サトシ・ナカモトのウォレットアドレス: サトシはどれくらいの BTC を所有しているのか?

サトシ・ナカモトのウォレットアドレス: サトシはどれくらいの BTC を所有しているのか?

ビットコインの匿名の生みの親であるサトシ・ナカモトは、テクノロジーと金融の世界で最も興味深い謎の1つであり続けている。デジタル取引を変革し、世界的なムーブメントを引き起こした暗号通貨を発明したにもかかわらず、ナカモトの身元とビットコインの保有量は依然として秘密に包まれている。

研究者らは、ナカモトの保有資産は60万から110万BTCとかなり多いと推定している。この推定によると、現在の市場レートに基づくと、彼の資産は約430億ドルから800億ドルとなり、彼の保有資産の莫大な価値だけでなく、暗号通貨市場への彼の大きな影響も浮き彫りになっている。

ナカモト氏の遺産の中でも最も重要なものの 1 つは、彼が 50 BTC の報酬を得るために採掘したビットコイン ブロックチェーンのジェネシス ブロックです。このトランザクションに関連付けられたウォレット アドレス「1A1zP1eP5QGefi2DMPTfTL5SLmv7DivfNa」はおそらく最も有名で、ブロックチェーン研究者の重要な焦点となっています。このウォレットは、最初のビットコイン トランザクションを送信するために使用された別のアドレス「1HLoD9E4SDFFPDiYfNYnkBLQ85Y51J3Zb1」とともに、ナカモト氏とのつながりがあることが確認されています。

これらのウォレットに価値がロックされているにもかかわらず、ナカモトがビットコインにアクセスしたり移動したりしたことを示す活動は行われておらず、彼がこれらのデジタル資産に手を付けていないことを示しています。これは、彼の人格と意図を取り巻く謎をさらに深めています。

ブロックチェーンの専門家は、暗号通貨の初期段階では、ナカモト氏がビットコインを管理するために 20,000 以上の異なるウォレット アドレスを使用していた可能性があると考えています。これらのウォレットには主に 50 BTC が含まれており、これはビットコインの最初の半減期前の採掘報酬を反映しています。現在まで、これらのウォレットは休止状態のままであり、ナカモト氏が自身の創造物に対して謎めいて最小限の関与をしていたという説得力のある物語に加わっています。

ビットコインが安全なピアツーピア決済方法、そして従来の金融インフラの代替手段として主流の金融システムに受け入れられ、統合されつつある一方で、サトシ・ナカモトの謎は依然として残っています。分散型金融システムを考案した彼の先見の明は、匿名性に包まれ、未解決の疑問が山積しているとはいえ、依然として大きな功績です。

サトシ・ナカモトのウォレットアドレス

ビットコインの謎の創始者、サトシ・ナカモトは、暗号通貨の初期の頃に極めて重要な役割を果たし、ビットコインノードの大半を自ら操作することが多かった。彼の大きな関与により、サトシは相当な数のビットコインを蓄積したと考えられており、推定では、2万以上の異なるウォレットアドレスで60万から110万BTCを保有しているとされている。

ビットコインの初期段階では、暗号技術に携わる専門コミュニティだけがブロックチェーン技術を認識していました。プライバシーに対する慎重なアプローチで知られるサトシは、アドレスの管理に独特のパターンを使用していたため、彼が管理するビットコインの正確な数やウォレットアドレスを確認することは困難でした。ブロックチェーン研究者のセルジオ・ダミアン・ラーナーは、「パトシ」パターンと呼ばれるパターンを特定しました。これは、初期のビットコインブロックのコーディング特性に基づいて、サトシに属している可能性のあるアドレスに関する洞察を提供します。

サトシのウォレット アドレスのほとんどには、初期のマイニング報酬である 50 BTC が含まれています。これらのウォレットは、ビットコイン愛好家による象徴的な寄付を除いて、ほとんど手つかずのまま残されており、彼の手つかずの財産にまつわる伝説にさらに貢献しています。以下の表は、サトシに関連していると考えられる重要なウォレット アドレスの一部を示しています。

  • 1A1zP1eP5QGefi2DMPTfTL5SLmv7DivfNa: 99.72 BTC を保有しており、ジェネシス アドレスとして有名です。
  • 12cbQLTFMXRnSzktFkuoG3eHoMeFtpTu3S: 18.44 BTC が含まれており、サトシがハル・フィニーとのユーザー間初のビットコイン取引に使用しました。
  • 1HLoD9E4SDFFPDiYfNYnkBLQ85Y51J3Zb1:残高は50.08 BTCで、推測アドレスの1つです。
  • 12c6DSiU4Rq3P4ZxziKxzrL5LmMBrzjrJX、1FvzCLoTPGANNjWoUo6jUGuAG3wg1w4YjR、1J6PYEzr4CUoGbnXrELyHszoTSz3wCsCaj などの他のアドレスは、それぞれ 50 BTC 強を保有しており、残りの保有資産と同様に非アクティブのままです。

サトシの正体とビットコインの保有量は注目を集めているものの、彼の本当の姿と保有資産の範囲は、テクノロジー界最大の謎のひとつであり続けている。匿名のままビットコインを使わないという彼の戦略的な決断は、彼の遺産にさらなる神秘性を加えており、その革新的な創造物は金融界に大きな影響を与え続けている。

サトシ・ナカモトのジェネシスウォレットアドレス

ジェネシス ウォレット アドレス「1A1zP1eP5QGefi2DMPTfTL5SLmv7DivfNa」は、ビットコインの歴史において極めて重要な位置を占めています。これは、初めて採掘された 50 BTC を受け取るために使用されたためであり、ビットコイン ブロックチェーンの誕生を象徴しています。このウォレットは、サトシ ナカモトのアドレスの中で最も象徴的なものであるだけでなく、ビットコインの基本原則のシンボルでもあります。このジェネシス ブロックのコードには、「タイムズ 2009 年 1 月 3 日 財務大臣、銀行への第 2 次救済策を目前に」というメッセージが埋め込まれており、歴史的な背景を示すだけでなく、金融仲介業者のいないピアツーピア決済システムに対するサトシのビジョンを強調しています。

現在、ジェネシス アドレスの残高は 99.72 BTC で、その価値はおよそ 730 万ドルです。興味深いことに、最初のブロックのマイニングで最初に受け取った 50 BTC は使用できません。チャールズ ホスキンソンの見解によると、この使用不可の原因は、ジェネシス ブロックのコインベース トランザクションがビットコインのグローバル トランザクション データベースに追加されなかったことにあると考えられますが、この省略が意図的なものなのか、サトシの見落としなのかは不明です。

初期のマイニング報酬に加えて、このアドレスはさまざまなビットコインユーザーから40 BTCを超える賛辞を受け取っており、匿名の作成者に対するコミュニティの尊敬を反映しています。最近では、2024年1月5日に、匿名の送信者がジェネシスウォレットに26.9 BTCという大きな金額を追加しました。

大量のビットコインが保管されているにもかかわらず、これらのビットコインは眠ったままであり、これがサトシの現在の状況に関する憶測をかき立て、多くの人が彼はもう生きていないかもしれないと示唆している。この手つかずのウォレットは、暗号通貨コミュニティ内で興味と尊敬の的であり続け、サトシ・ナカモトの謎めいた性質とデジタル金融への彼の永続的な影響を体現している。

ハル・フィニーの演説

ウォレット アドレス「1HLoD9E4SDFFPDiYfNYnkBLQ85Y51J3Zb1」は、ビットコイン ネットワーク上で 2 人の個人間で行われた最初のトランザクションに関係しているため、ビットコインの歴史の中で特別な位置を占めています。このトランザクションは、ビットコインがリリースされてからわずか数日後の 2009 年 1 月 12 日に、サトシ ナカモトがハル フィニーに 10 BTC を送信したことで行われました。これは、ビットコインがピアツーピアの分散型通貨として初めて使用され、マイナーがブロック報酬を受け取るというレベルを超えて、実際のユーザー エンゲージメントへと移行したため、重要なマイルストーンとなりました。

アメリカのソフトウェア エンジニアであり、著名な暗号学活動家でもあるハル フィニーは、ビットコインを最も早く採用した人の 1 人です。彼はサトシがビットコインをリリースした直後にビットコイン ソフトウェアをダウンロードし、すぐにテストと開発に参加しました。2009 年 1 月 11 日、ビットコイン取引を受け取るわずか 1 日前に、フィニーはビットコインについてツイートし、プロジェクトへの初期の関与と熱意を強調しました。

現在、この歴史的な取引に関連付けられたアドレスには 18.44 BTC が保管されており、その価値は約 134 万ドルです。この残高は長年にわたって徐々に増加していますが、これはおそらく、ビットコインの愛好家たちが、ビットコインの作成と開発における基礎的な役割を担ったサトシ・ナカモトとハル・フィニーの両氏に敬意を表して、このアドレスに取引を送信したためだと考えられます。

この演説は、ハル・フィニーの功績とともに、暗号通貨コミュニティを魅了し、刺激を与え続けています。フィニーは初期から深く関わっていたため、彼自身がサトシ・ナカモトではないかと推測する人もいますが、この説はほぼ否定されています。とはいえ、ビットコインの初期の歴史に対する彼の貢献は否定できず、彼の先駆的な仕事は、金融取引が世界的に行われる方法に革命的な変化をもたらす基礎を築くのに役立ちました。ブロック 170 でのサトシとフィニーの間の取引は、ビットコイン ネットワークの運用能力をテストしただけでなく、個人間の安全で信頼のない取引を可能にする暗号通貨の可能性を象徴するものでもありました。

middle

サトシ・ナカモトはビットコインをどれくらい所有しているのでしょうか?

ビットコインの謎めいた創始者、サトシ・ナカモトが所有するビットコインの正確な量を特定することは、彼が実施した匿名性と運用上のセキュリティ対策のため、依然として困難な課題です。長年にわたり、さまざまな研究者がサトシの保有量を定量化しようと試み、大きく異なる推定値を提示してきました。

著名なブロックチェーン研究者のセルジオ・デミアン・ラーナー氏は、2013年のブログ記事で、最初の36,288ブロック(約1,148,800 BTC)の約63%が、おそらくサトシと思われる単一の主体によって採掘されたと示唆した。ラーナー氏は、これらの初期のブロックの採掘活動における「パトシ」パターンと呼ばれる明確なパターンに基づいて分析を行った。このパターンは、サトシが採掘したブロックと他の者が採掘したブロックを区別する方法を提供した。ラーナー氏は、これらのビットコインは一度も使われていないため、採掘者の身元確認がさらに困難になると指摘した。

2018年のビットメックスとの共同研究を含む他の研究者によるさらなる精査により、ラーナー氏の最初の分析には限界があった可能性があることが示唆された。ビットメックスは、ハッシュレートの一貫性をサトシの採掘活動の決定的な証拠として使用することの信頼性を批判し、サトシが60万から70万BTCを保有している可能性があるという修正推定を提案した。これらの議論にもかかわらず、暗号通貨コミュニティのコンセンサスは、サトシが相当量のビットコインを採掘し、現在の市場価格に基づくと400億ドルから750億ドルの価値がある可能性があるというものである。

サトシのビットコインアドレスをめぐる謎が、この難題をさらに複雑にしている。どのアドレスがサトシのものかを絶対的に確実に確認することはほぼ不可能だが、コミュニティは既知または疑わしいアドレスを注意深く監視している。これらのアドレスからの動きは、暗号通貨市場全体に大きな波紋を引き起こす可能性が高い。これまでに、サトシ時代のビットコインが移動された例はあるが、いずれもサトシ自身と決定的に結びついているわけではない。

全体として、正確な数字は分析によって異なる可能性があるものの、暗号通貨コミュニティでは、サトシ・ナカモトが相当量のビットコインを保有しており、少なくとも書類上は世界で最も裕福な人物の一人であるというのが一般的な認識となっている。これらのコインが引き続き眠ったままであることと、サトシが長きにわたって匿名であることは、ビットコインの謎の創造者の伝説的な地位をさらに高めるだけだ。

2024年にサトシのジェネシスウォレットに大量のビットコインが送金される

2024 年 1 月、匿名のユーザーが 26.9 BTC(当時の価値で約 120 万ドル相当)をビットコインのジェネシス アドレスに送金するという興味深い取引が発生しました。このアドレスは、サトシ ナカモトが初めて採掘されたビットコイン ブロックから報酬を受け取るために使用したアドレスそのものです。この大規模な取引により、ジェネシス ウォレットの保有総量は 100 BTC 近くに増加しました。

資金は、バイナンス仮想通貨取引所から引き出された直後に移動されましたが、この1回の引き出し以外にはこれまでアクティビティのなかったウォレットが関与していました。ジェネシスアドレスへのトランザクションの後、ウォレットは、Arkham Intelligence によって Robinhood 取引プラットフォームに関連していると特定された別のウォレットと連携しました。

この多額の送金の動機は不明だが、一部の人は、仮想通貨を主流の金融商品に統合する上で重要なマイルストーンである初のスポットビットコインETFの立ち上げに関連したマーケティング活動だったのではないかと推測している。意図が何であれ、仮想通貨コミュニティは、サトシの元のウォレットに送金された26.9 BTCが事実上流通から外されたと広く見ており、ジェネシスアドレスの神秘性と伝統に拍車をかけている。この出来事は、仮想通貨エコシステムにおけるサトシの正体とビットコインの起源に関する継続的な関心と憶測を強調している。

サトシ・ナカモトのビットコイン保有量とその市場への影響

ビットコインの謎に包まれた創始者、サトシ・ナカモトは、彼の正体をめぐる膨大な好奇心と憶測にもかかわらず、匿名性を維持することに成功しています。彼の巧妙な難読化の取り組みと、ブロックチェーン技術の本質的に準匿名的な性質により、彼が所有するビットコインの正確な数を知ることは困難です。しかし、暗号通貨コミュニティ内のコンセンサスは、サトシがおそらく50万BTC以上を管理しており、それが多数のウォレットに眠ったままになっているというものです。

サトシは数千のビットコインアドレスを所有していると考えられています。そのほとんどは、ビットコインネットワークの運用初期段階でブロック報酬を受け取るためだけに使用されたもので、目立ったものではありません。これらのウォレットは、最初の残高を受け取って以来、何の活動も見られず、暗号通貨コミュニティ内で厳しい監視の対象となっています。

これらのウォレット内での動きが及ぼす潜在的な影響は、いくら強調してもし過ぎることはない。取引がサトシのアドレスとされるものから発生した場合、その影響はビットコイン市場に衝撃を与える可能性がある。トレーダーや投資家がサトシの行動が潜在的な売り圧力を示しているのか、それとも単に戦略的なウォレットの移転を示しているのかを解釈しようとするため、そのような出来事は市場の大きな変動につながる可能性がある。これは、サトシ・ナカモトという謎の人物が、最後の通信から何年も経った今でも、暗号通貨界に大きな影響力を持ち続けていることを強調している。

bottom

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン

Ready to Get Started?

Create an account and start accepting payments – no contracts or KYC required. Or, contact us to design a custom package for your business.

Make first step

Always know what you pay

Integrated per-transaction pricing with no hidden fees

Start your integration

Set up Plisio swiftly in just 10 minutes.