PFP NFT: 何が特別なのか?

PFP NFT: 何が特別なのか?

2021年には、Bored ApesやCryptoPunksなどのプロフィール写真(PFP) NFTがインターネットを席巻し、ソーシャルメディアのアバターとして頻繁に登場しました。もともとオンラインプロフィール用の風変わりな画像に過ぎなかったこれらのNFTは、NFTコミュニティ内で非常に人気のあるデジタルコレクタブルへと進化しました。PFP NFTという言葉を聞くと、それは単なるランダムな文字の羅列ではありません。これは、Twitterなどのプラットフォームで主にプロフィール写真として使用される特定の種類の非代替トークンを意味します。有名人は、エリートBored Ape Yacht Club NFTを自分のアバターとして誇示することがよくあります。ただし、これらのプロフィール写真は、ソーシャルメディアのアイデンティティ以上のものを表しています。それらは、画像ベースのNFTを中心に展開し、デジタルアートとオンラインペルソナ管理を融合した、より広範なデジタルエコシステムの一部です。

PFP NFT とは何ですか?

プロフィール写真 (PFP) NFT は、主に Twitter や Discord などのソーシャル メディア プラットフォームでアバターとして紹介され、デジタル アートと個人のアイデンティティのユニークな融合を表現しています。ほとんどの PFP NFT はコンピューターで生成されたアート作品ですが、手描きのコレクションもこの分野に含まれています。これらのコレクションには、多くの場合、数千の NFT が含まれており、それぞれが類人猿、猫、人間などのユニークなキャラクターを描いており、さまざまな特徴によって区別されているため、まったく同じものは 2 つとありません。

PFP NFT のコンセプトは、2017 年にLarva Labsが立ち上げた革新的なプロジェクトであるCryptoPunksによって開拓されました。Matt HallJohn Watkinsonによって設立された CryptoPunks は、ランダムに生成された何千ものピクセル アート画像「Punks」を導入し、これはすぐに有名人やWeb3愛好家の間でステータス シンボルになりました。各 Punk には、所有者の心に響く独特で楽しい個性があり、デジタル トークンに個人的なタッチを加えています。

当初、ホール氏とワトキンソン氏は、部分取引を防止するための変更を加えた標準のERC-20トークンとしてCryptoPunksを発行しました。これは、現在NFT市場で普及している、より専門的なERC-721標準の前身です。この標準化は、NFTを他の種類の暗号通貨トークンと区別し、その独自性と所有権に重点を置く上で非常に重要でした。

CryptoPunksの圧倒的な成功は、PFP NFTの人気を加速させただけでなく、NFT分野に3Dキャラクターを導入したMeebitsなどの後続プロジェクトにも影響を与えました。2022年4月時点で、CryptoPunkのエントリー価格は約62 ETH(18万ドル以上)で、これらのオリジナルのデジタル収集品に対する高い価値と需要を示していますが、Meebitsは低いながらもかなりの市場価値を維持しています。

CryptoPunks に続いて、Bored Ape Yacht Club (BAYC) がもう一つの大人気 PFP NFT コレクションとして登場し、Web3 分野におけるデジタル アートと個人の表現の視野をさらに広げました。

PFP NFT はどのように機能しますか?

PFP NFT(プロフィール写真非代替トークン)はパブリックブロックチェーン上で機能し、それぞれが固定供給、透明性のある取引履歴、証明可能な希少性を特徴とし、そのユニークさと価値を保証します。これらのトークンの大部分は、個々のデジタルアイテムの追跡と取引を可能にすることで広く知られているERC-721標準に準拠したイーサリアムブロックチェーン上でホストされています。さらに、2023年には、Bitcoin OrdinalコレクションやTaproot Wizardsなど、代替チェーン上で人気のアバターコレクションが登場しました。

PFP NFT をソーシャル メディアのアバターとして使用したい場合は、プロジェクトの公式 Web サイトから直接作成するか、 OpenSeaや SuperRare などの NFT マーケットプレイスから購入できます。取得したら、ソーシャル メディアで NFT を表示するのは簡単です。NFT の画像ファイルをダウンロードし、プロフィール写真としてアップロードするだけです。NFT をアカウントに直接統合するプラットフォームを使用する必要はありませんが、Twitter Blue サブスクリプションを持つ Twitter ユーザーであれば、Ethereum ベースの NFT をプロフィールに直接リンクして、デジタル資産をネットワークに紹介できます。

PFP がなぜ人気があるのでしょうか?

PFP(プロフィール写真)NFTの現象は、2017年のCryptoPunksの画期的な成功を受けて勢いを増し、2021年の市場ブームでその人気は急上昇しました。この急上昇は、2021年3月のBeepleの画期的な6,900万ドルのNFT販売の影響を大きく受けており、NFTの経済的可能性を浮き彫りにしただけでなく、PFP NFTを富、名声、デジタル知識の象徴として確固たるものにしました。

PFP NFT の主な魅力の 1 つは、ソーシャル トークンとしての役割です。これにより、コレクターは特定のコミュニティ内でのメンバーシップを披露できます。これらの NFT は単なるデジタル資産ではありません。名声と限定サークルへの参加を提供し、多くの場合、具体的なメリットが伴います。たとえば、Bored Ape Yacht Club NFT の所有者は、プライベート イベント、限定商品、その他のコミュニティ固有の特典にアクセスできます。

さらに、主要な PFP NFT プロジェクトは、通常、将来の活動と拡張の明確なロードマップを提示し、その持続的な関連性と長期的な価値に対する投資家の信頼を強化します。この将来を見据えたアプローチにより、PFP NFT はデジタル コレクタブル トレンドの最前線に留まります。

PFP は他の NFT とどう違うのでしょうか?

PFP NFT コレクションは、主にソーシャル メディアやさまざまなオンライン プラットフォームのプロフィール写真として使用できるために特別に作成されているため、他の種類の非代替トークンとは一線を画しています。有形資産、ゲーム内アイテム、仮想不動産などを表す他の NFT とは異なり、PFP は通常、オンライン ペルソナを強化するためにキュレーションされた 2D 画像です。

さらに、PFP NFT を使用すると、コレクターは所有物の希少性と独占性を示すことができ、こうした特性は多くの場合、より高い名声と価値につながります。NFT がユニークで希少であればあるほど、所有者に与えられるステータスが高まり、市場での値段が高くなります。

PFP の魅力は、単に富やステータスを誇示するだけにとどまりません。多くの人が、同じような興味を持つ人々とつながり、コミュニティや帰属意識を育む手段として PFP に惹かれています。アイデンティティの表明として使用する場合でも、大規模なデジタル コレクションの一部として使用する場合でも、PFP NFT は、個人がデジタル領域で自分自身を表現するための斬新で魅力的な方法を提供し、進化するオンライン インタラクションの世界で永続的なトレンドとしての地位を確立しています。

PFP NFTのTwitter認証

Twitterは、ユーザーのNFTベースのプロフィール写真の検証機能を導入し、デジタル画像NFTとソーシャルメディアアバターのつながりを強化しました。2022年1月から、ユーザーはTwitterのプロフィール写真としてCryptoPunksやその他のNFTを表示でき、その信頼性を確認する独特の六角形の枠線が追加されます。他の人が画像を複製することは可能ですが、検証された所有者のプロフィール写真にのみ固有の枠線が表示されます。この検証サービスは現在Twitter Blueの加入者専用であり、OpenSeaとの統合によって促進され、プラットフォーム上でNFTプロフィール写真の信頼性が認識され、強調表示されるようになります。

bottom

Plisio では以下のサービスも提供しています。

2 クリックで暗号化請求書を作成 and 暗号通貨の寄付を受け入れる

12 統合

6 最も人気のあるプログラミング言語のライブラリ

19 暗号通貨と 12 ブロックチェーン

Ready to Get Started?

Create an account and start accepting payments – no contracts or KYC required. Or, contact us to design a custom package for your business.

Make first step

Always know what you pay

Integrated per-transaction pricing with no hidden fees

Start your integration

Set up Plisio swiftly in just 10 minutes.