとって、暗号通貨市場における魅力的な投資機会となっています。

カルダノ(ADA)

カルダノは、191億ドルという堅調な時価総額を誇り、暗号通貨市場の主要プレーヤーとして台頭してきました。カルダノは「第3世代の暗号通貨」として称賛されることが多く、ビットコインやイーサリアムなどの従来のブロックチェーンシステムよりも効率的な代替手段として開発された、先駆的なプルーフオブステーク(PoS)ブロックチェーン技術で知られています。

革新的なブロックチェーンソリューション:
2017年にイーサリアムの共同創設者チャールズ・ホスキンソンによって設立されたカルダノは、ブロックチェーンの機能と信頼性の向上に注力することで他とは一線を画しています。カルダノはdAppと検証可能なスマートコントラクトの開発をサポートし、これらのアプリケーションに好まれるプラットフォームになることを目指しています。カルダノの主要暗号通貨であるADAトークンは、取引を容易にするだけでなく、ユーザーがステーキングに参加できるようにします。このプロセスは、ネットワークのセキュリティ保護と取引の検証に役立ち、参加者に追加のADAが報酬として与えられます。

最近の動向と市場の動向:
年初来のパフォーマンスが27%低下したにもかかわらず、Cardanoは回復力と継続的な改善への取り組みを示してきました。この取り組みは、2023年9月に行われたCardano Vasilハードフォークで強調され、ブロックチェーンの効率性とスケーラビリティにいくつかの機能強化が導入されました。今後のCardano Changハードフォークでは、さらなる革新と改善がもたらされると期待されています。

戦略的立場と将来の展望:
広範なピアレビュープロセスを含む、Cardano の系統的かつ研究主導の開発アプローチは、ブロックチェーン分野で独自の地位を確立しています。Cardano は、機能とユーザー採用の点で Ethereum に匹敵するだけでなく、潜在的に Ethereum を上回ることを目指しています。

市場パフォーマンス:
現在、価格は 0.43 ドルで、流通量は最大 450 億 ADA のうち 356.4 億 ADA であり、Cardano は分散型アプリケーションとスマート コントラクト テクノロジーの将来に関心のある人にとって依然として重要な投資の選択肢です。1 年間の収益率が 52% であることは、最近の市場の課題にもかかわらず、堅実な投資としての可能性を強調しています。

カルダノは、高度なブロックチェーン技術、戦略的開発、持続可能性と拡張性への重点を組み合わせた、暗号業界で傑出したプロジェクトであり、革新的で将来性のあるデジタル資産を求める投資家にとって有望な存在です。

チェーンリンク (LINK)

Chainlink は、時価総額 100 億ドルで暗号通貨業界で際立っています。Sergey Nazarov と Steve Ellis によって共同設立された Chainlink は、さまざまなブロックチェーン プラットフォームにわたるスマート コントラクトへの現実世界のデータの統合を促進することで、ブロックチェーン エコシステムにおいてユニークかつ重要な役割を果たしています。

コア機能とイノベーション:
Chainlink は分散型オラクル ネットワークを通じて運営されており、これにより、信頼性の高い現実世界のデータをブロックチェーン ベースのスマート コントラクトに提供するように、世界中のコンピューター ネットワークにインセンティブが与えられます。このデータは、資産価格や気象条件から金利まで多岐にわたり、スマート コントラクトが効果的に機能するために外部データを必要とすることが多いブロックチェーンの世界の大きなギャップに対処します。Chainlink の革新的なアプローチには、オラクルと呼ばれるデータ プロバイダーにインセンティブを与え、ブロックチェーン スマート コントラクトと外部データ ソースの橋渡し役を務めることが含まれます。

技術の進歩と市場への影響:
2019 年 5 月に稼働を開始した Chainlink のメインネットは、開発者が分散型 Oracle ネットワークを構築できるようにするために極めて重要な役割を果たしてきました。最近の技術的進歩には、Chainlink クロスチェーン相互運用性プロトコル (CCIP) の導入が含まれ、これによりプロトコルの収益源が強化され、クロスチェーン インフラストラクチャへの機能が拡張されます。さらに、Chainlink Functions は、Web2 API をスマート コントラクトに統合するサーバーレス開発者プラットフォームであり、Chainlink の提供内容の大きな進歩を示しています。

最近の動向と投資家の関心:
Chainlink Staking v0.1 のリリースと SCALE イニシアチブは、Chainlink の堅牢なエコシステムと投資家の間での人気の高まりに貢献した注目すべき成果です。2024 年現在、Chainlink は時価総額上位 20 位の暗号通貨の 1 つとして認められており、暗号通貨ポートフォリオにおけるその重要性と多様化の可能性を反映しています。

市場での地位と投資の可能性:
Chainlink は現在、最大供給量 10 億 LINK のうち 5 億 8,709 万 LINK で 13.2 ドルで販売されており、引き続き魅力的な投資先となっています。年初来の変動率 -11.5% は、暗号通貨市場に特有のボラティリティを反映していますが、ブロックチェーン アプリケーションと外部世界をつなぐ架け橋としての戦略的重要性が損なわれることはありません。

分散型オラクル サービスのプロバイダーとしての Chainlink のユニークな立場は、ブロックチェーン インフラストラクチャの不可欠な部分となり、より広範な暗号通貨エコシステムにおける重要な役割により、大きな投資の可能性を提供します。

ポルカドット (DOT)

ポルカドットは、現在の時価総額が約97億ドル、1年間の収益率が21%で、暗号通貨市場における主要な勢力としての地位を確立しています。イーサリアムの共同創設者であるギャビン・ウッドによって設立されたポルカドットは、さまざまなブロックチェーンをシームレスに接続して通信できるようにするという野心的な目標を掲げて2020年に立ち上げられました。

革新的な技術と開発:
Polkadot は革新的なマルチチェーン アーキテクチャで有名で、これには独自のパラチェーン (Polkadot エコシステム内で並行して動作する個別のブロックチェーン) が含まれます。これらのパラチェーンは作成者がカスタマイズでき、メインの Polkadot チェーンの堅牢なセキュリティを共有することで、プライマリ ネットワークの処理負荷を大幅に軽減します。Polkadot のネットワークはクロスチェーン データ転送も容易にし、Ethereum や Bitcoin などの主要なブロックチェーン間の相互運用性を高めます。

スケーラビリティとセキュリティの進歩:
このプロトコルは、指名プルーフオブステーク (NPoS) コンセンサス方式を採用しており、指名者がバリデーターを支援して、ネットワークの整合性とセキュリティを強化します。最近の技術的進歩には、スケーラビリティと効率性の向上のための非同期バックアップが含まれます。さらに、Join-Accumulate Machine (JAM) グレーペーパーと Acala Network の Sinai アップグレードは、ブロックチェーンのパフォーマンスとガバナンスを強化することを目的とした注目すべき取り組みです。

コミュニティと教育の取り組み:
Polkadot は、技術面だけでなく、教育および開発の取り組みを通じても Web3 エコシステムをサポートすることに尽力しています。この取り組みは、Web3 コホートのための Founder Institute との提携や、Moonbeam Network でのコミュニティ重視の Odyssey プログラム トライアルに表れています。このような取り組みは、ブロックチェーン分野におけるイノベーションの促進と新しいスタートアップの支援における Polkadot の役割を強調しています。

戦略的成果と今後の展望:
Polkadot は創業以来、DeFi ソリューションとシームレスなネットワーク移行の最前線に立ち続けており、KILT Protocol の Polkadot Relay チェーンへの移行などのプロジェクトで実証されています。過去の成功と継続的な開発により、Polkadot は暗号通貨業界でトップクラスの実績を残し、キープレイヤーであり続け、革新的なブロックチェーン技術と急成長する Web3 分野への参入を求める投資家に大きなチャンスを提供しています。

ポリゴン(MATIC)

2017年にMatic Networkとして設立されたPolygonは、時価総額79億ドルで暗号通貨市場で際立っています。同社は、Ethereum互換ブロックチェーンのスケーラビリティと相互運用性の向上において、依然として重要な役割を果たしています。

技術の進歩とネットワークの成長:
Polygon の主な使命は、Ethereum のスケーラビリティ問題を解決することです。同社は、指名プルーフ オブ ステーク (NPoS) コンセンサス方式を使用した独自のマルチチェーン アーキテクチャを通じてこの課題に取り組んでいます。この方式は、トランザクションのセキュリティを確保するだけでなく、高いスループットと低いトランザクション コストを保証するため、開発者にとって魅力的なプラットフォームとなっています。Polygon は、独自のレイヤーでオフチェーンのトランザクションを処理し、それを Ethereum にバッチ処理することで Ethereum ネットワークをサポートし、混雑と手数料を大幅に削減します。

最近の開発とエコシステムの拡大:
Polygon の重要なイノベーションの 1 つは、セキュリティを損なうことなくスケーラビリティを強化するメカニズムである非同期バックアップです。このプラットフォームは、クロスチェーン機能とコミュニティ ガバナンスを強化することを目的とした Acala Network の Sinai アップグレードなどの主要なアップグレードも統合しています。さらに、コミュニティ構築と Web3 教育に対する Polygon の取り組みは、Founder Institute とのパートナーシップや、Moonbeam Network による Odyssey Program Trials などの取り組みに表れています。

市場パフォーマンスと将来の見通し:
年初来で価格が 31.3% 下落したにもかかわらず、Polygon は総ロック価値 (TVL) が 9 億 8,760 万ドルと強力な地位を維持しており、TVL では Arbitrum に次いで 2 番目に大きいレイヤー 2 ネットワークとなっています。Polygon の継続的な開発と主要なレイヤー 2 スケーリング ソリューションとしての役割は、ブロックチェーン コミュニティ内での将来の成長と採用拡大の可能性を浮き彫りにしています。

Polygon 2.0 以降:
近々リリースされる Polygon 2.0 により、プラットフォームは技術的能力と市場への影響をさらに高めることになります。この次のフェーズでは、流動性、セキュリティ、ユーザー エクスペリエンスの向上を目指し、動的で堅牢なエコシステムの構築に向けた Polygon の取り組みを確固たるものにしています。

Polygon の革新的なソリューションと Ethereum エコシステムの強化に向けた戦略的重点により、Polygon は 2024 年のトップ アルトコインとして位置付けられ、高度なブロックチェーン機能と向上したユーザー エクスペリエンスを求める投資家やユーザーにとって有望です。

BNB(BNB)

BNB の時価総額は 499 億ドルと大きく、1 年間の収益率は 12% です。もともと Ethereum ネットワーク上のユーティリティ トークンとして開始された BNB は、Binance 独自のブロックチェーンである Binance Chain に移行し、大きく進化しました。

実用性と機能性:
BNB は Binance エコシステム内でさまざまな機能を果たしますが、最も顕著なのは Binance 取引所での取引手数料の割引をユーザーに提供する点です。その有用性は手数料の削減にとどまらず、Binance プラットフォーム全体で幅広い取引を促進します。

トークノミクスと市場ダイナミクス:
BNB の経済モデルのユニークな点は、トークン バーン メカニズムです。このメカニズムでは、検証されたトランザクション ブロックごとに BNB トークンが自動的にバーンされます。このアプローチは、時間の経過とともに BNB の総供給量を減らすように設計されており、供給量の減少によりその価値が上昇する可能性があります。

規制上の課題:
6月5日に米国証券取引委員会(SEC)がバイナンスを証券法違反で訴えた法的課題を受けて、BNBは2023年に若干のボラティリティを経験した。この訴訟は、規制措置に対する暗号通貨市場の敏感さを反映し、BNBの市場パフォーマンスに影響を与えた。

現在の状況と今後の見通し:
こうした課題にもかかわらず、BNB は依然として暗号通貨市場の堅固な構成要素であり、取引量で世界最大の暗号通貨取引所の運営に不可欠な存在です。その継続的な有用性とトークンバーンによる戦略的供給管理は、将来が堅調であることを示唆しています。

BNB は急速に変化する暗号通貨環境の中で適応し進化し続けており、幅広い実世界での応用が可能なユーティリティ トークンへのエクスポージャーを求める投資家にとって、依然として重要な資産となっています。

アバランチ(AVAX)

Avalanche は時価総額 140 億ドルを誇り、暗号通貨市場における主要なアルトコインの 1 つとしての地位を固めています。2020 年秋に創設者の Maofan "Ted" Yin、Kevin Sekniqi、Emin Gun Sirer によって立ち上げられた Avalanche は、競争の激しいブロックチェーン分野で急速に頭角を現しました。

革新的な機能とブロックチェーンの効率性:
Avalanche はレイヤー 1 ブロックチェーンとして動作し、機能は Ethereum に似ていますが、契約機能に独自の革新性があります。Avalanche Consensus という特別なコンセンサス方式で有名で、PoS (プルーフ オブ ステーク) システムと連携して機能します。この統合により、エネルギー効率が重視されるだけでなく、ネットワークのスケーラビリティも向上し、従来のプルーフ オブ ワーク システムと比較してエネルギー消費を抑えながら、より多くのトランザクションを処理できるようになります。

市場パフォーマンスとエコシステムの成長:
スケーラブルで効率的なブロックチェーン ソリューションを提供できる Avalanche の能力は、同社の急速な普及と市場シェアの拡大に重要な役割を果たしてきました。このブロックチェーンの設計は、古いブロックチェーン システムでよく見られる制限のない分散型アプリケーションの構築を目指す開発者にとって特に魅力的です。

戦略的ポジショニングと将来の展望:
高度なテクノロジーと拡大するエコシステムを備えた Avalanche は、成長軌道を継続する好位置にいます。ガバナンス、ステーキング、エネルギー効率の組み合わせに重点を置いたブロックチェーンは、デジタル資産分野の開発者と投資家の両方にとって魅力的な選択肢となります。

Avalanche は、高性能でスケーラブル、かつエネルギー効率に優れたブロックチェーンを維持することに注力しており、持続可能で効果的な暗号通貨ソリューションに向けた世界的な動きにおいて注目すべき存在となっています。

ドッグウィフハット (WIF)

Dogwifhat (WIF) は時価総額が 30 億ドルで、実用性よりもミームとしてのステータスを主に特徴とする、仮想通貨市場のユニークな側面を表しています。2023 年 12 月に匿名で開始された Dogwifhat は、主にその投機的な魅力によって仮想通貨コミュニティを魅了しました。

市場の動向とコミュニティの関与:
Dogwifhat は基本的に投機的な価値に基づいて運営されており、その成功はコミュニティの関与と市場動向の気まぐれに大きく依存しています。特定の技術または経済アプリケーションを基盤とする他の暗号通貨とは異なり、Dogwifhat は、ソーシャル メディアの影響とコミュニティ主導のキャンペーンを重視するミーム コインの文化で成長しています。

価格変動と影響力のある上場銘柄:
Dogwifhat は設立以来、大幅な価格変動を経験してきました。価格が著しく上昇したのは 2024 年 2 月下旬で、0.30 ドルから 2024 年 3 月 31 日には最高 4.85 ドルまで上昇しました。この劇的な上昇は、大手暗号通貨取引所 Binance への上場によって大きく促進され、知名度と取引量が増加しました。

今後の見通しと市場心理:
Dogwifhat の価値の軌道は、コミュニティのサポートの強さと、ミームコインに対するより広範な市場感情に密接に結びついています。暗号通貨市場の現在の強気な傾向と強力なコミュニティの支援を考えると、Dogwifhat の価格がさらに上昇する可能性があると予想されています。

Dogwifhat は、暗号通貨市場の特定のセグメントの投機的な性質を例示しています。このセグメントでは、価値は固有の有用性からではなく、コミュニティの関与と市場感情から生まれます。このコインは、暗号通貨業界内で引き続き注目と投機を集めている、ミームベースのデジタル資産の不安定でありながら興味深い性質を浮き彫りにしています。

アービトラム(ARB)

時価総額30億ドルのArbitrumは、暗号通貨業界で最も有望なアルトコインの1つとして際立っています。2020年に開始されたArbitrumは、特にEthereumのShapellaアップグレード以降、大幅な成長を遂げています。

革新的なロールアップ技術:
Arbitrum は、高度なロールアップ技術を利用して、Ethereum の効率性とスケーラビリティを強化します。複数のトランザクションを 1 つのバッチにまとめてオフチェーンで処理し、Ethereum メインネットに報告することで、Arbitrum は Ethereum ネットワークの負荷を大幅に軽減し、トランザクション速度を向上させ、ガス コストを削減します。この技術は、高いトランザクション スループットを必要とするアプリケーションに特に有効です。

Ethereum 仮想マシン (EVM) の互換性:
Arbitrum の主な強みの 1 つは、Ethereum Virtual and Machine (EVM) との完全な互換性です。これにより、開発者が Ethereum から分散型アプリケーション (dApps) を移行するプロセスが簡素化されます。この互換性により、コードの変更は最小限で済むため、大幅な再開発を行わずに拡張性を高めたい開発者にとって、Arbitrum は魅力的な選択肢となります。

市場ポジションと将来展望:
上位 35 の暗号通貨にランクされている Arbitrum の影響力の拡大は、ユーザーベースの拡大と、コンテンツ配信や分散型金融 (DeFi) など、さまざまな分野への応用によって裏付けられています。これらのアプリケーションは、Arbitrum の汎用性と、ブロックチェーン上で複雑で需要の高いアプリケーションをサポートする能力を実証しています。

拡大と業界への影響:
アルトコイン市場におけるプラットフォームの重要性の高まりと、将来の拡大に対する楽観的な見通しは、ブロックチェーン技術の拡張性と効率性の向上におけるリーダーとしての地位を確固たるものにしています。Arbitrum は、継続的な成長と革新を約束し、暗号通貨コミュニティで引き続き注目を集めています。

ブロックチェーンのスケーラビリティ ソリューションを推進する Arbitrum の役割は、特に Ethereum エコシステム内でより効率的なソリューションを求める人々にとって、暗号通貨分野の継続的な進化における重要なプレーヤーとしての地位を確立しています。

ドージコイン (DOGE)

Dogecoin の時価総額は 235 億 5,000 万ドルです。2013 年に Billy Markus 氏と Jackson Palmer 氏によって最初に導入された Dogecoin は、人気の「Doge」ミームを基にした遊び心のある実験として始まり、すぐに強力で活発なコミュニティを持つ暗号通貨へと進化しました。

文化的影響とコミュニティの関与:
Dogecoin は暗号通貨の世界で独自の地位を築き、慈善活動やチップ文化の代名詞となっています。これらの取り組みは、Dogecoin を他のデジタル通貨と差別化するだけでなく、忠実なファンを育ててきました。コミュニティの強さは、特に市場全体の急騰時にコインの価値を高める重要な要素です。

市場の動向と有名人の影響:
ドージコインは当初はジョークとして始まりましたが、著名人からの支持を得て、決済手段としての実用性を見出すこともあります。特に、イーロン・マスクは公の場での支持を通じてドージコインの市場価格に大きな影響を与えました。テスラがドージコインを決済手段として受け入れるというマスクの発表は、著名人の関与がいかに関心と採用を刺激するかを示す好例です。

将来の展望と市場での位置づけ:
2024 年 6 月を見据えると、暗号通貨市場全体のポジティブな感情と、ドージコインの強力なコミュニティ サポートが相まって、価値がさらに上昇する可能性が示唆されます。ミーム コインとして始まったにもかかわらず、ドージコインの永続的な人気と取引における時折の有用性は、暗号通貨業界におけるその持続力を示しています。

Dogecoin は、その気楽な始まりと真剣なコミュニティ活動および慈善活動の融合により、暗号通貨の世界で魅力的な側面を形成し、そのユニークな文化的足跡に興味をそそられるベテラン投資家と新規参入者の両方を魅了し続けています。

レンダリング (RNDR)

RenderToken (RNDR) の時価総額は 30 億ドルで、デジタル グラフィックス業界で大きな力を持っています。2017 年に設立された RNDR は、従来のスタジオや独立系アーティストが時間と費用がかかると感じることが多い、高品質のコンピューター グラフィックス レンダリングに対する高まるニーズを満たすために開発されました。

業界の課題への対応:
RNDR は、スタジオ、ビデオ ゲーム開発者、メタバース アーキテクト、モーション グラフィックス アーティストが複雑なグラフィックスのレンダリングにかかる時間とコストを大幅に削減できるようにする分散レンダリング ネットワークを提供します。このサービスは、特にメタバースの台頭とデジタル エクスペリエンスの強化により、一流の 3D アセットの需要が高まるにつれて、ますます重要になっています。

市場の動向と採用:
RNDR の採用は、さまざまな業界での実用的なアプリケーションによって推進されてきました。映画スタジオは制作スケジュールを短縮でき、ビデオ ゲーム開発者は法外なコストをかけずにグラフィックの忠実度を高めることができ、メタバース クリエイターは没入型環境をより効率的に構築できます。これらの分野における RNDR の有用性は、分散ネットワーク リソースの効率的な使用によって強化され、より迅速でコスト効率の高いレンダリング プロセスを可能にします。

将来の展望と技術統合:
2024 年 6 月までを見据えると、RNDR の価値が上昇する可能性は、その有限な供給と高まる需要の両方によって支えられています。このトークンが新興の 3D デザインおよびメタバース プラットフォームに統合されていることから、その関連性と有用性は拡大する一方であることが示唆されます。これらのデジタル領域がより洗練され、普及するにつれて、RNDR はデジタルおよび仮想グラフィックスの将来の展望を形成する上で重要な役割を果たす立場にあります。

市場における戦略的ポジション:
RNDR は単なるレンダリング ツールではありません。次世代のデジタル メディア制作と仮想世界の作成をサポートするのに必要なインフラストラクチャの基本コンポーネントになりつつあります。RNDR が新しいプラットフォームに継続的に採用され、統合されれば、RNDR はデジタル グラフィックスとメタバースの分野で欠かせない資産となり、急成長を遂げている 3D テクノロジーの分野で注目すべきキー プレーヤーとなるでしょう。

結論

まとめると、2024 年のトップ アルトコインのダイナミックな状況は、有望な投資機会の豊かなタペストリーを提供します。イーサリアム、リップル、ソラナ、カルダノ、チェーンリンク、ポリゴンなどの暗号通貨はそれぞれ独自の機能と可能性をもたらし、投資家と愛好家の両方を魅了します。暗号通貨市場が進化し続ける中、これらのアルトコインは回復力と革新性だけでなく、金融環境を変革する力も示し、分散型金融革命の中心的なプレーヤーとしての地位を確立しています。

これらのアルトコインは、技術の進歩、変化する市場動向、コミュニティガバナンスの強化によって、将来に向けて説得力のある物語を紡ぎ出しています。投資家と市場参加者は、警戒を怠らず、綿密な調査を行い、2024年にこれらの主要なアルトコインがもたらす機会を活用することをお勧めします。暗号通貨の領域をさらに深く掘り下げていくと、この変化し続ける環境に関与し、乗り越える準備ができている人々を魅了する、刺激的な開発と機会が目の前に広がっています。

bottom

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン

Ready to Get Started?

Create an account and start accepting payments – no contracts or KYC required. Or, contact us to design a custom package for your business.

Make first step

Always know what you pay

Integrated per-transaction pricing with no hidden fees

Start your integration

Set up Plisio swiftly in just 10 minutes.