Fantom (FTM): この高速ブロックチェーンは次のイーサリアムですか?

Fantom (FTM): この高速ブロックチェーンは次のイーサリアムですか?

ブロックチェーン技術は伝統的に、トランザクションが遅くコストがかかるという課題に直面していました。しかし、これらの問題に対処する新世代のブロックチェーン プラットフォームの出現により、状況は変わりつつあります。その中でも注目選手として目立っているのがFantomだ。これは、トランザクション処理にそれぞれ最大 1 時間と 10 分かかる可能性があるビットコインやイーサリアムのような確立された巨人に対する信頼できる代替手段としての地位を確立しています。まったく対照的に、Fantom の高度なブロックチェーン インフラストラクチャは、トランザクションを 1 秒以内に完了する能力を誇り、それも大幅に低いコストで実現できます。この速度は、セキュリティを損なうことなく効率を高める独自のコンセンサスメカニズムによって実現されており、ブロックチェーン分野で有望なオプションとなっています。

ファントムとは何ですか?

Fantom は、分散型のオープンソース スマート コントラクト プラットフォームの強みと高いスケーラビリティを融合し、ブロックチェーンの分野で強力な勢力として浮上しています。イーサリアムの効率的な代替手段として位置付けられている Fantom は、スピードだけではありません。それはデジタル資産とスマートコントラクトの運用方法を再構築することです。そのプルーフ・オブ・ステークのコンセンサスメカニズムは従来の手法を上回り、ブロックチェーン分野におけるイノベーションの先駆けとなっています。

元々、イーサリアムはスマート コントラクトの概念を先駆けて開発し、単純な暗号通貨交換を超えたトランザクションの処理方法に革命をもたらしました。しかし、ブロックチェーン空間が進化するにつれて、イーサリアムでは輻輳の問題と高いトランザクションコストが蔓延するようになり、代替手段の必要性が高まりました。分散型金融 ( DeFi ) や代替不可能なトークン ( NFT ) の基盤となる複雑なトランザクションを、より高い効率とより低いコストで処理する能力で際立っています。

Fantom の核心は単なる単一のブロックチェーンではありません。それは相互接続されたネットワークのモザイクです。 Fantom Opera ブロックチェーンはイーサリアム仮想マシンと互換性があり、スマート コントラクトのシームレスな操作と作成を可能にし、イーサリアムの確立されたエコシステムとの互換性を確保します。この機能は、既存のイーサリアム契約が移行したり、Fantom のネットワークと対話したりするための扉を開くため、非常に重要です。

Fantom のトランザクション検証は、リーダーレスのプルーフ オブ ステークシステムである Lachesis を利用しています。非同期ビザンチンフォールトトレラント (ABFT) コンセンサスメカニズムを採用しており、従来の Proof of Work や従来の Proof of Stake システムを大幅に上回ります。 ABFT はトランザクションの迅速な完了を保証し、時間を数分から数秒に短縮します。これは、今日のペースの速いデジタル世界では重要な要素です。

Fantom の特徴は、各dApp が独自のブロックチェーン ネットワーク上で動作する構造です。これらのネットワークは、カスタム トークン、経済、ガバナンス ルールとともに、すべて Lachesis コンセンサス メカニズムの効率性の恩恵を受けています。このセットアップは「ネットワークのネットワーク」を促進し、異なる Fantom ブロックチェーン ネットワーク間の相互運用性を強化します。

Fantom のユーティリティ トークンFTM は、このエコシステムで極めて重要な役割を果たします。これは単なる通貨ではなく、ネットワーク ガバナンスへの参加、トランザクション検証の確保、ネットワーク料金の支払いの鍵となります。 FTM が主要な取引所で利用できることにより、FTM のアクセスしやすさとより広範な暗号市場への統合が強化されます。

Fantom プラットフォームは、 fMintfSwap 、およびfLendで構成される分散型金融システムにより、単純なトランザクションを超えて拡張されます。これらのツールは、ステーブルコインの鋳造、合成トークンの交換、融資への参加のオプションをユーザーに提供し、Fantom の金融エコシステムをさらに充実させます。

Fantom は単なるイーサリアムの代替品ではありません。これは包括的でスケーラブルなソリューションであり、スマート シティのデジタル インフラストラクチャをサポートし、分散型デジタル トランザクションの未来を形作る準備が整っています。スマートコントラクトとデジタル資産の処理における革新的なアプローチにより、同社はブロックチェーン業界の主要プレーヤーとなっています。

Fantom (FTM) はどのように機能しますか?

Fantom は、分散型、パーミッションレス、オープンソースのスマート コントラクト プラットフォームとして、暗号通貨の分野で際立っています。これは、スケーラビリティ、セキュリティ、分散化のバランスをとるという悪名高い暗号の「 トリレンマ」に取り組むように設計されています。 Fantom の独自のアーキテクチャとコンセンサスメカニズムにより、Fantom は DeFi 分野における強力な代替手段として位置づけられています。

Fantom の運営の中心となるのは、イーサリアム仮想マシン (EVM) と互換性のある Opera メインネットで、プラットフォーム間での dApp のシームレスなインポートと統合を可能にします。このプラットフォームは有向非巡回グラフ ( DAG ) アルゴリズムを利用しており、ノードが独立してトランザクションを確認できるようにし、トランザクションはより広範なネットワーク上で最終的なブロックにコンパイルされます。 Fantom の Lachesis コンセンサス メカニズムは、非同期ビザンチン フォールト トレラント (aBFT) システムを特徴とするプルーフ オブ ステーク プロトコルであり、中央リーダーの必要性を排除し、より高速でスケーラブルなトランザクションを可能にします。このアプローチにより、トランザクションを数秒で完了できます。これは、低速なプルーフ・オブ・ワーク・システムとはまったく対照的です。

Fantom のアーキテクチャは 3 つの主要な層で構築されています。1 つはノード間の合意を処理するコア層です。報酬や支払いなどの機能を実行するミドルウェア層。そしてアプリケーション層は、dApps の API をホストします。この多層構造は Fantom の柔軟性に貢献しており、開発者はイーサリアムベースの dApp をアップグレードしてパフォーマンスを向上させ、コストを削減できます。 Fantom 上の各 dApp は独自のブロックチェーン上で動作し、ネットワークの混雑が全体的なパフォーマンスに影響を与えないようにします。これらの独立しているが相互接続されたブロックチェーンは、堅牢な「ネットワークのネットワーク」を形成します。

Fantom のコンポーネントはモジュラーユニットとして設計されており、dApp 開発者にそれらをリンクして洗練されたアプリケーションを作成する多用途性を提供します。このモジュール式の性質により、Fantom は dApps の包括的な台帳となり、dApps の実装を簡素化する一連のユーティリティとツールを提供します。このプラットフォームは、トランザクション速度、セキュリティ、分散化の間のバランスを提供することで、ブロックチェーンのトリレンマに対処します。 ABFT コンセンサス プロトコルは、セキュリティと分散化を確保しながら、トランザクション速度の向上とコストの削減をサポートし、シンプルなトランザクションは最小限の手数料で約 1 秒で完了します。

Lachesis コンセンサス メカニズムは、Fantom の設計における重要な革新です。これは、トランザクションのほぼ瞬時のファイナリティ、セキュリティを強化するリーダーレス構造、および悪意のあるアクターが存在する場合でもノードが合意に達することを可能にする aBFT システムを特徴としています。このシステムは、かなりの割合のノードが悪意を持って動作する場合にコンセンサスを妨げる制限を削除することにより、従来のビザンチン フォールト トレランス (BFT) を改善します。 aBFT は、正直なノードのメッセージが最終的には通過し、より少ない動作ノードでネットワークが機能できることを前提としています。

Fantom の革新的なデザインとテクノロジーは、従来のブロックチェーン プラットフォームが直面する重大な問題を解決するだけでなく、より効率的で安全かつスケーラブルな分散型アプリケーションとデジタル資産への道を切り開きます。イーサリアムとの互換性と、スケーラビリティとセキュリティを処理するための独自のアプローチにより、ブロックチェーンと暗号通貨の進化する世界における主要なプレーヤーとしての地位を確立しています。

Fantom (FTM) を使用することの長所と短所

Fantom は仮想通貨の世界で傑出しており、市場での地位を形成する利点と課題の組み合わせを示しています。より明確に理解するために、これらの側面を掘り下げてみましょう。

利点:

  • 高性能機能: Fantom は、1 秒あたり数千件のトランザクションを処理する能力に優れ、1 ~ 2 秒のトランザクション ファイナリティを実現します。さらに、Fantom の取引手数料は信じられないほど低く、多くの場合わずか 1 セントであるため、ユーザーにとって費用対効果の高いオプションとなっています。
  • アクセシビリティと取引オプション: 多くの小規模な暗号通貨とは異なり、Fantom は人気のある取引所ですぐに入手できるため、アクセシビリティが向上しています。また、Uniswap や Sushiswap のような分散型取引所でも取引可能で、手数料が安く、厳格な顧客確認 ( KYC ) 要件がないという追加の利点があります。
  • 独自のインセンティブ構造: 一般的な流動性プールのインセンティブとは異なり、Fantom はユーザーだけでなく開発者やビルダーに報酬を与えることに重点を置いています。このアプローチは、長期的なプラットフォームの成長と流動性のために、より持続可能なエコシステムを育成することを目的としています。

短所:

  • ノード運用の高いエントリーバー: Fantom でバリデーターノードを実行するには、少なくとも 3,125,000 FTM のステーキングが必要であり、これは多額の財務投資に相当します。この高い参入障壁はプラットフォームの集中化に影響を及ぼし、バリデーターの数が限られているためセキュリティ上の懸念が生じる可能性があります。
  • 新たな競争と市場ダイナミクス: Fantom は、特に予想されるイーサリアム 2.0 のアップグレードにより、他のプラットフォームとの激しい競争に直面しています。このアップグレードにより、より高速な取引速度とより低い手数料が約束され、Fantom の現在の市場地位に挑戦する可能性があります。
  • 限られた IoT およびスマート シティ アプリケーション: Fantom にはモノのインターネット (IoT) およびスマート シティにおける潜在的なユースケースがありますが、これらのアプリケーションはまだ初期段階にあります。これらの分野におけるプラットフォームの実際の影響と有用性は、まだ十分に認識され、開発されていません。

結論として、Fantom の優れたトランザクション能力と独自のインセンティブは、暗号通貨分野で他と一線を画しています。ただし、ノードの実行コストの高さ、競争の激化、IoT などの新興テクノロジーのユースケースの制限などの課題により、プラットフォームが進化するにつれて乗り越えなければならないハードルが存在します。

Fantom (FTM) トークン

Fantom トークンは、プラットフォームのバックボーンとして機能し、ネットワークの機能を維持および強化する上で複数の重要な役割を果たします。主な用途の概要は次のとおりです。

ネットワークセキュリティのためのステーキング: Fantom はプルーフオブステークモデルで動作し、トランザクションの検証はノードによって実行されます。これらのノードは基本的に、個々のユーザーによってステークされた Fantom トークンで構成されます。参加者はトークンをステーキングすることでネットワークのセキュリティに貢献し、その見返りに報酬を受け取ります。このステーキングプロセスは、トークン保有者にインセンティブを与えるだけでなく、プルーフ・オブ・ワーク・システムと比較してよりエネルギー効率の高いメカニズムを保証します。

分散型ガバナンス: 分散型の精神を採用し、Fantom はトークン所有者にプラットフォームの将来の方向性についての発言権を与えます。 Fantom トークンを保有およびステークする人は、重要な変更や更新について提案および投票することができ、コミュニティ主導の意思決定アプローチを促進します。

ネットワーク料金の円滑化: Fantom ネットワークは、トランザクションの実行、スマート コントラクトの展開、新しいネットワーク チャネルの確立など、さまざまな操作に対して料金を課します。これらの料金は Fantom 暗号通貨で支払われるため、プラットフォーム内でシームレスで統合された経済システムが確保されます。

効率的な支払いシステム: 迅速な取引処理と最小限の手数料という特徴的な機能を備えた Fantom は、資金を送金するための効率的な媒体として浮上します。この効率性により、迅速でコスト効率の高い支払い手段を求めるユーザーにとって魅力的な選択肢となります。

DeFi と DApps での有用性: これらの役割を超えて、Fantom のトークンは分散型金融 (DeFi) と分散型アプリケーション (DApps) の急成長分野でますます不可欠になっています。これらの分野におけるその有用性は、より分散化されたオープンな金融システムの基礎としての可能性を浮き彫りにしています。

Fantom トークンは単なる暗号通貨ではありません。これは、Fantom ネットワークのガバナンス、セキュリティ、経済モデル、運用効率における重要な役割を果たしています。プラットフォームが成長し進化し続けるにつれて、トークンの役割が拡大し、より広範なブロックチェーンエコシステムにおけるその重要性がさらに強まる可能性があります。

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン