リップル (XRP): 銀行に優しいデジタル資産

リップル (XRP): 銀行に優しいデジタル資産

テクノロジーの進歩により効率が大幅に向上し、急速に進化する世界的な金融環境において、送金プロセス、特に国境を越えた支払いでは依然として煩雑で高価なままです。この非効率性は、金融システム内の時代遅れの方法と、決済ネットワーク間のシームレスな通信の欠如に起因しています。

1973 年に発足した世界銀行間金融通信協会 (SWIFT) は、メッセージング ネットワークを介して銀行間の国際決済サービスを長年提供してきました。支払いは容易になりますが、取引の清算や決済は行われないため、第三者の介入が必要になります。長年にわたり、SWIFT 支払いに必要な複数のトランザクション層が非効率を引き起こしてきました。

ここでXRPとリップルのテクノロジーが活躍します。 2013 年に開始された XRP は、取引を閉鎖的な金融機関のデータベースからよりオープンなインフラストラクチャに移行することで、従来の支払い方法を補完するように設計されました。 XRPは、ビットコインの後に登場したより野心的な暗号通貨の1つとして、そのユニークなデザインで際立っており、ブロックチェーンアーキテクチャとその潜在的なアプリケーションについての議論を引き起こし続けています。

XRPによって導入されたXRP Ledgerは、ブロックチェーンのトランザクションおよび記録システムを管理するための新しいアプローチを提供します。その支持者らは、これにより、送金に関する厳格な法律を遵守しなければならない規制対象団体にとって、この制度がより適したものになると主張している。ビットコインのオープン検証システムとは異なり、XRP Ledger では、承認された参加者のみがトランザクションを検証し、ソフトウェアを保護することができます。さらに、ノードは台帳の維持のためにXRPを獲得しないため、存在する1,000億XRPはすべてローンチ時に作成され、ギフトやオンライン景品を通じて個人、企業、一般大衆に配布されました。

リップルが実証したように、ブロックチェーン技術は、より速く、より手頃な価格で、効率的な国境を越えた支払いと送金を可能にすることで、SWIFTのような従来の金融プロセスの非効率性に対処します。

リップルとは何ですか?

2012 年に設立されたリップルは、ビットコインやイーサリアムなどの他のデジタル通貨とは一線を画す、暗号通貨の世界でユニークなプレーヤーです。グローバルなデジタル ネットワークとして、リップルは銀行やその他の金融機関の金融送金を合理化するように設計されています。分散型コミュニティモデルで運営される多くの仮想通貨とは異なり、リップルとその仮想通貨XRPは単一の企業によって所有されており、リップルは従来の通貨の代替というよりも、SWIFTのような従来の金融インフラサービスの競合相手として位置付けられています。

リップルのイノベーションの中心となるのは、仲介通貨として機能するために作成された暗号通貨である XRP で、他の暗号通貨から法定通貨に至るまで、さまざまな価値単位にわたる世界貿易を促進します。 2023 年 7 月時点で時価総額は約 420 億ドルと推定されており、XRP は世界で最も価値のある暗号通貨の 1 つです。 XRP の特徴はそのトランザクション効率です。平均トランザクションにかかる時間は約 3 ~ 5 秒で、手数料は 1 セント未満であり、従来の送金システムに代わるより速く、より安く、より安全な代替手段となります。

リップルのテクノロジーも他の仮想通貨とは大きく異なります。これはブロックチェーン上で動作せず、XRP の新しいユニットの鋳造やトランザクションの検証のためにマイニングに依存しません。代わりに、 HashTreeと呼ばれる独自のコンセンサス メカニズムでサーバーを検証します。これらのサーバーは個人または機関によって運営され、取引情報を共通の台帳と比較し、台帳のデータから得られる単一の値を比較することで合意に達します。このプロセスにより、リップルのトランザクションはエネルギー効率が高く、高速で、コスト効率が高くなります。

リップルのデフォルトのリストには、35 を超える信頼できるノードを含む 150 を超えるバリデータが含まれており、ネットワークの整合性を維持する上で重要な役割を果たします。 Ripple は、35 以上の信頼できる検証ノードのうち 6 つを提供して、どのバリデーターをこのリストに追加するかを決定します。このコンセンサス プロトコルでは、1 秒あたり最大 1,500 件のトランザクション速度が可能であり、大手銀行、送金サービス、決済プロバイダーにとって非常に魅力的です。

他の暗号通貨とは異なり、XRPはマイニングによって作成されません。代わりに、1,000 億の XRP トークンが事前に作成され、定期的に一般公開されます。リップルは XRP の 4% 以上を所有しており、仮想通貨のサポートと促進における同社の既得権益を確保しています。 XRPトークンの約半分は将来の市場販売のために予約されています。

開発者は、イーサリアムブロックチェーンと同様に、XRP Ledger 上に構築し、支払いを製品に統合し、Ledger の高いトランザクション能力を利用できます。リップルの仮想通貨と取引検証に対する革新的なアプローチは、金融業界で際立っており、世界的な金融取引のためのより効率的なソリューションを提供します。

XRPとは何ですか?

リップルの暗号通貨トークンであるXRPは、その独自の役割と作成の歴史により、デジタル通貨の分野で傑出しています。他の暗号通貨とは異なり、XRP には特異な著名な作成者がいません。代わりに、それは、その創設とその基礎となるテクノロジーに貢献した、影響力のある技術者とビジネスマンのグループの発案です。

XRP開発の主要人物には、最初に成功したビットコイン取引所であるMt.Goxの創設者として知られるJed McCaleb氏や、XLM暗号通貨の背後にあるソフトウェアであるStellar氏が含まれます。 McCaleb は、XRP Ledger の斬新な技術設計で特に高く評価されています。彼の隣には、E-LOAN と Prosper の創設者としてフィンテックの世界で著名な人物であるChris Larsenがいます。彼は現在リップルとして知られる OpenCoin の初期段階でも重要な役割を果たしました。

XRPのテクノロジーへの他の重要な貢献者には、ビットコイン・コアの元貢献者でリップルの元CTOであるステファン・トーマス、オリジナルのリップルホワイトペーパーの共著者で現リップルCTOであるデビッド・シュワルツ、およびホワイトペーパーのもう一人の共著者であるアーサー・ブリットが含まれます。オリジナルのリップルホワイトペーパー。これらの個人が集合して XRP の基礎と進化を形成しました。

XRP の主な機能は、低コスト、トラストレス、即時の国境を越えた資金送金を促進することです。これはブリッジ通貨として機能し、金融機関に暗号通貨と法定通貨の両方を交換する費用対効果の高い方法を提供します。その革新的な使用例にもかかわらず、資産ブリッジングにXRPに依存している金融機関は、主に仮想通貨のボラティリティによるリスクに直面しており、安定した交換単位としての適合性に影響を与える可能性があります。

しかし、リップルは一貫してXRPの利点、つまり最小限の取引手数料と迅速な決済時間を強調してきました。ネットワークでは、標準的な取引に 0.00002 XRP という微量の取引コストが必要です。また、XRP は優れた拡張性を誇り、1 秒あたり最大 1,500 のトランザクションを処理し、カーボンニュートラルでエネルギー効率が高いこともその魅力を高めています。

XRP の特徴は、プロジェクトの公開開始前に多くのトークンが作成され、プレマイニングされていることです。このアプローチは、プロジェクトの創設者、開発者、初期の投資家に報酬を与えるために採用され、XRPの流通と所有構造を他の暗号通貨と区別しました。これらの先見の明のある創設者の協力的な取り組みと戦略的な設計の選択により、XRP はデジタル通貨の分野、特に世界的な金融取引の分野で重要なプレーヤーとしての地位を確立しました。

リップルネット

分散型グローバル ネットワークである RippleNet は、リップルの高度なテクノロジーを通じて銀行と決済プロバイダーを統合します。このネットワークにより、金融取引の効率的なメッセージング、清算、決済が容易になります。 RippleNet の主要コンポーネントには、金融セクター向けに調整された一連の製品が含まれます。

そのような製品の 1 つであるxCurrent は、銀行の既存のインフラストラクチャ内に統合できるように特別に設計されています。その主な機能は、国境を越えた支払いのリアルタイムでコスト効率の高い処理を可能にし、国際取引の効率を高めることです。このソフトウェアは、世界の銀行部門におけるより高速で信頼性の高い決済システムに対するニーズの高まりに対応しています。

リップルのもう 1 つの注目すべき製品は、金融機関の流動性管理に革命を起こすことを目的としたxRapidです。 xRapid は、オンデマンドの流動性を提供することで流動性コストを削減し、国際取引における顧客エクスペリエンスを大幅に向上させます。このソリューションは、グローバル金融における主要な課題の 1 つである目的地通貨での事前資金口座の必要性に対処します。

リップルのxVia製品は、ネットワークの機能をさらに拡張します。これにより、銀行や企業は、統一された標準インターフェイスを通じてさまざまなネットワークを介して国際的な支払いを送信できるようになり、国際取引のプロセスが簡素化されます。 xVia は多用途性と使いやすさにより、世界貿易に携わる企業にとって魅力的な選択肢となっています。

その影響力と有効性が増大している証拠として、RippleNet は 100 を超えるグローバル メンバーのネットワークを築き上げています。これには、米国のサンタンデール銀行 NA、カナダのカナダ帝国商業銀行 (CIBC)、インドのコタック マヒンドラ銀行などの著名な金融機関が含まれます。これらの主要企業が含まれていることは、リップルネットの信頼性と世界の金融コミュニティで獲得した信頼を強調しています。

RippleNet の傘下にある xCurrent、xRapid、xVia の組み合わせは、世界的な金融インフラの改善に対する Ripple の取り組みを示しています。取引速度、コスト、流動性管理などの重要な問題に取り組むことで、RippleNet は国際的な銀行業務と金融の未来を形作る上で極めて重要なプレーヤーとしての地位を確立しています。

世界の金融市場への潜在的な波及効果

リップルは、従来の銀行および金融システムに代わる画期的な手段を提供し、国際決済および送金セクターを大きく破壊する準備ができています。確立された SWIFT ネットワークに取って代わる可能性は、迅速でコスト効率の高いトランザクションを促進する能力にあります。

個人の個人顧客ではなく、主に企業や金融機関をターゲットにしたリップルの戦略的取り組みは、金融業界の状況を再構築しています。 2019年、同社は仮想通貨取引に熱心に取り組む企業顧客向けに設計されたプラットフォーム「流動性ハブ」を発表した。このハブは、取引所、マーケットメーカー、店頭 (OTC) 取引デスクなど、幅広いソースからのデジタル資産への合理的なアクセスを提供します。リップルはその立ち上げ以来、集約された流動性プールへのアクセスを可能にし、取引所とOTCデスクのネットワークを通じて価格設定を最適化してきました。

さらに、リップルは包括的なデジタル資産管理システムを開発しました。このシステムは、効率的な管理、取引、レポートを行うためのエンタープライズレベルのダッシュボードを備えています。これは、金融分野での革新に対するリップルの取り組みを反映し、急成長するデジタル資産の世界と従来の法定通貨との間のギャップを埋めるものです。

暗号通貨市場が分散型金融( DeFi )、非代替トークン(NFT)、 メタバースなどの分野に多様化するにつれて、リップルのエコシステムもそれに応じて適応しつつあります。同社は、 NFTの発行、 スマートコントラクトの実装、他のプラットフォームとのシームレスな統合を確保するためのフェデレーションサイドチェーンの作成に焦点を当てたプロジェクトを積極的に開発しています。これらの新興セクターへの取り組みを実証するために、リップルは、XRP Ledger上でプロジェクトを鋳造するNFTクリエイターをサポートするために、2億5,000万ドルのクリエイターファンドを立ち上げました。

中央銀行デジタル通貨 ( CBDC ) への世界的な移行に伴い、リップルは CBDC アプリケーション開発のフロントランナーとしての地位を確立しています。このプラットフォームは、高度な台帳テクノロジーを活用して、CBDC の鋳造、管理、取引のための包括的なサービスを提供します。これにより、リップルは、銀行、金融機関、政府が通貨システムの進化を管理する際の頼りになるソリューションとして位置付けられます。

ただし、リップルの将来の軌道は、SEC などの規制機関による継続的な監視の結果に大きく左右されます。この精査の解決はスケジュールと影響の点で依然として不確実であり、リップルが金融界で継続的に導入され成功するための重要な要素となっています。

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン