Bitcoin Runes プロトコル: 知っておくべきことは何ですか?

Bitcoin Runes プロトコル: 知っておくべきことは何ですか?

4月下旬に開始予定のRunesプロトコルは、ビットコインの世界に革命を起こすことを目的とした画期的な代替可能なトークン標準を導入します。革新的なBitcoin Ordinalsで知られるCasey Rodarmorによって作成されたRunesプロトコルは、ブロックチェーンイノベーションの強固な基盤の上に構築されています。Bitcoin Ordinalsは、ビットコインの最小単位である個々のSatoshiにデータを埋め込むことで、ユニークなデジタルアーティファクトの作成を容易にします。

既存のビットコイン トークン標準である BRC-20 は、主に未使用のデジタル資産である未使用トランザクション出力 (UTXO)の蓄積により、大きな課題を抱えています。これらの UTXO はネットワークを混雑させ、トランザクションの速度低下、コスト増加、信頼性低下を招く可能性があります。Runes プロトコルは、ビットコイン ネットワーク上のデジタル資産の管理に、より合理化され効率的なアプローチを提供することでこれらの問題に対処し、ネットワークの混雑を軽減してトランザクション速度を向上させます。

Ordinal Protocolの創設者 Rodarmor によって設計された Runes は、既存の Bitcoin インフラストラクチャ、特に UTXO モデルを活用して、ブロックチェーン上の追加データストレージを最小限に抑えます。Bitcoin のコアシステムとのこの統合は、 BRC-20と比較して、より調和のとれたトークン環境への移行を示しています。Runes は、既存の Bitcoin ネットワーク上の高度なレイヤーとして機能し、代替可能なトークンのシームレスな作成と管理を可能にします。この新しいプロトコルは、トークン作成プロセスを簡素化するだけでなく、Bitcoin エコシステム内でトークンを効果的に管理および利用できることを保証します。

blog top

ビットコインルーンプロトコルの仕組み

Casey Rodarmor が開発した Runes プロトコルは、ビットコインの既存の UTXO モデルを活用してトランザクションを開始および管理し、BRC-20 標準のより効率的な代替手段を提供します。未使用のビットコインの断片 (デジタル小銭に似ています) を利用することで、Runes は新しいトランザクションを作成しながら、すべての資産の信頼性と一意性を確保し、保有資産の正当性に対するユーザーの信頼を高めます。

オフチェーン データや特殊なトークンに依存する一部のプロトコルとは異なり、Runes は Bitcoin のオンチェーン データ ストレージ機能を最大限に活用します。これにより、ネットワークを乱雑にし、パフォーマンスを低下させる可能性のある「ジャンク」UTXO の蓄積が大幅に削減されます。このプロトコルは、Bitcoin トランザクション内にデータを格納するために OP_RETURN 関数を採用しています。これは、実際の Bitcoin を変更しない秘密のメモを埋め込むのと似ています。この方法により、トランザクションの効率が向上し、ネットワークの負荷が軽減されます。

さらに、Runes はLightning Networkをサポートしており、Bitcoin のレイヤー上に構築することで、より高速で安価なトランザクションを実現します。この統合により、操作が合理化されるだけでなく、より大量のトークンの管理が可能になり、プロトコルがより幅広いユーザーに開放されます。

Runes の影響は、Runestone NFT プロジェクトなどの関連プロジェクトが獲得した牽引力にすでに表れています。このプロジェクトは、ビットコインの早期導入者をうまく引き付け、市場で大きなエンゲージメントを示しました。Runes がローンチに向けて準備を進める中、ユーザーは互換性のあるビットコイン ウォレットを採用し、コミュニティ チャネルを通じて開発の最新情報を入手して、Runes がビットコイン ネットワークにもたらす拡張性と機能性の向上を活用できるようにすることが推奨されます。

BRC-20 トークンはどのように機能しますか?

2023年3月にDomoという匿名の開発者によって導入されたBRC-20トークン規格は、イーサリアムベースのERC-20規格からインスピレーションを得て、ビットコインネットワーク上で代替可能なトークンを作成するためのフレームワークを提供します。ビットコインの最小単位である個々のサトシにデータを刻印できるオーディナルプロトコルを利用することで、BRC-20トークンは詳細な情報を永続的に埋め込む方法を提供します。

BRC-20 トークンは、刻印の中に特定の JSON コード化された指示を組み込んでいる点で際立っています。このコード化により、ビットコイン ネットワークがこれらの代替可能なトークンの作成、管理、転送をどのように処理すべきかが明確に指示されます。基本的に、これらのトークンは、1 ドル紙幣が他の 1 ドル紙幣と同等であるのと同じように、交換可能に設計されており、シームレスな交換と取引を可能にします。

ただし、すべての BRC-20 トークンは刻印の一種ですが、すべての刻印が BRC-20 トークンとして適格であるわけではないことに注意することが重要です。刻印にはあらゆる種類の情報を載せることができますが、特殊な JSON コードでフォーマットされたものだけが BRC-20 トークンとして機能するための基準を満たし、ブロックチェーン上で取引および追跡可能な資産として使用できるようになります。BRC-20 標準のこの特異性は、より多用途で洗練されたトークン エコシステムに向かう暗号通貨の幅広いトレンドに合わせて、ビットコイン上のデジタル資産の機能と実用性を高めることを目的としています。

Runes と BRC-20: どう違うのでしょうか?

Bitcoin Runes と BRC-20 トークンはどちらも Bitcoin ネットワーク内で代替可能な資産として機能しますが、そのアプローチとネットワークへの影響は大きく異なります。

歴史的に、BRC-20 トークンは、ビットコインでのトークン作成の主な方法として機能してきました。しかし、大きな欠点は、ネットワークを乱雑にする過剰な「ジャンク UTXO」が生成されることにあります。この過剰なデータは、ネットワークの速度を低下させ、取引手数料を増加させ、全体的なユーザー エクスペリエンスを低下させる可能性があります。

対照的に、Runes 標準は、ビットコインの既存の UTXO モデルとシームレスに統合するように設計されています。この統合により、ブロックチェーンのパフォーマンスへの影響を最小限に抑えたトークンの作成と管理が可能になり、より高速で合理化されたユーザー エクスペリエンスが実現します。さらに、Runes は重要なデータを UTXO 内に直接埋め込むことでプライバシーを強化し、機密情報を公開する必要がなくなります。

Runes のもう 1 つの大きな利点は、迅速でコスト効率の高いトランザクションを実現する Lightning Network との互換性です。この互換性は、Bitcoin のメイン ネットワークの負担を軽減するのに役立ち、ネットワークの持続的な成長に不可欠であると考えられています。Lightning Network を活用することで、Runes は大量のトランザクションを効率的に処理でき、Bitcoin ブロックチェーン上でデジタル資産を管理および取引する方法に大きな進化をもたらします。

middle

ビットコインルーンプロトコルの主な利点

Runes は、ビットコイン ネットワークの安全かつ広範な範囲内で代替可能なトークンを作成するための動的な方法を導入します。このプロトコルはイノベーションの可能性の領域を開き、分散型組織 (DAO)の推進、ゲーム体験の向上、革新的なミームコインの発行など、さまざまな用途のトークンを個人が設計できるようにします。これらはすべて、ビットコインの堅牢なアーキテクチャによって支えられています。

旧式の BRC-20 標準と比較すると、Runes はよりシンプルで合理化されたフレームワークを提供します。これにより、開発者の障壁が低くなり、新しい才能を引き付け、ビットコイン エコシステム内で新しいアプリケーションやプロジェクトの急増を促進できる可能性があります。このシンプルさはイノベーションを促進し、開発者が以前のトークン標準に関連する複雑さなしに創造的なアイデアを実現しやすくなります。

Runes は、ビットコインの核となる強みである分散化、無敵のセキュリティ、効率的な UTXO モデルを活用して、ピアツーピアの電子キャッシュ システムという本来の機能を超えてビットコインの有用性を拡大します。これらの機能を活用することで、Runes はビットコインの機能を大幅に強化し、幅広いアプリケーションに対応するより汎用性の高いプラットフォームにすることができます。

このプロトコルは、コミュニティ通貨や画期的なDeFiプロジェクトの開発をサポートするだけでなく、次世代のゲーム資産やミームコインへの道も開きます。本質的に、Runes は開発者やイノベーターがビットコイン ネットワークの可能性を最大限に探求して活用できるようにし、ブロックチェーン テクノロジーとの関わり方を変革する可能性のある多様で機能的なデジタル資産の作成を促進します。

ビットコインルーン:長所と短所

ビットコイン ルーンは、暗号通貨の世界における他の革新的な進歩と同様に、独自の利点と課題を伴います。ここでは、ルーンがもたらすメリットと直面するハードルについて説明します。

長所:

  • シンプルさ: Runes は、Bitcoin ネットワーク上の代替トークンの保管、取引、管理を簡素化します。BRC-20 トークンの複雑な取り扱いや紛失、または転送に個別のトランザクションが必要な時代は終わりました。
  • 効率性: UTXO モデルを活用することで、Runes は Bitcoin の以前の代替トークン プロトコルよりも大幅に効率的になります。使用するリソースが少なくなり、ネットワークの混雑が緩和されます。
  • マイナーの収益増加: ビットコインの最後の半減期以降、ブロック報酬が減少しているため、ルーンはネットワークアクティビティの潜在的な増加をもたらし、取引量の増加を通じてマイナーの収益を向上できる可能性があります。
  • Lightning ネットワークの互換性: Runes は Lightning ネットワークと互換性があるように設計されており、より高速でコスト効率の高いトランザクションを可能にします。

短所:

  • ガススパイク: Runes はネットワーク全体の混雑を軽減することを目指していますが、最初のローンチ期間中はビットコインのガス料金が記録的な高値に急騰しました。
  • 過大な期待: プロモーターが設定した高い期待にもかかわらず、多くの早期導入者は損失を経験し、予想外に高い取引コストに直面しました。
  • 適応の課題: ルーンの潜在能力は、市場がルーンの使用に適応するにつれて、まだ十分に発揮されていません。既存のビットコイン インフラストラクチャとの統合には、時間の経過とともに対処する必要がある機会と技術的なハードルの両方が伴います。
  • 市場の反応: ユーザー コミュニティと投資家からの反応は、Runes の長期的な成功を決定する上で非常に重要です。初期の市場の反応は、熱狂と警戒が入り混じったものでした。
  • 規制上の考慮事項: すべての暗号通貨イノベーションと同様に、Runes も規制当局による精査を受ける可能性があり、その採用と機能に影響を及ぼす可能性があります。
bottom

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン

Ready to Get Started?

Create an account and start accepting payments – no contracts or KYC required. Or, contact us to design a custom package for your business.

Make first step

Always know what you pay

Integrated per-transaction pricing with no hidden fees

Start your integration

Set up Plisio swiftly in just 10 minutes.